元気になる生姜焼き定食

昨日に書いた通り、家族の入院に関する諸々の面倒は、一区切りとなった。
治療は続くし、僕たちの日常はそれなりに忙しいままだが、でも交渉や調整や契約に煩わされる日々は、しばらく無いはず。

というわけで、どたばたした日々に心配をかけた親類の家に、報告とお礼をしてきた。こういうことが恙無く行えるようになってしまった自分。歳をとったものだ。
親の状況も感謝の言葉も、すらすらと叔父叔母に伝えることができてしまう。

加齢といえば、やはり今回は体力不足が堪えた。
ちょうど運動不足だったところで親の入院、その後の諸々で疲弊し、唯一の運動手段兼気晴らしの自転車に乗る機会が激減した。
少し歩いただけで、あるいはお見舞いや医師との面会をしただけで、どっと疲れてしまう。

 

 

仕方がない。まずは栄養をつけよう。ビタミンBを摂取するのだ。
そう考えて、親戚宅からほど近い、清水区は三保半島にあるトンカツ屋の「五郎十」で遅めの昼ごはんを食べてきた。

ここのトンカツは分厚く、巨大だ。
男性用のビーチサンダルを、さらに厚くしたようなトンカツが名物となっている。
メンチカツも巨大だった。

今日は大食いをするつもりではなかった。
メニューを検討している際に、隣の席の老婆達が注文した「豚ロース生姜焼き定食」を、僕もお願いすることにした。「ごはん少なめでお願いします」と言い添えて。

 

でもこの生姜焼き定食の肉が、生姜焼きの常識から外れていた。
少なくともスーパーマーケットの精肉売り場にある「生姜焼き用」の薄切り肉とは全く違う。30mm以上の厚みがある。
つまり、トンカツ用の肉をそのまま使っているのだ。

タレだって、いわゆる生姜焼き、ポークジンジャーのそれとは違う。甘辛くて、生姜の辛みは控えめで、照り焼きの味というか。
四日市市名物の「トンテキ」から、ニンニクとケチャップと中濃ソースを抜いて醤油と味醂を足したものが近い、かもしれない*1

こんなにたくさん食べられるだろうか…と心配したのだが、最後の一口までおいしくいただいてしまった。脂もおいしいし、中心がうっすらピンク色の肉もすばらしい。
濃いめの味付けが表面を覆い、中心は肉々しくて、良いバランス。糠漬けも良い感じ。


この店ではトンカツばかり食べていた気がするが、これからは生姜焼きシリーズを選ぶかもしれない。鶏や"メンチ"やヒレ肉など、様々な生姜焼き定食があるのだ。しかもプレーンな生姜焼きと、ゴマ入り生姜焼きがある。

とにかく、こんなにめちゃくちゃな生姜焼きは想定外である。
隣の席の老婆達は、僕より早く食べ終えていたが*2、自分としては狐につままれたような気分だった。

でも、外に出て、むわっと熱い空気*3に触れたときに、なんだか元気になれたのだった。腹をぱあんと叩いて、ガハハと笑うような気分。
そのまま三保半島の先端まで行き、少し散歩をしたら、暑さで倒れそうになったけれども、それはまた別の話。

そんな火曜日。明日はようやく、日常が戻ってくる。

 

お題「ささやかな幸せ」

*1:生姜はすりおろし、しっかりと火を通して辛味を飛ばし、甘さを引き出しておきましょう。

*2:一人だけ、持ち帰り用に取り分けていた。

*3:〜37.0℃

心太と湯麺

家族の入院・看護・介護については、今日で一応の区切り。
びっくりするくらいに疲れた。仕事で心身を壊した時も辛かったが、最近は心身の別の部位(ジャンル?)が疲弊気味だった。

しかも、今日は暑い。
マスクは慣れれば大したことはない。ただ今日はかなり真面目な服装をしていたから、蒸し暑さの不快感がことさら堪える。

 

 

