燻製ソーセージのサンドイッチ:吉田町

日曜日だが仕事の日。
大井川河口の西岸、吉田町へ行っていた。

町の沿岸地域を東西に横切る国道150号線バイパスからは、たくさんの津波タワーを見ることができる。海抜が低い地域では、大地震の後に津波が来るまでの間に、このタワーに逃げることになっている。高い建物が無い田舎町では、とても目立つものだ。
静岡県の沿岸部では、どこでも見ることができる。

150号線のバイパスには、このタワーと歩道橋を組み合わせたものがいくつもあった。
広い階段を登ると、たくさんの人々が避難場所に使える広場になっている*1
道路行政(歩道橋)と防災(津波タワー)のすり合わせが大変だったことが、縦割り行政の批判として語られることも多い。

今日は初めて、この津波タワー兼歩道橋を渡ってみた。
もちろん普通の歩道橋と使い心地は変わらない。
作られた当時は「不良のたまり場になる」と言われていたそうだが、残念ながら屯する不良少年・少女なんて少子高齢化が進む吉田町には存在しないのだった。

先月の航空祭では、通過する飛行機を見る人達がたくさん集まっていたのだという。
少しだけ落ちていたゴミは、彼らのような不良中年オタクの残したものだと思う。

暑い夏の日の昼過ぎだったので、遮るものがない歩道橋&津波タワーの上は本当につらかった。初期の避難場所として使うこと、普段は国道の上の通路であることを考えて何も設置されていないのだろうが、真夏に大地震があったら大変だと思ってしまったのだった。一般的な津波タワーのような防災用品庫(ベンチと兼用)等も無いのは、あくまで歩道橋だからだろうか。

 

 

さて、そんな吉田町で食べた昼食はサンドイッチ。
といっても食パンを使ったそれではなくて、ブラジル料理店のハンバーガー的なものだ。

店名はAssombra Somという。
車の修理工場に隣接した小さな食堂のような場所で、どうやら近隣のブラジル人や南米系の方々を相手に商売しているようだ。メニューも店内の貼り紙も、全てポルトガル語スペイン語だった。
でも、日本語のできる親切な店員さんが、きちんと説明してくれる。牛肉のバーガー、鶏肉のバーガー、燻製ソーセージのサンド、ホットドッグ、それに追加するオプションなども色々ある。
ショーケースにはペストリーもたくさん並んでいて、その場で食べることも持ち帰ることもできる。
フライドポテト等もあるはずだが、こちらから質問しなかったせいか説明は無かった*2。飲み物は缶ジュースが各種あるようだ。

そこで注文したのが、燻製ソーセージのサンドイッチ。
太い燻製ソーセージを輪切りにしたものが、野菜やチーズと共にたっぷりと挟まれている。パンは南米系のお店によくある、フランスパンみたいな生地の四角いもの。

普段の生活ならば2週間分を超えるソーセージを、1回の昼食で食べてしまった。
ソーセージの味はしっかりとしていて、たくさんのレタスとよく合う。肉は強烈だが大量の野菜で食べやすい、というのは南米系の軽食によくあるパターンだ。
注文を受けてから、しっかりとソーセージを焼いて提供してくれる。おいしさの秘訣は、たぶん全てが作りたてだから。

 

涙滴型*3の鶏・チーズコロッケみたいなペストリーも、とてもおいしかった。

 

エアコンも無い簡素な店内も含めて、面白い体験をしたと思う。
週末のみ営業とのことだが、他のメニューのために吉田町を訪れてもいいかな、と思えるくらいに気に入ってしまった。
今になって思えば、どう見ても外国人の営む自動車整備工場の店に、予備知識ゼロで入ることができたものだと自分に驚いてしまうが、でもとにかく今日の"収穫"だった。

 

 

そんな日曜日。
お仕事で吉田町へ行き、津波タワー兼歩道橋を歩き、おいしいサンドイッチを食べた。海も見て、カラスに襲われたけれど、もう長くなるから書かない。
ではシャワーを浴びてから寝ます。おやすみなさい。

 

今週のお題「となり街」

*1:下から撮った画像が破損していた。5人くらい並んでも歩けそうな幅の階段を登ると、こういう広い場所がある歩道橋なのです。

*2:そういう種類の親切なのだった。飲み物を注文しなくても、まるで気にしない。気楽で良い。

*3:お店の人は、米粒のカタチと言っていた。紙に挟んで手渡してくれる。

掃除機・感染・ゲームの操作

新しい掃除機が届いた。
以前から使っているダイソン製のものはバッテリーが弱ってきていて、いささか使い勝手が悪くなっていたのだった。

今回は東芝のもの。
ダイソンと同じく、サイクロン式でハンディタイプ。昔に比べてサイクロン式の掃除機も使いやすくなっていて、もはやダイソンを選ぶ利点が無いと判断したのだ。日本製品なのは、たまたま安かったから。Amazonのセールで、2万円でお釣りがくる価格だった。

