豆花を食べた、公園で。

久しぶりに「atelier petit calin」へ行ってきた。
週末にだけ開くスイーツのお店だが、稀に台湾Dayとして台湾料理や台湾スイーツを売る日がある。店主の趣味、とのこと*1

本格的な台湾スイーツを楽しめる(静岡では)貴重な場なので、不安定な天気ではあったが行くことにした。

petit-calin.jugem.jp

僕が到着したときにはほとんどの食べ物は売り切れていた。
タピオカ紅茶なども品切れのものがちらほら。

f:id:t_kato:20210731224533j:plain

ほぼ最後の豆花を買うことができたのは僥倖だったといえる。

何やら可愛らしい網袋じみたものに入れてくれた。
今はイートインができないから、近くの公園で食べることにする。
こういうものを下げて自転車を走らせていると、台湾(幻想のなかの台湾)みたいだ。

f:id:t_kato:20210731224609j:plain

f:id:t_kato:20210731224619j:plain

これはもう、とびきりおいしかった。
最近はおやつといえば定番の甘いものばかりだったから、これくらいの異国感で心が揺さぶられてしまう。台湾で食べたものより異国っぽいのだからすごい。

ちょうど空は雲が出てきて、おやつを食べるには悪くない空模様。
ただし公園で、明らかに近所では売っていない、なにやら珍しい品を食べているので、ちびっ子達が好奇の目を向けてくる。3歳か4歳くらいの子供が声をかけてきて*2親御さんを慌てさせてしまった。
正直に「本日限定の逸品である。店は近いが、もう手に入らない。とびきりおいしい」と伝えると泣いてしまいそうな予感がしたので、「山の向こうにある店だ。次に手に入るのは来年の今ごろだろう。大人向けの味だね」と言っておいた。嘘はついていない、と思う。

f:id:t_kato:20210731224817j:plain

 

しかし湿度が高い。
庭に転がしておいた松ぼっくりは、晴れていれば開いているのが当たり前なのに、今日はしっかりと閉じていた。洗濯物は乾くけれど、自転車に乗っていると少し息苦しい感じがする。うっかりマスクをしたまま、自転車3台分(タイヤ6本)の空気を入れたら、疲労とは違う負荷を感じて怖くなった。

そんな土曜日。もう寝ます。明日は入院している家族が一時帰宅する。色々と準備が要るのだ。

 

 

 

*1:注文も受けています。詳しくはWebサイト参照

*2:
質問1「それは何か?」
質問2「おいしいのか?」
質問3「わたしに分け与えることはできるのか?」

雷のせいじゃない

午後に出かける用事があった。
ちょっと遠いけれど運動のため自転車で行こうと考えていたら、いきなり雷雨が。
スマホアプリの「雨雲レーダー」が後追いで騒ぎ出したくらいに急な雨だった。
そのうち止むかと待っていたら、どんがらどどーんと近所で雷が落ちた。音と光からして3kmと離れていない場所だ。

f:id:t_kato:20210730221322j:plain

こうなると自転車は怖い。
雨が止んでも道路は濡れているし、また急な雨が来るかもしれない。

というわけで用事は車で済ませてきた。
自転車に乗れない分は、かき氷を食べることで代替としたい。

かき氷で運動不足は解消できないけれど、甘いおやつのなかでは比較的ヘルシー、それにおいしい。何より快晴の時に比べたらお店が空いているし溶けにくい。
これはもう大臀筋や広背筋を鍛えることに匹敵する、人生の栄養である。

 

アイスの旅

アイスの旅

Amazon

 

しかし結果から書くと、かき氷は食べることができなかった。
お店に行ってみたら断られたのだ。

たぶん僕が1人で、お客さんが全然いない状態で、平日の午後だったからだろう。
1人分の手間をかけるより、さっさと店じまいしたかったのだ。
まず「お客さんは1人?」と聞かれ、イエスと答えると「うーん、じゃあ駄目」と言われてしまった。
確かに奥のイートインスペースの半分は電灯が消され、店主以外のスタッフもいない。
でも15時を少し過ぎた時間だった。いつもは16時30分でも注文を受け付けている。

