奇妙な出来事

財布が消えた、椅子の隙間に。

買い物に出かけた先で財布を紛失した。 店では財布を出していないし、家から出た時には持っていた記憶があった。なのでホームセンターの駐車場で財布探しをすることになった。 このホームセンターは、「駐車場での作業禁止」を明示している。おそらく、車の…

マクドナルドのアイスコーヒーと国際宇宙ステーション

外出先でアイスコーヒーが飲みたくなった。車を停めたところにマクドナルドがあったので利用する。 なんだかよくわからないキャンペーン中で、Mサイズのアイスコーヒーが150円。とても安い。味だって悪くない。 僕は基本的に飲み物は甘くしない。特にアイス…

満月・たいやき・箇条書き

今日のできごと3件。 深緑色の四角いデイパックを背負っていたら、小学生集団から「ウーバー!ウーバァァァァ!!」と囃し立てられた。家から離れた山里を走っていた時の出来事。この土地の子供は見知らぬ人に挨拶もするし、こうして気軽に声もかける。運動…

鷹匠でモンブラン

新静岡駅に行ったついでに、同じ鷹匠にあるケーキカフェ(珈琲店)の笠井珈琲店で早めのおやつを食べてきた。 秋といえば栗、栗といえばモンブラン。この店のモンブランは、栗部分の味付けは控えめ。砂糖よりもラム酒と栗の風味が楽しめるようになっている。…

パンダを見たよ&トマトジュースのはなし

今日も引き続き旅行中。 買い物をしたり、水族館に行ったり、アドベンチャーワールドに行ってきた。 水族館は素晴らしかった。街の散策も良かった。大好物だがなかなか手に入らない「デラックスケーキ」と、その端っこも手に入れることができた。 アドベンチ…

小豆を煮て、もうれつにポテトを欲する。

小豆を煮てみた。新豆が出回るのが11月頃だから、今は特に小豆の季節というわけではない*1。ただなんとなく、乾物庫の整理も兼ねて、まとめて煮ることにしたのだ。 真空断熱調理鍋を使うから、手間というほどのものはない。砂糖も、うんと控えめ。味はともか…

洗濯干しには向かない晴れの日

9月というのにハロウィンの垢抜けない雰囲気に欠けている。全くかまわないのだが、なるほど今もまだ非常時なのだと実感するのだった。 非常時といえば、今日は故障して困っていた自転車乗りを助けたのだった。詳細は書かない。今の時期に「東京発 行けるとこ…

前髪を切ったよ

美容院で髪を切った。前髪だけでなく、横も後ろも全て切った。かなりぼさぼさになっていたので。 人との接触が多くなる場所へは、午前中のできるだけ早い時刻に行くことにしている。個人的な新型コロナ対策の1つ。宝くじを2枚買うか1枚買うかの差ほどしか無…

古い家の片付け

住む人がいなくなって何年も経つ家を片付けてきた。元の持ち主は親戚。祖父母や親の代では交流があったけれど今は他人という関係。僕は「おばさん」と呼んでいたが、正確には叔母や伯母ではない。そして昨年に病院で死んでしまった。家は空き家になったけれ…

肉のない焼きそばでも幸せ ─ 静岡市葵区巴町の『松竹』 ─

所用で静岡市へ行く。中心街は少しだけ滞在、その周辺を自転車で走る。なにしろ暑いので、持参したペットボトル2本が無くなる前に拠点*1へ戻る。帰宅してから、静岡市は昨日今日と日本一の気温(37℃)だったと知る。静岡市とその周辺の人間からすると、最高…

ブルーベリーミルク氷 JAしみずアンテナショップきらり

所用で清水区に行く。行き先の途中に気になっていた農協のお店*1があったので立ち寄ってみる。 ここはかき氷が有名。というか他に店内で食べるものはあまりない。イチゴ、みかん、そして緑茶が特産品の土地だから、かき氷もイチゴやみかんやお茶を使っている…

静岡県水産・海洋技術研究所浜名湖分場 浜名湖体験学習施設ウォット

数日前に行った「ウォット」がとても良かったので書いておく。 水産海洋技術研究所のPR施設であり体験学習施設ということで、規模はそれほど大きくない。第一印象は、「子供が課外学習で活用しそうな場所」だった。 水槽は沢山あるけれど、基本は浜名湖と遠…

急用にて

訳あって、少し前まで外出していた。先ほど帰宅、またすぐに外出する。というわけで、今日の日記はこれでおしまい。 静岡に住んでから夜に外出する事が減った。家族は家にいるし、食料品その他の買い物は昼に済ませてしまうし、夜に会う友人もいない。だから…

チーズバーガースペシャル、マヨネーズ抜き

お昼にハンバーガー屋さんに行ったんですよ。普通のローカル・チェーン店なんですけど、全てのカスタマイズに応じます、をアピールしているお店。野菜の増減やバターの使用まで応じてくれるんです。たぶん肉類の増量に関しては、何かしらの気の利いた返答が…

七夕と忘れ物

7月7日、この辺りは雨。 また明日から大雨となる予定なので、今日のうちに役所などの予定を消化してしまう。同じ事を考えている人が多いのか、単に新型コロナ関連その他の諸々でばたばたしているのか、どの窓口も混雑していた。 どういうわけか、財布を忘れ…