この掃除機が、おそろしく軽くて驚いた。段ボール箱の時点で1.3kg程度ではないか。
軽さと、分解のしやすさ、どうでもいい機能が2.3ついてくること、デザインのダサさは、日本製品らしさがある。

いま父がマニュアルを読みながら、使い方を学んでいる。僕はこういう家電製品を使いこなすのが得意だが、高齢の父は新しい機械を苦手としている。だから、じっくりと時間をかけて、がんばって覚えてほしい。どちらかといえば使用機会が多いのは父なので、よくわからないままでは困るのだ。掃除をするのは明日以降だが、試行錯誤は今日たっぷり済ませてほしい。

 

ところで今日は、知人と合う約束だった。
しかし知人の家族が新型コロナに罹ってしまったので、予定はキャンセル。ひとりでスーパーマーケットへ行き、食材を買い揃え、そして自宅で読書とゲームをしていた。

 

「セレッサと迷子の悪魔」は7割ほど進んだ。
セーブ画面で物語の進み具合が表示されるのがわかりやすい。
さらに、起承転結でいうところの"転"が終わったうえに、シナリオ上に洋医された4つの関門を全てクリアしたので、おそらく次が最終決戦の地なのだと思う。

とはいえ、今まで通過してきた場所に引き返すこともできるし、以前は通れなかった場所を今では通過可能で、しかもその先には主人公たちを強くするアイテムなども用意されているため、急いで話を進める必要も無いのだった。こういう部分は実に親切設計で、ファミコン時代のゲームとは全く違う。なにもないところを攻撃し続けていると高得点の"隠しキャラ"が現れるような不親切さは、今のモダンなゲームには皆無なのだった。

さらに言うと、最近のゲームは話を盛り上げるのが上手い。
感動させる場面では、ただの「決定」ボタンではなくて、例えば主人公が手を伸ばし握手をする操作をあらためて行わせる。結局はボタン押下か、せいぜい長押しなのだが、それだけで「自分が手を伸ばし握手をする」気分になってしまう。
こういう感情移入のテクニックは、ゲームならではだろう。


そして、今の時点でしっかりと感動している自分が、これから年老いたらどうなってしまうのか心配なのだった。涙をびょうびょう流しながら(ゲーム設計者の思惑どおりに)ゲームをする老人になってしまいそうで怖い。

 

お題「これ買いました」

コーヒーゼリーとコーヒー

コーヒーっぽいものをたっぷり摂取したい…と、金曜日の午後に気持ちが囚われてしまった。他のものは何もいらない。

そんなわけで藤枝市のbeaucoup beaucoupにて、コーヒーゼリーを食べてきた。
この店でコーヒーゼリーを注文したのは初めてだが、なるほどおいしい。

 

温かいコーヒーもしっかりとした味わいで、クリームの多いコーヒーゼリーと合っていた。良い組み合わせを選んだ自分を褒めてあげたい。

 

 

それが今日の出来事。
他にも色々あったけれど、ほとんどのことはもう忘れた。コーヒー(とコーヒーゼリー)を存分に楽しめたのだから、たぶん良い日なのだろう。

明日も早い。今日はもう寝ます。
おやすみなさい。

 

お題「わたしの癒やし」

たのしいゲームは少しこわいゲーム

空いた時間に少しずつ進めているゲーム「セレッサと迷子の悪魔」が、思いがけず楽しい。

最近のモダンなテレビゲームらしく、つまらないところで引っかかることがない。ストーリーを追っているうちに主人公たちは自然と強くなるし、脇道に逸れて謎を追っても、メインのシナリオを進めても破綻しない。良い塩梅に調整されている。
僕のような下手な人間でも、ちょっとだけ頭を使えばなんとかなるようにできているし、ヒントやお助けアイテムも豊富にある。理不尽さがほとんど感じられない設計になっている。

 


www.youtube.com


www.youtube.com

さて、この「セレッサと迷子の悪魔」は副題が「ベヨネッタ オリジンズ」である。
となるとベヨネッタ・シリーズが存在する。
「セレッサ〜」がずいぶんとかわいらしいダークファンタジーなので、同じような雰囲気かと思ったら、全く違った。

