静岡県の西のほうでキューバサンドとタコスを食べた

静岡県でも西の端、浜名湖周辺に行ってきた。 スズキ(自動車会社)の「スズキ歴史館」と、水産海洋技術研究所の体験学習施設「ウオット」と、航空自衛隊のPR施設である「浜松広報館」。どれも無料または安い入場料で楽しめる場所、かつ平日は人も少ない。こ…

静岡県水産技術研究所 展示施設「うみしる」

表題の施設に行ってきた。焼津港の一角にある、小さなPR施設。県の水産研究所のお仕事を紹介しつつ、地域住民に海と水産について学んでもらおう、といった目的の場所だと思う。 だいたい、こういう施設は似通ったものになる。飾りを兼ねたタペストリーがあっ…

さよなら四国、またいつか

先ほど、実家に到着した。 午前中にはアパートの鍵を返した。最後まで掃除や片付けをしていたせいか、管理会社の担当者曰く、部屋の状態は「完璧以上」とのこと。規定により行われるハウスクリーニングやエアコン掃除の代金だけ敷金で払えば良いらしい。家賃…

桂浜水族館

昨日の自転車事故に関して、ぶつかってきた子供達の通う学校に行ってきた。学校なんて久しぶりでわくわくしていたのだが、私学の「事務棟」っぽい場所の応接室に呼ばれたので、思っていたより学校感が無い。これなら文化祭や観光で出入りした大学のほうが、…

はんぶん仕事で他県に行く

フリーランスのIT屋をしている友人から、仕事の手伝いを頼まれた。 他県のいくつかの場所で機器を設置し、設定し、3時間ほど動作確認して完了、というお仕事。3時間ただ待つわけにもいかないから、次の場所に移動しつつ、問題があったら戻る、という手順とな…

長崎の鼻

雨上がり、午後には地面も半ば乾いた。 高松市の屋島*1の突端にある「長崎ノ鼻」に行ってみた。 アイスの旅 作者:甲斐 みのり 発売日: 2019/06/10 メディア: 単行本(ソフトカバー) 自転車でも行けないことはないのだが、昨年に行った時に倒木で通行止めに…

オコゼの棘の痛み

差し迫った用事も仕事も無い火曜日。いくつか画像作成などの請負仕事はあるけれど、急いで行う理由も無い。近所で短期のアルバイトでもして引っ越し代の足しにしようかな、と考えてみたものの、今はそういう日雇いイベントのアルバイトが皆無なのだった。そ…

昨日の四国水族館

今日は平穏だった。青山椒を佃煮にした。髪を切った。いくつかの多肉植物を剪定した。それくらい。 なので昨日に行った、四国水族館について書く。 良いところ 新しい。つまり魚が元気で、水槽は綺麗。意図しない藻や汚れも無いし、設備もしっかり機能してい…

いまとてもおなかがいたいか

イカがありました。4月の終わりに買ったのでした。イカは冷凍が効くので、皮を剥いて輪切りにした状態で、冷凍庫に入れておきました。そうすれば、いつだって食べられますからね。 今日は冷凍庫の総ざらいをしました。小さな冷蔵庫とはいえ、たまには奥のも…

エイとタイを買う

図書館で予約しておいた資料が届いたとのことで、昼前に取りに行った。帰路、スーパーマーケットで生鮮食料品を買う。 香川ローカルのスーパーマーケットチェーン「きむら」は、魚売り場がとてもおもしろい。親会社が魚市場の運営もしているということで、ど…

港へ、くらげを見に行く

午前中は家事をしていた。きちんとした朝食を摂り、洗濯物をたっぷり干して、寮から持ち帰った荷物を少しずつ片付けていく。片付けはまだ終わっていないが、まずまずの作業量だった。 こういう「今日は家事が捗るなあ」と思える朝がある。しかし大抵は、一休…

瀬戸大橋を渡って倉敷へ

所要により本州の岡山県、倉敷市へ行った。検討の結果、車で行くのが早くて楽で安いことが判明。フェリーは楽だが、本州上陸後に公共交通機関を乗り継ぐ必要があってやや面倒。電車も同じ。そして電車賃が意外とかかる。高速道路料金も電車賃もそれほど変わ…

うまづらはぎ

独り暮らしにおいては、魚を食卓に取り入れるだけで、「きちんとした生活度」が一段階上がる。僕はそう信じている。そして魚が好物な自分にとって、この香川県はとても良い環境だ。どの季節にも、地の魚がスーパーマーケットで手に入る。 静岡でも魚は盛んに…

冬の暴風雨にオカリナ

日が暮れた頃から暴風雨じみた天気になってきた。夕方から外で甲高い音がするなあ、と気になっていた。鉢植えを片付けにベランダに出たら、オカリナが鳴っていた。実家の片付けをしていた時に見つけたオカリナ。たぶん林間学校か何かで作った手作りの品。な…

1年前のゾウガメ・コーヒー

帰宅してから冷蔵庫の掃除をした。冷凍庫の奥から、昨年に行ったガラパゴス諸島で買ったコーヒー豆が出てきたので淹れてみたところ、予想外に美味しい。 ガラパゴス諸島(エクアドル)は、南米ラテン文化の土地。だからコーヒーは深煎り。エスプレッソマシン…