押し問答なんてするつもりもないし、雨は定期的に強くなるので「では仕方がない」と店を後にしたのだが、こうなると振り上げた拳(のようなオヤツへの欲求)を下ろす場所に困る。元来、気の利いたかき氷店の少ないエリアなのだ。

他にもやることはたくさんあるし、頭は低気圧で痛む。
こういう時にコンビニ辺りで代替品を買ってもろくなことにならないと長い人生で学んだから、黙って帰宅して、黙って羊羹を食べた。

そんな金曜日。
世の中はプレミアム・フライデーだが、全くそんな気分にならないまま週末そして月末を終えようとしている。

幸いなことに眠気だけはしっかりと来た。こういう不景気な日に夜ふかしをしても良いことは何一つ無い*1ため、おとなしく寝ることにする。

先ほど外に出たら、まるで冬みたいに星が綺麗だった。見ているうちに厚い雲がやってきたけれど。でも暑くて寝苦しいことはなさそう。

では寝ます。おやすみなさい。

 

 

 

*1:と人生で学んだ。

血の結果

先日の血液検査(と、その他の検査)の結果が出た。
今日はその話を聞きに病院へ行く。

ワクチン接種など病院側の都合もあって、18時過ぎの診察。しかもずいぶんと待たされたけれど、看護師も医師も疲労気味の様子なので悪くは言わない。

しかしこの病院の先生はちょっと怖い。
雰囲気は柔らかで、言葉も丁寧なのだが。

例えば「何か気になることはありますか?」というので2,3の現状報告をした時のこと。

「最近は運動不足気味です」
すると僕が言い終わる前に言葉が返ってくる。
「あなたがそう感じるのなら、運動すればいいだけの話ですね」

「痛い部分を庇ってしまいます」と伝えれば
「痛くなくなれば大丈夫になりますよ」

万事、こんな感じである。
ドラマで見る冷戦状態のインテリ夫婦みたいだ。

先代の老先生は穏やかだった。
どんな訴えも「はいはい」と聞き流して、言われるままに薬をどっさり処方する。だから老人に人気が高かった。

こんどの先生は、基本的にこちらの意志を否定する。少なくとも完全には認めずに、自分のペースで物事を進めたいタイプのようである。

両者を足して2で割った医師がいいなあ、なんてことを思いながら今日は検査結果を聞いたのだった。

そういえばこの病院は看護師たちの仲が悪い。
採血を待つときも、レントゲン撮影室の前で座っているときも、ひそひそと悪口が聞こえてくる。「あたしヤダわ〜」とか「Aさんグループにやってもらえばいいじゃん」みたいな話がばっちり耳に入るのだった。
これは飲食店ならば星1つのレビューが書かれるパターンだろう。
ちなみに受付・会計の人達はほとんど全ての看護師(看護師なかよしグループ)から嫌われているようだ。

困った病院である。医師はともかく、看護師ひとりずつを相手にする分には何の問題もないのだけれど、それも今だけのような気がする。
でも次の診察(検査)は数カ月後になりそう。もう面倒なので、病院を変えたりはしない。

f:id:t_kato:20210729235942j:plain

 

 

 

トミヤコーヒーの富屋珈琲店

富屋珈琲店

静岡県中部で業務用コーヒー問屋といえば、トミヤコーヒーだと思っている。
特に古い喫茶店では、赤地にインディアン(インデアントミー)が描かれた看板をよく見かける。

今日は移動中の休憩に偶然、このトミヤコーヒーのフラッグシップ店(?)というか直営店を使った。特に熱い思いを抱いて訪れたわけではなくて、机とコーヒーが欲しかっただけ。ここに喫茶店があることは知っていたけれど、トミヤコーヒーの店とは知らなかった。店名も「富屋珈琲店」であり、色合いも落ち着いていてインディアンのロゴも無い。