 


www.youtube.com

主人公の女の子が妙齢の女性になっているだけでなく、なんというか、色々と違う。フランスやイギリスの絵本も扱う輸入雑貨屋さんと、アメリカのPCオタク向けイベントくらい違っている。
小さなカフェで開催される手作り音楽イベントと、レーザーやスモークが飛び交うスタジアムのライブくらいに違う。


間違って買ってしまったら大変なことになりそうだ。
最近の子供はゲームを間違って購入することは無いのだろうか。年齢制限などがあるから大丈夫なのだろうか。他人事ながら心配になってしまう。

 

 

しかも、「セレッサと迷子の〜」のほうがスピンオフで、「ベヨネッタ・シリーズ」の本流はこちらの過剰にスタイリッシュなお姉さんバトルアクションのようなのだ。
これで本当に「ベヨネッタ」シリーズに繋がるのか、不安になってくる。

 


www.youtube.com

「セレッサと〜」に続編があったら…と思っていたが、どうやら当てが外れたらしい。
まだゲームの前半のようだが、今のところメガネと魔女と魔法しか共通点が無い。

 

シリーズのことは別にしても、「セレッサと迷子の悪魔」はよくできたゲームだ。
ただし、少し怖い。
怖さにも色々あるけれど、ピエロや影絵の怖さなのだった。大人向けのブラックな絵本は好きなほうだが、それが動いていて、自分が操作するとなると心臓に悪い。
ちなみに今はサーカス団(怖い妖精が仕切っている)に乗り込むところ。

 

 

あまりにも怖いので、1日に60分ほどでゲームを終えることになっている。さくさく進めるには気疲れしてしまうのだった。

そんなわけで、このゲームを僕に勧めた知人たち*1は、実に的確な"オススメ"だったといえる。よくわかっているじゃないか、と感心している。勧められなければ、こんなゲームは買わなかった。

そして、このゲームに中学2年生あたりで出会っていたら、僕はばっちり影響されていただろうとも思う。
今はもうおじさんなので、パッチワークだらけのぬいぐるみをぶら下げて歩いたりはしない。ムーミン画集(少し暗い絵柄のもの)くらいは買ってしまうかもしれないが。

お題「これ買いました」

 

*1:お互いに面識がない、僕を知る2人

柄つきスポンジ

今日は朝から静岡市清水区の三保半島方面へ行っていた。
帰宅前に駒越のショッピングモール「ベイドリーム清水」へ立ち寄る。いつか買おうと思って、そして忘れてしまう台所用品「柄つきスポンジ」を買うためだ。

 

 

 

その柄つきスポンジが売られているのは無印良品
かつて売り場のあった場所はファストファッション店となっており、隣に仮設店舗ができていた。秋に大型化して復活するらしい。
少し前の基準では広めの店舗面積ではあったが、昨今の無印良品としては確かに狭かった。

しかし、プラスチックコンテナを積んだようなごちゃっとした売り場は、昭和の無印良品を思い出させて悪くない。最近は質実剛健を語りながらもイメージ優先のディスプレイが多いから、懐かしくも新鮮に思えた。

柄つきスポンジは水筒などを洗うためのもの。
以前から使っている試験管洗いブラシのようなものは、プラスチックの水筒を傷つけそうなのだった。
無印良品のものは、ステンレスワイヤーで作ったトング状のハンドルでスポンジを挟んだもの。
似たようなものは100円ショップにもあるけれど、頑丈さと見た目で、ちょっと高め(690円)の無印良品を選んだ。
たぶんスポンジを交換しながら10年は使うだろうから、数倍の価格でも気にしない。

こうして、機会を見つけては台所用品を更新している。
基本方針はステンレス化。そのへんで雑に揃えても長持ちしてしまうのが台所用品だが、それでも吟味すれば日々の生活がずいぶん変わる。一人暮らしでは当たり前だった取捨選択を、最近は実家暮らしで意識しているのだった。

 

 

せっかく海の近くに来たのだからと波を眺めたり、干物工場の直売所で晩ごはんの干物(キンメダイ)を購入するなどしてから家路についた。

 

 

それにしても蒸し暑い日だった。
気温は先々週ほど高くはないけれど、湿度がひどい。訪問先にあった湿度計*1では80%を超えていた。ここまで湿度が高いと、空調の効いた部屋から出るだけでメガネが曇ってしまう。
1kmも離れていない山が白っぽく見えて、遠方の地形は霞んで見えない。空気遠近法が強調されたような、不思議な光景も、高湿度のせい。
そんな湿っぽいのにセミは元気いっぱいに鳴いていて、梅雨なのか夏なのかよくわからなくなってくる。

そんな水曜日だった。

 