疲労と回復とモロッコいんげん ─ 瀬戸内国際芸術祭2019 秋期 ─ 翌日のこと

昨晩は本当に疲れていたらしい。夜中に起きてトイレに行ったら、トイレットペーパーが三角に折ってあった。台所には飲みかけのコーヒーがあり、机の上には「さめ」とだけ書かれたカードが置いてある(書き損じ部分はペンでミノムシが描かれていた。)。焼い…

タチウオが来た

夕方のスーパーマーケットで、前の仕事でお世話になった方に出会った。高松市は本当に狭い街なのだ。その時は挨拶だけしてそれぞれの買い物を済ませたのだが、駐車場でまた遭遇した。 そして「これ食べてくれや」と釣ったばかりの魚をいただいてしまった。釣…

アクアパッツァの日

明日はゴミの日だから、生ゴミが多く出る料理を作る。特に魚料理は日を選んで作ることにしている。 といっても簡単なもの。最近はアクアパッツァばかり作っている。正式なレシピは知らないが、とにかくオリーブオイルとトマトを使って魚を煮れば、僕にとって…

瀬戸芸の話は置いといて

昨日の瀬戸内国際芸術祭2019の事を書きたい。先週に観た「アド・アストラ」の感想も書きたい。 しかし今夜はちょっと実家方面のあれこれがどたばたしていて、日記を書けそうにない。実家や親類宅のパソコンやタブレットに何種類かのチャットツールやリモート…

粟島と高見島 ─ 瀬戸内国際芸術祭2019 ─

秋会期の瀬戸内国際芸術祭2019に参加してきた。今回は「西の島々」のうち、粟島と高見島。本当は伊吹島も行きたかったけれど、さすがに出発港の離れたところは無理。時間を気にしてスタンプラリー的に回れば行けそうだったが、それでは芸術イベントとしても…

島の南の天国「食堂かりか」 -沖縄旅行-

今週から始まった講習、今日は3日目。6ヶ月続くこと、学校施設を借り受けた授業もあることから、僕たち受講生は「学校」と呼んでいるけれど、主催側としては「学校ではなく講習・講座」と認識して欲しいとのこと。これは受講生の多くがお手当をもらっている…

美ら海水族館の思い出 -沖縄旅行-

今日から講習開始。資格試験に向けて冬の終わりまで勉強をしていく。 本日は教材の配布や建物の説明など。いわゆるオリエンテーションだけなので楽なもの。とはいえ、知らない場所で知らない人達と過ごすので、疲れてしまった。 説明では「ここ重要です」と…

昨日は水族館、今日は平和記念と聖地と海へ

沖縄旅行、ひたすら順調。時間や体力の都合で断念した予定はひとつもなく、行くところ全てが予想以上。おまけに街歩きをしていて迷えばその先に面白いものが待っている。 書くことは色々あるけれど、まずは友人に手紙を書かなければ。今どき珍しく折々の手紙…

しろとり動物園(誕生日の前日に)

東かがわ市にある「しろとり動物園」に行った。 まだ暑いとはいえ、8月前半の暴力的な気温と日照に比べたら幾分か過ごしやすくなってきた。昨日今日と、曇天ときどき雷雨の可能性、という天気が続いているのでチャンス到来と動物園に行くことにしたのだ。 ねず…

上等なうどん、鶏天とチク天。

Macにインストールしている天気予報アプリはレスポンスが良すぎる。ちょっと予報に変化があると、すぐに通知をしてくる。 それだけなら煩いだけだ。でも、ずっと晴だった予報を、ぽつりと雨が降り始めた瞬間に書き換えるのはどういうわけか。それは現状を伝…

愛媛県立長浜高校「長校水族館」

愛媛県の高校に「水族館部」があるという。また、その高校では授業(必修および選択)で魚の飼育や研究を行っているとも聞く。 そして毎月第三土曜日に「長校水族館」という公開イベントをする。面白そうなので行ってきた。 長浜、香川県からは意外と近かった。…

えびせんべいを電子レンジで作る日曜日

夜にライブへ行く予定があって、それを基準に1日を過ごしていた。つまり、中心街に行く用事は夕方以降に回し、午前と午後は家事に専念、万が一の来客に備え*1部屋の片付けを念入りに行い、放置していた本の整理なども済ませた。 しかしライブは来週末の夜だ…

高知への日帰り旅

高知県に行ってきた。香川に移り住んでからいつかは行きたいと思ってはいたのだ。高速道路の表示を見れば1時間30分程度で高知に着くと書いてある。行きたい場所はリストアップしてあるし、Twitterその他で呼びかけたらおすすめの場所も教えてもらった。 とい…

こういう旅もある

3日か4日前に連休を取ることになって、友人夫婦に「四国・瀬戸内国際芸術祭に来ないか?」と連絡をしてみたのが、この数日間のどたばたの発端。急な話でもあるし、友人達は三重県在住でいささか遠い。普段それほど頻繁に会う間柄でもない。駄目元の提案だっ…

大島 瀬戸内国際芸術祭2019 春

午後に半休を取って、大島に行ってきた。職場からそのまま港へ、そして船に乗って30分で静かな瀬戸内の島に着く。なんとも不思議な感覚。仕事の都合を考えて突発的に取った半休、かつ仕事用のお弁当を船で食べたこともあって、日常と非日常がシームレスに繋…