 

g.page

大きさは「コメダ珈琲」のロードサイド店と大して変わらない。
ただ店の半分は、コーヒー豆や輸入食材、お菓子、カップなど喫茶用品のコーナーになっていて、喫茶店自体は広くはない。

元気の良いおばさん達や、地元の老人達がお客さんの大半。スターバックス・コーヒーと違って部活帰りの高校生などはいなかった。

コーヒーは安く、ケーキは品によって値段が大きく違う。
コーヒーはおいしかった。ケーキは普通。

今日は店の名前がついたブレンドコーヒーとモンブラン
なぜ今の季節にモンブランか、というと答えに窮するのだが、まあなんとなくである。悪い選択ではなかったと思う。

f:id:t_kato:20210728224052j:plain

f:id:t_kato:20210728224101j:plain

 

 

インデアントミーのグッズなどがあれば欲しかった。
かつてインディアンかネイティブアメリカンか、みたいな議論が各方面で発生していた時代にも「トミーは妖精である」とすり抜けてきたようなので、今になってポリティカル・コレクトネスに配慮しているとも思えない。どこかでステッカーを見かけたこともある。
店名からして「トミヤ感」を抜いているのかもしれない。
でもコーヒーに関していえば、トミヤとかカリタ、それにメリタといったカタカナはしっくり馴染むと思う。そもそも「シックでモダンな喫茶店」というときに、全て漢字で、細い筆文字のロゴで、というのはありきたりすぎてつまらない*1

 

 

 

 小説 竜とそばかすの姫

 

全然関係ないけれど、先日見た映画「竜とそばかすの姫」の小説を読んでみた。
映画で引っかかっていたところが明らかになる、なんてことは今のところない。半分まで読んだけれど、わからなかったところ、不親切なところはそのまま。

「主人公たちの言動を、ストーリーの展開のために決めている」感が強すぎて今ひとつのめり込めなかった部分がそのまま、ということ。
映画と違って音楽での感動もない。とはいえ映画では「見ている僕よりも先に、僕よりも強く登場人物が感動する」場面が多くて困ったので、それは小説版のほうが良かったのかもしれない。これは体験してみないとわからないけれど、「登場人物が、観客よりも少し先に感情を先取りする」ことが何度も続くと、なんだか集中力が削がれるのだ。

とはいえ映画を見た人なら楽しめると思う。映画も悪い作品ではない。おすすめです。

 

 

 

お題「ささやかな幸せ」

*1:倉敷とか鎌倉とか、あのへんの地名を付けたチェーン店を思い出す。

きれいな肘の内側の皮膚

今日は血液検査の日。
朝食は抜いて病院に行き、しばし待った後に採血をする。

いつも通り、血管がうまく見つからない。
最初の看護師さんは「肘の内側がとても綺麗ですねー」と言っていた。「綺麗すぎて私には無理です。ちょっと他の人を呼びますねー。みやぐちさーん」とみやぐち看護師を呼ぶ。

みやぐち看護師もまた、僕の肘の内側を褒めてくれる。
「うん、するっとしていて全然わからない!」と大きな声で評論する。そして"きれいな肘の内側”をぺしぺしと叩く。いろんな角度から観察し、押して、撫でる。

そして3人目が呼ばれる。この人は、さっと眺めただけで「よし、ちょっと外を歩いてきて。5分くらい。腕をしっかり振ってね」と言い出した。

きちんと5分、病院の周囲を歩く。言われたとおり腕を振り、さらに自主的にぺちぺちと叩いてみたりもした。

戻ったら4人目の看護師さんが待ち構えていた。
「わからないけれど、たぶんここ」という場所に針を刺して、採血は終わった。

この場所にタトゥーで印でも付けておくべきだろうか。
今年はあと何回か採血する予定がある。可能なら献血にも行きたい。
小さなマルかテンがあったら医療従事者の助けになると思うのだ。