さよなら四国、またいつか

先ほど、実家に到着した。 午前中にはアパートの鍵を返した。最後まで掃除や片付けをしていたせいか、管理会社の担当者曰く、部屋の状態は「完璧以上」とのこと。規定により行われるハウスクリーニングやエアコン掃除の代金だけ敷金で払えば良いらしい。家賃…

最後のカレー

数年おきに年賀状が届き、その時だけ正月休みにメールが届く友人がいる。学生時代に知り合った、まさに腐れ縁といっていい。お互い趣味も境遇も違うのに、なぜか縁が続いている。ただし、滅多な事では会うこともない。そもそも住んでいる場所が遠すぎるのだ…

肩と足首

夕方、自転車で事故に遭った。 交差点で信号待ちをしていたら、逆走してきた高校生3人がぶつかってきたのだ。3人で横一列に並走し、ふざけながら走っていたら肩か手がぶつかり、バランスを崩して僕の側面に当たって、全員で倒れた、という状況。元気な高校生…

緑豆ココナッツ豆乳汁粉と、口内炎の原因(推定)

何をやっても中途半端な日だった。湿度は高いし、靴ずれはできるし、外は雨なのに花粉症みたいなくしゃみも出る。 こういう時は気分転換が必要。家事と工作でお昼ごはんを食べられなかったこともあり、おやつはしっかりしたものを作ることにした。 といって…

新玉ねぎのハニー・パンケーキと、竹茗堂の娘について。

市役所 社会保障や戸籍に関する小さなミスがあり、マイナンバー関連の手続きをやり直すことになった。役所に行きサインと印鑑をして、明日か明後日まで待てば良いだけなのだが、朝に連絡があり何度か電話を待ち、市役所に行き説明を聞き…とそれだけで午前中…

用水路散策の危険

僕の住むアパートは、周囲を用水路で囲まれている。敷地の間をくねくねと曲がりくねった水路が走り、見ている分には面白い風景だ。 この辺り全般、というよりも香川県の平野部は水路がとても多い。多いだけでなく、柵や金網などが全くないことがほとんど。 …

街は動きはじめ、僕は眠り続けた。

今日から讃岐うどん店は、営業自粛要請が解除された。商店街にもそれなりに人が戻ってきている様子。 自転車で少し郊外を走ってみたけれど、海沿いの道ではバイク乗りの集団も多く見かけた。 ガイドブックに載っているようなうどん屋では、さっそく行列がで…

ビデオチャットと舟盛りと。

自室にこもって作業をしていたら一日が終わった。 頼まれた作業は多いのだが、今日は最も緊急性の高いものに集中した。この街に住み始めた時に色々とお世話になった知人が、いま心身の調子が悪くて大変なことになっている。 幸いなことに、僕よりもITスキル…

停電と通信途絶

今日は停電の日。アパートの電気メーターをスマートメーターに交換するということで、各部屋が順番に停電していく。自分の部屋は午前の後半から停止する。 停電自体は10分もしていない。事前に連絡があったので、パソコンだけ電源を切って待機していた。 部…

餃子を包む

朝に少しだけ自転車散歩。 とても寂しい、人とすれ違わないような道を選んでいたのに、知人と遭遇してしまった。自分と同じ、県外からの”移住者”であるご夫婦。小さなカフェのイベントや、町のマルシェ的なもので何度か顔を合わせた。県庁所在地とはいえ高松…

さよならの挨拶と、県外ナンバーを咎められたことと、自衛隊の車両と、その他の雑務。

書類上の退職日。 職場に行き、挨拶とロッカーの片付けをする。支店のリーダーである人とは、結局顔を合わせることができなかった。会社全体でも特異な技能と思想の持ち主で、かなり好き勝手に動いているらしい。なにしろ僕が彼の姿を見ていない理由が「勝手…

さようなら仕事、ようこそ健康

ご報告。就いたばかりの仕事を辞めた。書類上は今週末で終わり。出勤は今日まで。 資格は取ったが実務経験が皆無な自分を採用し、ある程度の教育までしてくれるという稀有な会社ではあった。ただしそれは「資格持ち素人の足元を見て使い倒す会社」のいち側面…

怒鳴られたりもしたけれど、帰宅しました。元気です。

先ほど、瀬戸大橋を渡って四国に戻ってきました。昨日書いたように、本州で寮生活をしながら研修を受け、一人前になったら四国の事務所で働く予定だったのが、寮では喘息が出るために急遽、四国での研修(リモート研修)となったのです。 どうせ、出された課…

どうしてだろう、四国にいるよ。

Jリーグの技あり寮ごはん 作者:村野 明子 発売日: 2019/01/27 メディア: Kindle版 今日から新入社員(中途採用)として本州の会社で働きはじめた。しばらくは寮暮らしとなる。 と昨日まで書いていたのに、今は四国のアパートでこの日記を書いている。別にエ…

停電とマトリョシカ

朝食の時間に停電があった。外を見た限り、隣のアパートは普段どおり。でも向かいの住宅地は電気が消えていた。なぜか用水路と道路を挟んだ、少し離れたアパートも真っ暗になっていた。 停電の夜に (新潮文庫) 作者:ジュンパ ラヒリ 発売日: 2003/02/28 メデ…