家系ラーメンの後悔と反省

昨年に親戚の家の処分を手伝った。
そのお礼として温泉旅館の宿泊券みたいなものを貰ったのだけれど、このご時世で他県へ行くわけにもいかない。このまま期限が来てしまうのかと諦めていたのだが、「新型コロナが終わってから期限は仕切り直し」の連絡が来て、とても嬉しい。しかも旅館からはお饅頭が届いた。一度も行ったことがない土地だが、ファンになってしまう。
おそらくその宿泊券を使うのは両親になる。だけど僕も同行するか、別の機会に行ってみようと決めた。

 

f:id:t_kato:20220127222134j:plain

 

それはそうとして、今日のお昼はラーメンを食べた。
未だに慣れない「家系:イエケイ」というカテゴリーに属するラーメン屋。家系といったらカケイじゃないかと、脳ではなく魂が叫んでしまう。

味は濃かった*1
周囲のお客さんは、ご飯(平日は無料)をお茶碗いっぱいによそって、一緒に食べているようだった。僕は糖質をケーキで追加摂取するタイプなので、ラーメンは単体で食べたい。
でも味の濃いラーメンには、白いごはんが合うのかもしれない。よくわからない世界だ。

初めての店の慣例として、店の名前を冠した「メインの具材を全部載せラーメン」を選んでみた。
しかし、他のお客さんはそんな注文はせずに、オプションに凝ってみたり、新作や限定メニューを楽しんでいるように見えた。
自分だけが、失敗をしたように思えてならない。

僕はよく、この種の選択ミスをする。
有名なお店で「せっかくだから」と一番高い品を注文して、そのことを誰かに伝えると「なんや、あの店でそんなもん頼んだんか。それだけは絶対あかん」と言われてしまう。
間違いなく注文できたと確信が持てるのはカフェのおやつだけ。ケーキ店もそれなりに自信はあるが、目移りして後悔が残る。
酒の出る店は全般的に苦手。肉系は褒められる。魚介類は好物だが、外食では失敗が多い気がする。
ラーメンなどは本当に駄目だ。成功率は3割程度(体感)を下回るはず。

ちなみに自分で作る料理は、こういった当たり外れの概念自体がない。
まずくても楽しむ。そもそも、味だけのために最大限の努力をしない。そもそも、食材を買ったときに後悔していても、作り始める頃にはそんなものは消えてしまう。

 

 

まあいいや、誰も注文していなくても、食券を渡したときに店員さんが「おや?」という顔をしたとしても*2、30円の差額で明らかにゴージャスな限定メニューを選べたと後でわかっても、それでも普通においしいラーメンだったのだ。
後悔はしても反省はしない。

 

 

ああ、これは完全に「孤独のグルメ」である。
仕方がない。実際に中年独身男性が、ひとりで静かに平和に楽しむ昼休みの外食なのだから、こういうことは起こりうるのだ。2020年代リアル・フィクションである。

 

 

 

お題「昨日食べたもの」

 

*1:注文時に油脂の量を聞かれたので「少なめ」と伝えた。なんとなく「多め」と伝わったような気がして、もやもやしている。早口すぎて復唱がよく聞き取れなかった。

*2:えっ?と声を出していたような気もする。

信号待ちの車を降りて交差点の歩行者用ボタンを押す人達

f:id:t_kato:20220126225845j:plain

最近よく通るT字路は、赤信号の時間が長い。
昼間は交通量の少ない場所で、朝夕だけ通勤の車が渋滞している。

僕は知らなかったが、この信号待ちの列では、最も前の車の運転手が「歩行者用ボタン」を押すのが”マナー”となっていたようだ。
赤信号をぼうっと待つのではなく、車を降りて横断歩道のところまで歩き、ボタンを押して戻る。
それをしないと後ろの人達がイライラする。
そういえば僕も、ぼうっと待っていて、後ろから短くクラクションを鳴らされた経験があった。何のことか、全くわからなくて悪いことをした。