それはそうと、先ほどトコロテンを食べた。
漢字で書けば心太。
産地の伊豆半島に住む親戚から送られてきたもの。とにかく「濃い」のが売りの品で、雑に扱ってもちぎれない。昔は割り箸1本で食べたものだ、とライナーノーツには書かれていたが、親戚曰く「そんなことはない」だそうだ。

半分は夕食で、酢の物に加えてみた。
辛子酢味噌とキュウリにトコロテン。先に書いたとおり切れにくいから、料理にも使いやすい。海藻の風味が強いことも利点となる。

ただし、おやつ・間食としては、少し主張が強すぎる。
もう少し香りは控えめに、食感も儚いほうが"らしい"と思う。

ちなみに漁師町で手作りしているもので、現地で買う以外に入手方法は無いそうだ。
最近は濃度ばかり自慢している心太が増えている気がする。たまに食べるのならそれでも良いのだが、昔ながらの薄くて儚いものが、やはり好きだ。

 

これは昼食に食べた湯麺。
疲れ果てた父と共に飛び込んだラーメン屋で食べた。
こういう、手抜きのための外食を好まない父ではあるが、今日はさすがに疲れたらしい。僕は野菜多めの湯麺を、父は珍しく肉類の多い麺*1を注文していた。

 

 

 

*1:名前は失念

突然の雨に打たれて

先日から手をつけはじめた、家族の転院・施設移動に関する書類、契約書の類がおそろしく面倒くさい。
前職まで仕事では様々な契約書は書いてきたが、こんな酷いものは初めて。
介護や看護に関する諸々なので確認事項が多いのはわかるが、いちいち署名に添えて生年月日や住所や電話番号を書く必要がある。
署名と捺印で同意や契約の意思は示せるのに、どうしてこんなに項目を増やすのか。
しかも契約書の途中にも、たくさん書き込むところがある。
さらに生年月日を書いたあとに年齢まで。自明のことまで、どうして書くのか。

他の似た施設や手続きでは、極力このような無駄を省いていた。基本情報を書く様式Aがあって、他の契約書は"氏名・住所などはAに準ずる"という項目にチェックを入れて、記名や捺印をするだけ。

単に面倒なだけ、注意を要するだけの書類仕事ならば、黙々と手を動かせばいい。集中すれば、なんとかなるものだ。

でも、こういう不条理じみた(全く最適化されていない)作業となると、少し手を動かしただけで疲れてしまう。徒労感がすごい。

 

 

というわけで、朝から「契約書作成→家事」のサイクルで、心と身体のバランスを取りながら少しずつ作業を進めた。
要は子供の頃のテスト勉強のように「妙に掃除や片付けが進む」状況になってしまっただけだが、とにかく家事の合間に印鑑を押したり住所を書いたりして、午前中を過ごした。

そんな家事のなかでも、今日は洗濯を大々的に行った。
昨晩、ベッドパッドやシーツを真夏用の"ひんやりタイプ"に交換したので、今まで使っていたものを洗濯する。
Tシャツコレクションも引っ張り出して、酸素系漂白剤を使って洗う。その他、なんとなく気になっていたものを、どんどん洗濯機に放り込んでいった。

実際、10時頃までは良い天気だった。
湿度は気になるが、日差しも風も強い。朝に干した洗濯物の多くは、どんどん乾いていく。
しかし、僕のシーツを干した直後に、大雨が降ってきた。
シーツやベッドパッドを庭に干して、腰に手を当てて「よしよし」となんとなく眺めた瞬間に、漫画みたいにザーッと雨粒が落ちてきた。

朝から干していた洗濯物を救出するので精一杯だった。
近所の家に声をかけるなんて暇は無かった。
それに、近所の家々は、朝に布団や洗濯物を干して、そのまま外出している家ばかりだった。

我が家の洗濯物については、室内干しを駆使して無事に片付いた。
エアコンを入れたリビングと、乾燥モードの風呂場。2つの場所を上手く使って、普段の何倍もの量の洗濯を終えることができた。