それはそうとして、いま注射後がかゆい。しかも腫れている。
無駄だろうと思いながら「液体ムヒ」を塗ってみたが、特に事態は改善しない。
なんとなく熱を持っているような気もする。

そんな一日。
昨日までに比べれば涼しいけれど、雲は重く暗く、時折雨粒が落ちてくる不穏な空気。ぼんやりとした頭痛もあるので、早めに寝ます。おやすみなさい。

f:id:t_kato:20210727215450j:plain

 

 

 

お題「ささやかな幸せ」

もう眠るしかない / スターバックス・コーヒーのプラスチックトレイ / 愛されなくても別に

明日は血液検査。今日の21時からは何も口にしてはならない、と注意書きにある。
夜にお茶やコーヒーをちびちび飲むのが最近の楽しみだったが、これでは何もできない。

なので寝ます。おやすみなさい。

 

f:id:t_kato:20210726211425j:plain

これは午前のおやつに食べたドーナツ、そしてコーヒー。
スターバックスはプラスチック・トレイの仕上げが粗い。リサイクル品であることのアピールか、アメリカっぽいざっくりした演出か、それとも単に傷が目立つ素材なのか。なんとなく欲しいのだが、どこにも類似品が売っていない。スターバックス・コーヒーの店員さんは例外なくフレンドリーだが、おそらくトレイの話をしたら固まってしまうだろう。そういうタイプのフレンドリーなのだ。

 

 

 

 

ああそうだ、この小説がとても面白かった。2回目を読んでいる。

 

愛されなくても別に

毒親」「貧困」「学生相手の(意識高い系)新興宗教」「マジョリティの無理解」といった要素がストーリーにちりばめられている。
それぞれ現代の我々にとっては身近な問題だと思う。自身が当事者でなくとも、知人から聞いた、あるいはSNSで知ることも多い。そういったやっかいで不快な諸々を抱えた若者が主人公。

一時期、話題になった小説でもあるのであらすじの説明はしない。
読みやすい文体とともに、2019年から2021年くらいまでの"リアル”を感じられると思う。大人ならもちろん、高校生くらいから読めるだろう。

ふた昔前なら、露悪的で極端と評されていたかもしれない。今ならこれが普通と言われても驚かない。まさに現代を描いた物語になっている。

 そういえば、SFでもファンタジーでもない、時間跳躍もAIの反乱も超常現象も核融合反応も精神崩壊も起きない小説は久しぶりだった。

お題「我が家の本棚」

 

バターナッツのケーク・サレ

どこに行っても人混みがすごいし、暑い。
明日は休みなので、今日頑張って出かける理由がない。

そんなわけで、一日の大半を自宅でのんびり過ごしていた。
体力維持のため夕方に海岸沿いを走った以外は、特に外出もしていない。

f:id:t_kato:20210725233016j:plain

そういう日だから、書くべきことはほとんど無い。強いて言えば、ケーク・サレを作ってみたくらいか。パソコン作業ばかりでは変な疲れ方をするので、ちょっと日持ちのする食べ物を同時進行で作るのが最近の習慣になっている。

貰い物のバターナッツかぼちゃを入れてみたけれど、かぼちゃとしては甘くなく、ホクホクもしていない、そして色も薄いので、あまりベジタブルスイーツ*1らしくない。
ガチガチにオーガニックな有機栽培レストランで出てきそうな、薄味のものができてしまった。
「バターナッツ」という名前の響きから程遠い、あっさりした焼き菓子である。

 

 

でも味はともかく、こういった品が冷蔵庫にあると嬉しいものである。
既にスライスして、一部は冷凍してある。
「そういえば、あれを食べればいいや」は、自宅作業における余裕をもたらす。ケーク・サレを軽く温めているあいだにコーヒーを淹れることができる。
お昼を軽く済ませたいときにも、もちろん嬉しい。
ケーク・サレ自体は普通の味でもかまわない。小さな余裕の作り貯めである。