これはつまり「感応式」の自動車用センサー作動→青信号の時間よりも、歩行者用ボタンのほうが早いと多くの人が判断しているため生まれた風習なのである。

「マナーとなっていた」と書いたのは、今この風習orマナーは、いま急速に廃れているからだ。ここ2週間ほどは、車を降りた運転手に対して、交通安全協会の人*1が「ボタンを押しても早くなりませんよー。危険ですからやめてください。運転中は降車しないでくださいね。車は上のセンサーで、きちんと検知していますよー」と声掛けをしているのだ。
その旨が書かれたパネルも、停車位置から見える場所に貼られている。

 

でもこんなことは、言われなくてもわかることだろう。
歩行者と車とで信号のタイミングを変える理由はない。せいぜい「近隣の自動車用信号機と協調動作をする」程度だ。

そもそもの話、交通安全協会の人(?)の言うように、交差点で一時停止中の車から降りるのは危険かつルール違反。
それでも、こんな不合理な行動をさせる、そしていつの間にかマナーとして(常識として)定着させるに至った経緯が知りたいところ。ネットミームや都市伝説のようではないか。


おそらくは、「座って待つことが苦手な人が多い」程度の、単純な原因なのだとは思う。
朝夕の慌ただしい時間に、ただ赤信号が青になるのを待つのは辛いことだ。いらいらして信号を睨んでいる時に、窓の外に「歩行者用ボタン」が見える。押せば早くなるのでは…と考えるのは人情。

そして「車内で少し待つ→外に出てボタンを押す→車内で青信号を待つ」と行動すれば、体感時間は短く感じる。なにしろ、車は停車した時に検知されているのだから、何もせずに待つ場合よりも遅くなることは絶対に無い。自車が検知された後の行動だから、手持ちの時計で比較することも難しい*2

 

 

かくして「降車してボタンを押す」が推奨行動になってしまった。
なにしろ田舎だから、誰かが真似をして、それを他の人が真似をして…と続いていけば、あっという間にマナーになる。
そして2週間前に、看過できない危険行動として交通安全運動の「声掛け」が始まってしまった。

馬鹿みたいな風習ではあるが、誤解と錯覚が社会に与える影響の例として、面白くもある。


推測になるが、たとえ今週に注意されたとしても、それでもボタンを押す人はいるだろう。
「なんとなく…」が他人に通じる説得力を持つと考える人も、世の中には少なくないので。

 

 

 

 

*1:詳細不明。制服を着て、交通安全のために横断歩道を監視する人達。

*2:マナーとなれば、2日間かけて比較する”実験”も難しい。

藤枝市「香港」の「ジャジャー麺」とは

f:id:t_kato:20220125230313j:plain

先ほどスーパーマーケットで、知らない壮年男性に声をかけられた。
「おいお前!カレー粉はどこだ?」と聞く。
自転車のヘルメットを右手に持ち、左手にカゴを下げた店員がいるとも思えないのだが、彼には僕が店員に見えるらしい。
ここだけの話、夜にわざわざスーパーマーケットに行く連中は、変人ばかりである。

 

でもカレー粉が見つからないのは気の毒だ。
おそらく彼以外の誰かが困るはず。台所でカレー粉を使う人間は、カレー粉の棚を把握していると思うので。

なので親切に教えることにした。
天井から下がっている札を指差して「はい、『香辛料・調味料』の表示が見えますか。あの下にスパイスはあるはずですよ」と伝える。

別に「ふたつ向こうの通路です」と言うだけも用は足りる。
でもここで表示について伝えるのが「教育」である。
彼は明日から、自分自身の力で、ルイボス茶でも庄内麩でも、天井の札を見て探すことができるはずだ。
自分の力で探すことができれば、横柄に「おいお前!」と言わずに済む。そして「なんだ店員じゃないのか!」と怒ることもなくなる。
僕だって平和な気分で買い物ができるし、店員だって同じだ。僕以外のサイクリスト*1も、スーパーマーケットで間違って声をかけられることが減るはず。