 

 

夕方、雨が止んだあとに外出をした。
街のあちこちにあるコインランドリーが、どこも大渋滞。皆、休日の外出を終えて帰宅し、濡れた洗濯物に遭遇し、急いで対応していたのだと推測する。
ちなみに隣の家は、短い喧嘩のあとに*1今夜は放置することに決めたようだ。布団やタオルケットまで干したままだが、大丈夫だろうか。

まるで梅雨入りと梅雨明けがまとめて来たような、へんな日曜日。
洗濯以外にも、掃除も整理整頓も進んだのは、全て契約書のせい*2。結果的には良かったのではないだろうか。

 

 

お題「気分転換」

*1:感情表現がストレートな夫婦が住んでいるのだった。

*2:正確には、契約書を書くストレスを発散するために行った家事のせい。

今からゼリーを食べます。

思いがけず、あるいは予定通りに暑い日だった。

入院中の家族が転院というか引っ越しというか、施設を移ることになって、今日もその準備に追われていた。

 

帰宅して一息ついたら、なんだか身体がだるい。これはまずいと、今年最初のエアコンを入れた。
熱中症というわけではなくて、心身ともに疲れていたのだと思う。ちなみに父も似たような感じだった。



夕食の後にベッドでうたた寝をしたのだが、妙に暑い。そういえば、ひんやりとしたシーツやカバーを真夏用に用意してあったのだと、先ほど交換作業を行った。

私事がいちいち忙しくて、あらゆる"夏モードへの切り替え"を先送りにしてきたのに、今日になって誤魔化しが効かなくなってきた感がある。

 

 

そんな慌ただしい土曜日も、もう終わる。
寝る前だが、ゼリーを食べてしまおうと決めた。こういう時のために、ゼロカロリーのゼリーを買ってあったのだ。ルイボスティーだって淹れてしまう。
諸事尽くザワザワしているので、強引に"さっぱり"しなければ上手く眠れそうにない。こういうときに、お酒が飲めたら良いのかもしれないな…とも思ったのだった。でもビールでも真っ赤になって、気持ち悪くなるので無理なのだ。困ったことである。

 

 

 

小さなパフェ

家族の入院に関する諸々のために、役所や病院を行き来しているだけで午前中が終わってしまった。お昼ごはんをカロリーメイトで済ませるくらいに忙しかった。

 

夕方、少し余裕ができたので、運転中に見つけたファミリーレストラン「COCO'S」で一休み。COCO'Sなんて久しぶり。わりとあちこちで見かけるが、たぶん入ったのは5年ぶりくらいではないか。

昔よりも雰囲気が明るくなっていた。メニューは少し安くした印象。全体的にカジュアル寄りになったのではないか。ファミリーレストランの個性が無くなりつつある、ような気がしてならない。

とにかく、コーヒーやお茶をがぶがぶ飲んで、細いグラスに入ったパフェを食べた。
書類を整理したり読書をして、カバンの中身も心も、ようやく落ち着いた。

 

 

今日は諸手続きの他に、自宅の掃除と片付けも行ったのだった。
これは自宅の定期点検のため。メーカーの担当者が来るというので、頑張って掃除を済ませておいた。しかし今日は外構のチェックのみで、特に室内を見ることはなかった。

とはいえ、ひたすら後回しにしていた"ちょっとだけ気になる汚れ"や"虫*1や湿気対策の消耗品交換"に手を付けることができたから、無駄だとは思っていない。

でもまあ、疲れた。
読みたい本はあるのだが、今日はもう寝る。

なんだか心身ともにざわついていて、COCO'Sで食べたパフェの味をまるで覚えていないことは、あまり気にしないことに決めた。COCO'Sには悪い気がするが、まずかったわけではない。そういう日もある、というだけだ。

 