実家のオーブンの具合も把握した。手順も覚えた。
次はバジル味を試したい。まずはトマトを干さなければ。

 

 

 

お題「手作りしました」

*1:ケーク・サレなのでスイーツではないのかもしれない。よくわからない。

きゅうりとバジルとイカのマリネ

f:id:t_kato:20210724224057j:plain

家庭菜園のキュウリが、自家消費量を越えている。
つまり食べるよりも採れる量が勝っている状態だ。

 

 

たくさん食べたからといって身体に良いものでもないし、そもそもたくさん食べるレシピが少ない。普通におやつ代わりに齧ってもいいのだが、家族はそういう雑な食べ方を好まない。

我が家では、浅漬にすることが多い。
浅漬から醤油・出汁成分を抜いて、塩とオリーブオイルと唐辛子の味付けにすれば、洋風の料理にも付け合せに使える。

その応用で今日はバジル(たくさん採れる)とイカ(冷凍)でマリネを作ってみた。
以前、タコで作ったことがある。タコには劣るが、これも良い感じ。
たぶんトマトを使うとさらにおいしい。でも、バジルとトマトの組み合わせはそれこそ毎日のように食卓に上がるので、今日は止めておいた。

オクラも来週からは山ほど採れそう。
僕はオクラを苦手としているし、家族の1人は入院中なので、たぶん余る。
春の終わり頃に、ホームセンターで投げ売りされていた苗を気まぐれに植えてみたのだが、きちんと成長した。赤いもの、白いもの、そして大きく育つもの。スタンダードなオクラが一つもないので、近所の知り合い(保守的な老人なのだ)にはお裾分けをし辛い。
今年の夏はオクラを食べる必要があるかもしれない。一人暮らしの時は、手間とコストと栄養に優れた食材として、定期的に買っていた。でも嫌いな野菜なのだ。
味はともかく、あの粘り気が駄目。でも食べる。毒ではないのだから、たかが好き嫌いでゴミを増やすわけにはいかない。

そういえばスーパーマーケットの冷凍食品コーナーには、オクラがあった。
ということは冷凍保存が可能なのだろうか。ちょっと調べてみる。

 

 

でもその前に寝ます。
先程まで外は雨が降っていた。連日の暑さで夜の散歩をしている人も多いが、急な通り雨で大変なことになっていた。
僕は散歩やサイクリングこそ夜には行わないけれど、人混みを避けてホームセンターなどは夜に行くことにしている。大抵の場合「蛍の光」に急かされて買い物をするので、失敗が増える。今日は間違った裾上げテープを買ってしまった。

そんな土曜日。
もう寝ます。おやすみなさい。

 

 

一時帰宅と五輪

f:id:t_kato:20210724000900j:plain

入院していた家族が、一日だけの帰宅をした。
骨折の治療だったから、これで問題なければ近いうちに退院する。
大きな問題はなかった。家族もおいしいものを食べることができて嬉しそう。ただ、空調が完全に管理できている病室のほうが、総じて快適だったようだ。

仕方がない。それでも今日の「外界」は暑さも穏やかだった。

 

 

 

先ほどまで東京五輪の開会式を見ていた。
見るつもりはなかったのだが、家族が前回の東京五輪に思い入れがあって「これが人生最後だから」みたいな感じで同席をせがまれたのだった。

昨今の疫病禍を考えると手放しに喜べるものではないし、残念な部分*1も目についたけれど、それでも同時に楽しめてしまうのが人間である。
とりあえず、五輪の馬鹿騒ぎは今日がピークであって欲しい。

 

 

それでは寝ます。
おやすみなさい。

 

 

*1:いささか内向きな演出が目立った。それとスピーチが長い。