こうして、教育は社会全体を動かす。
僕は意識が高い人間なのである。

 

 

f:id:t_kato:20220125225337j:plain

そんな今日の昼ごはんは、藤枝市の中華料理店「香港」で食べた。
ここしばらくは外食が増えそう。普段は行かない店を開拓していきたいところ。

「香港」は、知る人ぞ知る老舗と多くの人が語る(?)中華料理屋。いわゆる町中華である。50年続く老舗らしいが、今の店は新しい。ぱっと見た感じは、居抜きで始めた台湾料理の店(安くてボリュームたっぷり)に見えなくもない。

何を食べてもおいしいと聞いたが、なかでも「ジャジャー麺」が店の看板メニュー。
せっかくなので、このジャジャー麺を選んでみた。

ジャジャー麺は、醤油味の餡をかけた五目ラーメンといった趣の、おいしいラーメンだった。
細い麺に、たっぷりの野菜がうれしい。

味付けは甘辛い。唐辛子や豆板醤の辛さに、かなり強い甘さが組み合わさった、独特の味がする。この甘さは、田舎の日本料理やおせち料理の水準である。
しっかり甘くて、程々に辛い。日本の中華料理らしいと言えるかもしれない。

ところで一般に「ジャージャー麺」といえば肉味噌とキュウリの混ぜ麺である。台湾では、辛い肉味噌の「炸醤麺」を食べた。

この「ジャジャー麺」は、どちらにも似ていない。「辛い何かを載せたラーメン」という要素だけが継承されたのだろうか。
よくわからないが、50年続く人気メニューということで、これはこれで素晴らしい品だと思う。そして「他のラーメンもおいしいのではないか?」と期待できる味でもあった。そういうタイプのおいしさが世の中にはあるのだ。

f:id:t_kato:20220125225749j:plain

老舗といっても、至って気楽な店だった。
住宅街の中にある小さなお店で、近所の勤め人が12時頃に一斉にやってくる感じ。そして12:45を過ぎると、急に落ち着いてくる。客も店も静かだったことも印象に残っている。

それが「香港」と「ジャジャー麺」。良い昼食でした。

goo.gl

 

では、おやすみなさい。
今日は疲れた。ヨーグルトの水切りをセットしたら*2、もう寝ます。

お題「ささやかな幸せ」

*1:ヘルメットをきちんとかぶる、安全意識の高いサイクリスト

*2:コーヒードリッパーを活用。アウトドア用のワイヤー製が便利。

 

 


ポケットの中で潰れるサーターアンダギーの話

f:id:t_kato:20220124223136j:plain

今日も平和だった。
ちょう平和。

唯一のトラブルといえば、サーターアンダギーがポケットの中で潰れたこと。
事件発生までを以下に記す。

  1. 帰宅時に沖縄物産店へ立ち寄る
  2. 黒糖サーターアンダギーを購入
  3. 有料ビニール袋を断り、ポケットに入れる*1
  4. 自転車で自宅へ向かう
  5. 交差点で信号待ち
  6. 歩道側から走ってきた(!)原付バイクが左肩にぶつかる
  7. 姿勢を崩し、街灯に右半身が当たる
  8. ポッケに入ったサーターアンダギーが潰れる

サーターアンダギーはきちんと梱包されていたので、ポケットの内側は無事だった。潰れたといっても揚げたての温かさが残る、おいしいサーターアンダギーだった。

でもどういうわけか、ポケット周辺が油くさい。
油が染み出したわけでもないし、包装袋が油っぽかったわけでもない。

仕方がないから、帰宅後はこのサーターアンダギー風味のアウトドア・ジャケットを手洗いした。昨年末に撥水加工をしたから、あまり洗いたくなかったのだが、仕方がない。

とにかく、こういう作業は手早く行うに限る。
帰宅して、うがいと手洗いをして、椅子に座る前に風呂場でがしがしと洗ってしまう。その後にコーヒーとサーターアンダギーを楽しむ。