お題「わたしの癒やし」

*1:ごきぶり

味が薄いドーナッツ

家族の入院に関して、諸々の問題のうち、最も面倒かつ厄介かつ気の進まないものを「えいやっ」と片付けた。
具体的なことは書かないが、本当に胃が痛くなるようなやりとりだったのだ。

でも、その山場と想定していた今日は、案外すんなりと進んでしまった。
嬉しい拍子抜けである。

明日からも忙しいが、しばらくは悩むようなことは無いだろう。
今日までが険しい山をひたすら登る工程だった。ここからの道程も長いが、視界がひらけた道を、ゆっくりと下っていくだけだ。やるべきことは多く、今後も多少のトラブルはあれど、心と胃には優しいはず。そうでなければ困るし、そうであって欲しい。

 

 

別に祝杯でもなんでもないが、そんなわけで今日は良いコーヒー豆を挽いてみた。
アテはドーナッツ。
きちんと淹れたコーヒーは、とてもおいしかった。

そして、ドーナッツは、味が薄かった。
風味に欠けるというよりも、甘味や塩味や油の味など、基本的な味覚が"薄い"ようなのだ。一瞬だけ、厄介な病気に罹ったのかと自分を疑ってしまった。例えば新型コロナとか。
でも、コーヒーも料理もきちんと味がするので、やはりドーナッツの問題だ。



街の小さなベーカリーのドーナッツ。
不思議な食べ物だった。

 

お題「わたしの癒やし」

アロマティカス

多肉植物のなかではアロマティカスが好きだ。
ふわっとした柔毛に覆われていて、ぱっと見た感じでは多肉っぽくなくて、もさもさ生えるのも良い。育てやすいし、雑に茂っても見栄えがする。

名前の通り強い香りがして、お茶にすることもできるそうだ。僕はまだお茶は試したことがないが、確かに良い香りではある。

多肉植物の良さとして「増やしやすさ」があると思う。
その点、アロマティカスは簡単すぎるくらい。

というわけで、四国での一人暮らしでいちばん育てていて楽しかったのが、このアロマティカスだった。
1000円くらいの鉢植えを知り合いの店で買ったのが発端。
普段は、職場*1に置いていた。
増えた枝は自宅アパートで増やした。
静岡に戻ることになったときには、知人に大半を譲り、残りは職場の屋上の片隅に置いてきた。今も屋上で増えているそうだ。

静岡でも元気に育っていた。
ただし、アロマティカスは耐寒性が低い。
氷点下に晒されると、いきなり枯れてしまうことがある。

前の冬に、うっかり屋外に出したまま寒波にやられて、ほとんどの葉が落ちてしまった。運が良ければ静岡の冬を超えることができるが、基本的には屋内で越冬すべきだったのだ。

ごく僅か、5mmほど残った芽と、2cmに満たない葉だけを回収して、春先から丁寧に育ててきた。
ほとんど"培養"といっていい環境で、持てる技術を全て投入して、最近ようやく復活の兆しが見えてきたところ。多肉植物の栽培というより実験のような見た目だが、細い根が出て、そして新しい芽が分岐しはじめた。

もちろん新しい鉢植えを買う選択もあった。
でも春に探しても、なかなか売っていない。
見つけても、なんだか元気がなくて1500円もする。アロマティカスは好きだが、まだ長く育てていた株の一部がなんとか生きている状況で、新しい株を買うのは安直に思えてしまう。なので昨日まで悩みつつも、新規購入はしていなかった。

 

 

それが、今日は新しいアロマティカスを買ってしまった。
田舎によくある農産物直売所で、大きな株が150円で売られていたのだ。

おそらく農家が片手間に育てたのだろう。条件さえ合えば、すぐに増える植物だ。花卉栽培をしている農家なら、株分けして増やすのは"イージーモード"だと思う。

別に値段だけで買ったわけではないけれど、でもこれだけ安ければ抵抗は無い。
いま小さな芽と葉から育てているものに比べると色が濃い。品種が違うのかもしれない。

購入した時点でいささか茂りすぎだから、明日にでも株分けを行おうと思う。

 

全く関係が無いが、瀬戸内海の小豆島、小さな漁村の一角に、このアロマティカスが野生化している浜辺があった。
沙弥島や豊島にはサボテンが自生している岩礁もあった。
冬に温かい土地だから、園芸植物が帰化しやすいのかもしれない*2
サボテンのほうはおそらく、かの地で"敵なし"だと思う。

 

そんなわけで、今日はアロマティカスを買った日。
夏にモサモサ増やして、今年はきちんと冬越しさせたい。

 

お題「これ買いました」

*1:古いビルをリノベーションしたばかりの殺風景なオフィス

*2:夜は無人の職場オフィスでも元気だった。

雨の夏至

金継ぎ

遠方の知人から「お気に入りの茶碗が割れた。金継ぎをしたいが、電子レンジが使えなくなる」との相談。
「エポキシ樹脂の接着剤を使いなさい。水にも熱にも強い。金粉を使わなければマイクロ波も安心」と返答したところ「そういうことではない」と反論が。

しかし僕は思うのだが、それほど金色のラインが重要なのだろうか。美意識も大切だが、日々の使い勝手もまた"美しい暮らし"の構成要素だと考える。時には金(Ag)よりも大切なことだ。

 

 

サンダル更新

ウッドデッキが雨に濡れると、サンダルが滑る。
一体成型のCROCS的な製品は滑りやすい。特に古くなって摩耗が進むと、気をつけていても転びそうになる。

というわけで更新した。
今回は「Workman」で、裏側がゴム底のものを購入。
たまたま立ち寄ったWorkmanのサンダル売り場で悩んでいた際に、店員さんが教えてくれたのだ。というか「おにいさん、もしかして滑らないやつ、探してる?」と聞いてきたのだった。そうだと答えると、「うちの店では、これ一択だよ」と教えてくれた。
見た目は通常のウレタンスポンジ的な一体成型サンダルだが、靴底が輪ゴムみたいな色合いのゴムになっている。細い溝が細かく入っていて、平滑な場所に適応した形のようだ。
せっかくお店の人が勧めるのだからと、これを購入した。先ほど試したら、全く滑らなかった。頼もしい。

ちなみにモデルチェンジで素材が変わることがあるため、実物をきちんと見ることが肝要なのだとも言っていた。店員さんも滑った経験があるのかもしれない。

 

梅ジャム

スーパーマーケットで梅が半額になる季節だ。
黄色くなった梅を買ってきて、ジャムを作った。ジャムといってもパンに使う機会は少ない。豚肉を煮たり、冷水に溶かしたりして使う。
砂糖の量が雑でも、味や保存性への影響が少ないから、作るのは簡単。

 

 

頭痛薬

気圧低下による頭痛は中年になってから発生しはじめた。
特に心身が疲れているときに、気圧の谷が近づくとひどくなる。たとえば今日がそうだ。

市販の解熱鎮痛剤がよく効く。通常は2錠を上限の処方の薬でも、1錠で効きすぎるくらい。頭痛はおさまっても、薬を飲んだ感じが続くのが気になる。
先日買った薬*1は、粘膜保護など構造上の工夫は特にされていないようだ。なので、半分に割錠して飲んでみた。これでも十分に効く。
次からは半分か0.25錠ずつ飲むことにしよう。

 

 

東京オリンピック2020

昨日か今日か知らないが、五輪委員の偉い人達が「これでひとまず終わり!」と記者会見で宣言したようだ。
その時に橋本聖子会長が連呼していたのが「レガシー」というカタカナ語
要は「遺産」なのだが、たぶん彼女や周囲の老人たちにとっては、レガシーは遺産とは違う"良いもの"なのだ。カタカナにすると立派になるのは、同じ昭和の日本人としてよくわかる。