幸いなことに今日も乾燥している。
エアコンの下に干しておけば、すぐに乾きそう。

 

 

 

そんな月曜日。
明日も平和であって欲しい。原付バイクがぶつからない日なら、なお良いのだが。

 

 

*1:もちろん個包装されていた。揚げ物をそのままポケットに入れるほどワイルドに暮らしていない。

クルフカと餃子ふう鍋

今日は薄暗くて寒かった。
人混みを避けて街へ行くことも控えていて、しかも細々とした家事を片付けなければいけないので、いきおい自宅に籠りがちになる。
最近は夕方の明るい時間に自由になれるから、買い物なども「平日でいいや」と後回しになってしまう。

そんなわけで、日曜日だというのに遠出はしてない。
運動不足解消と、整備後の試運転も兼ねて、近所を少し走ってみたけれども、自転車に乗っているだけでも身体が冷えてしまった。
もっとスポーツ的に走る人達は真冬でも薄着だが、僕のように散策用モビリティとして自転車を活用する人間にとっては、10℃以下かつ強風下は非推奨環境なのである。

 

 

いつでも温かいものを飲みたいから、中国茶を魔法瓶にどっさり作って、必要に応じて保温カップに注いで飲んでいた。

f:id:t_kato:20220123210448j:plain

そんな今日のおやつはこれ。
東欧圏のざくっとしたキャラメル味の小さなお菓子。いわゆるファッジの類。
キリル文字で「クルフカ」と書かれている。
なぜか中華・ブラジル・ベトナム食材の店で安売りされていた。

がつんと甘い。コーヒーなのかチョコレートなのか、茶色っぽいものと、ミルクキャラメル的なものと二種類あるが、どちらもお茶が進む味。香りも味も、甘さを強めるために働いている(極めて有効に働いている)タイプのお菓子だった。

まだ沢山あるから、明日以降は鞄に忍ばせていくつもり。疲れたときに食べると効きそうである。

 

 

昨日に引き続き、夕食はひとり。
餃子用の食材があったけれど、一人分を作るのは面倒。
なので、挽肉とニラは多めの片栗粉と共に肉団子に、白菜は塩もみして、1人用の鍋にしてみた。鍋にしては濃いめの鶏ガラスープ味、手羽先と生姜も加える。
上記の材料に加えて、餃子の皮とニラを放り込んだら完成。
酢と胡椒で食べる。途中で思いついてゴマ油も投入する。

思いつきで作ったにしては上手にできた。
大昔の料理本で知った、多めの水と片栗粉で作る肉団子が良い感じ。
白菜ではなく青梗菜でも良さそうだ。

 

 

 

ガレット・デ・ロワとラム肉パン

f:id:t_kato:20220122225103j:plain

今日のおやつはガレット・デ・ロワ
藤枝市のボクゥボクゥで一人用のものを購入。
本来はカットしたものを食べる季節菓子ではあるが、一人でまるごと食べられるサイズのものがあるのは本当にありがたい。カットに比べてパイ部分が多いことも嬉しい。
もちろんボクゥボクゥなので味は折り紙付き。
注文すれば切り分けできるサイズのものも作ってくれるそうだ。その時はフェーヴも入れることができるらしい。

良いおやつでした。また食べよう。

goo.gl

 

家族が検査入院およびその送迎のため、夜はひとりごはん。
もはや街には行けない状況となったので、休日にはゆっくり料理をしようと思う。

先日、輸入食材店(中国食材とブラジル食材のお店)で買っておいたラム肉をスパイスに漬けてから焼き、別に用意した冷凍生地のパンと合わせてみた。
以前、東京の公園で食べたトルコか何処かの軽食。最近はめっきり都会に行く機会が無くなってしまい、そういうグローバルな安メシに飢えていたのだ。
でも、タマネギのマリネに加えて人参サラダを挟んでみたら、カフェごはん風になってしまった。ここはやはり、肉とタマネギだけで勝負すべきだったのだ。