要は「遺産」には「負の遺産」があるが、「レガシー」には無い。
いや、現実でも概念としても「負のレガシー」はあるし、英語の「Legacy」にも善悪正負の区別はない。遺産がそうであるように。

でも、あの馬鹿げた(しかし、いささかしょんぼり気味な)お祭り騒ぎをやり遂げた人達にとっては、記者会見で言っていたように「感じかたは人ぞれぞれ(自分はそうは思わないですが)」なのである。あえて基準を甘くした自己採点みたいなもので、誠実な態度とは思えない。

 

 

たまご1.5個

夕食はチェーン店のラーメン屋で済ませた。
諸事情あって帰宅できなかったのだ。

味付け卵を間違って多く載せてしまった、とテーブルに届けた店員が伝えていった。「オペレーションのミスにより」だそうだ。不要なら残せ、ということだろう。
特に健康上の理由など忌避する必要性もないので、通常よりも多い味付け卵を有り難くいただいた。

味がついた茹で卵、自分で作って冷蔵庫に備えてあると気分は最強なのだが、外食ではそれほど嬉しくない。理由は、よくわからない。

 

 

MIDSOMMAR

外は雨。暗くなってから、雨が強くなってきた。
でも気温は高い。
夏至っぽさに欠ける火曜日だった。北欧のような爽やかな夏至だったら、どんなにか過ごしやすいだろう。

 

 

映画「ククルス・ドアンの島」

午後の空いた時間に、映画館へ行ってきた。
今日観たのは「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」。

子供の頃に見たTVアニメ「機動戦士ガンダム」の1エピソード「ククルス・ドアンの島」を原案とした劇場版アニメ。20分の作品を2時間近くに伸ばすのだから多くの改変があるはずだが、きちんと名エピソードの「ククルス・ドアン」だったので感心した。

ただ、いささか古臭い。
監督が当時のキャラクターデザイナーでディレクター、そして周囲を固めるのが若手という体制。
若手が監督と80年代アニメを強くリスペクトしているのだろう、昔のアニメの"くさみ"みたいなものまで完全再現していた。コメディパートが多いが、長い劇場映画としては、いささか浮いてしまっているきらいがある。

声優も、何十年も続演している主人公などベテランの「アニメっぽい」演技と、若手声優の普通っぽい喋り方(特に子役たちの演技が凄かった)とが噛み合っていない感じ。

モビルスーツ(ロボット)同士の戦闘も、殺陣のように勝敗が決まってしまう場面が多くて、ちょっと残念。すれ違った後にザクリと胴が切れて、やられる側は末期の台詞を吐いて死んでいく。

総じて新味は感じなかった。監督やベテラン達の”老い”を強く感じてしまう。


昨今、アニメに限らず様々な古い作品のリメイクが行われている。技術が追いついたのか、オタクの夢みたいに上手なリメイクが当たり前になってきた*1。そういう作品でも、"これから"に繋がる新しいものが感じられるのだが、「ククルス・ドアン」はそれが無い。

CGで綺麗に動く背景やモビルスーツは他作品からの有効活用だろうし、今後このフォーマットで昭和の作品を作っていくのだとしたら、その第一歩として新しいのかもしれないが。

なんだか厳しいことを書いたが、きちんと料金分は楽しんできた。
料金といえば「特別興行料金」として、サービスデーも優待券も関係なく1900円だったのは気になるところではあるが、ガンダムファンなので考えるは止める。

そういえば、今回は富野由悠季氏が制作には関わっていないようだ。
これも結果的には良かったと思う。「生命力」とか「未来の子供達へパワーを」とかエロスとタナトスとか、そういったメッセージは、この作品には合わないので。

待ちに待ったわけでもなく、映画館で観るつもりもなかったのだが、行ってみれば本当に楽しい時間を過ごせた。"ガンダム"を長く楽しんできた人達には、強くおすすめできる。

 

 

お題「ゆっくり見たい映画」

*1:邦画は…まるで駄目だ。

t_ka:diaryは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。