でも満足。こういう夕食は、両親がいるときにはできない。
パンはたくさん残ったので明日以降のお楽しみにする。

 

 

そんな土曜日。
上にも書いた通り、そろそろ街の人混みは避けるべき頃合いだろう。
今のところ用事もないから不便はしていない。でも、特に用事もなく街を歩く楽しみからは長い間遠ざかっていて、それが本当につまらない。
でも仕方がないことだ。ウイルスは生きものですらないが、戦うことはできる。戦う方法がつまらないだけだ。

 

お題「ささやかな幸せ」

 

悪い油

今日も平和。
事件無し、トラブル無し。

f:id:t_kato:20220121212257j:plain

しいて言えば、先ほどから少しだけ気持ちが悪い。
家族が貰ってきた”手作りポテトチップス”を食べたところ、ぼんやりとした吐き気に襲われることになった。


素人が作る”厚切りポテトチップス”は怖い。親の知り合いの高齢者となると(本人には悪いけれど)衛生・品質管理の不安は大きい。
今どき珍しい「悪い油」っぽさを感じたときに、止めておけばよかった。

 

お題「手作りしました」

大寒の公園と、手作りプリンと占い師のフード。

f:id:t_kato:20220120224308j:plain

公園お弁当時間

晴れている日は、公園でお弁当を食べる。
スーパーマーケットで買うこともあるけれど*1今日は朝に時間があったので久しぶりに自作した。
公園の良いところは空気。マスクをせず、周囲に気を使わずに、つめたくて新鮮な空気を呼吸できるという贅沢。ほぼ「風の谷のナウシカ」である。

公園の悪いところは風。
今日はことさら強くて難儀した。
寒さについてはそれほど気にならない。

そしてこの公園、僕以外の利用者を見たことがない。
花壇と東屋があるエリア(僕が食事をする場所)を除いた7割ほどが、今はボーリング調査で工事中だから、公園としての一般的な利用には適さない状態ではある。明日以降も「僕だけの場所」であって欲しいところだ。

 

 

占い師

公園の近くには占い屋がある。
今日はフード付きのマントを付けた人が、駐車場を掃き掃除していた。
マント以外は、わりと普通の服装。でも十中八九、占い師だろう。そうでなければ困ってしまう。いや、僕が困ることは何一つ無いけれど、フード付きマント(紫)は、単なる防寒着としては非日常過ぎるのではないだろうか。

 

 

紅茶プリン

帰宅してからプリンを作った。
大きめのカフェオレボウルで作って、遅めのおやつに半分食べた。
今回は紅茶味。癖の強いアールグレイと卵を活用すべく試みたのだが、正直なところ普通の茶葉のほうが良かった。というかこれは本当にアールグレイなのだろうか。
薄い葛粉を加熱してとろみをつけたあとに混ぜるとよろしい、と聞いたのでコーンスターチで試してみたところ、ぷにぷにと不思議な食感になった。

ちなみに写真は無い。

 

 

そんな木曜日。
仕事は疲れた。でも平和。
身の回りだけでも平和を維持したいと思う今日このごろである。

 

お題「手作りしました」

 

*1:なにしろ安い。

つめたい鉄板

出先でやむを得ず入ったファミレス。お昼のランチが、かなり酷かった。

f:id:t_kato:20220119215355j:plain

こういう鉄板が冷たいと、なんだか悲しくなる。
味は普通だったと思う。
ただ、店員さんが「熱いのでお気をつけください」と言っていたにもかかわらず、鉄板は「ぬるめ」だった。食器洗浄機を出てきたばかりの温度が近いだろう。

テーブルにカレーが届いたときには「どうしてまた熱々の鉄板に生の野菜を載せるのだ、まったくもう…」と思ったのだけれど、この温かさなら大丈夫。

そういえば、刻んだ野菜をたっぷり使った汁気のないカレーは最近作っていない。
近いうちに自宅で作りたい。
そんな小さな触発があったことだけが、このランチの収穫だった。

 

 

お題「気分転換」

t_ka:diaryは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。