お題「これ買いました」

 

*1:懐かしい湿球式

ニガウリ・フェスティバル

我が家にはいま、ゴーヤーが5本ある。
うち2本は、庭で収穫した。
残りは父の友人達からのおすそわけ。

 

 

2ヶ月ほど前だろうか、父と父の友人が連れ立ってホームセンターに行き、キュウリやトマト、そしてゴーヤーの苗をお揃いで購入した。そして各々の家庭菜園へ植え、育てた。
5人のうち2人は元兼業農家で、他の3人も家庭菜園はベテランだ。夏野菜など、容易に育てられる。

そうして少し前はキュウリが、そして今はゴーヤーが収穫時期を迎えている。高齢者ばかりの世帯で、同じ苗と環境で野菜を育てるのだから、どうしても余る。さらに言うと、誰も彼もがキュウリやゴーヤーを山ほど食べたい訳ではないのだ。
しかし、そういう見通しを考えなくなることもまた、高齢化というものなのだろう。

 

 

ともあれ、そんな理由で我が家の野菜室は、ゴーヤーが過剰なのであった。
朝に「一度に2本も採れた。どうやって食べようか」と思っているところに、父の友人がゴーヤーを持って来る。「俺ん家ではゴーヤーあんまり食べねえでよぅ」という。ならばゴーヤーなんて植えなければいいのに。


そうやって、家庭菜園仲間の数人が我が家に1本ずつ「おすそわけ」を行ったことで、テーブルには立派なゴーヤーが5本も並んだ*1

 

 

ゴーヤーといえばゴーヤーチャンプルー
手間もかからず、おいしい料理だ。でも2日連続で食べるようなものでもない。僕はともかく、父がこういう炒め物をたくさん食べなくなってきているため、こればかり作るわけにはいかない。

おひたし、酢の物、それにカレー味で炒め煮。工夫しても、毎日どんどんゴーヤーは増えるのだ。

 

 

というわけで、干してみた。
沖縄旅行で干しているものを見たことがある*2。民宿では味噌汁に入れていた。

とりあえず半乾きになったものを味噌汁に入れてみたが、なかなかおいしい。苦みは柔らかになり、甘みや野菜っぽさの後ろに隠れている。
さらに乾かせば、さらに食べやすくなる気がする。

今日は雨だったので、室内干しにした。小さなサーキュレーターで4時間ほど風乾した。晴れた日ならば、日陰干しで完全乾燥するはずだ。
これは便利な食材かもしれない。
とりあえず、これから余ったゴーヤーは、干して冷凍しようと思う。

 

お題「わたしの癒やし」

*1:なんとなく、僕の存在が野菜の押し付け先としての選定理由となっている気がする。

*2:健康食品として土産物屋にも並んでいた。

ゲーム「セレッサと迷子の悪魔」を始める

少し前にカタログチケットと引き換えたゲーム「セレッサと迷子の悪魔」を始めてみた。入手してから色々と忙しく、遊ぶ時間がとれなかったのだ。

任天堂Switchのコントローラーは、昭和生まれの僕にはとてもややこしい。このゲームは、そのコントローラーの中でも最もとっつきにくい2つのアナログスティックと、コントローラー上面にある4つのボタン(LとRとZRとZL)を使う。

いや、アナログスティックならば「ゼルダの伝説」などでも使っていた。昔の十字キーのようなものだ。しかし、この「セレッサ」では、左右それぞれで2人のキャラクターを動かすのだった。
これはややこしい。"なじみが無い"どころの話ではない。


www.youtube.com

最近のゲームらしく、基本的に難易度は控えめで、序盤は丁寧なチュートリアルとなっている。10代前半くらいの魔女の少女と、ぬいぐるみに憑依した悪魔、その2名(1名と1体)を操って、仕掛けを解いたり、敵を助ける。

 


www.youtube.com

音楽も演出も素晴らしい。
ダークファンタジー的な世界と、やや癖のある絵本のような画面、切り絵や布のコラージュみたいなテクスチャ。こういうの*1が好きな人にはたまらないだろう。

よくぞここまで作り込んだ!と感心してしまう。こういう雰囲気が流行った平成の中頃に登場していたら、感激のあまり倒れる乙女もいたはずだ。
僕も嫌いじゃないので、序盤から実に楽しく遊んでいる。

 


www.youtube.com

それでも、コントローラーの右側と左側ほぼ全てのボタンを使って、2体のキャラクターを操るのは難しい。敵も味方も移動はゆっくりで、考えて確実に動かせば大丈夫な場面ばかりなのだが、それでも時々はわからなくなってしまう。

操作は難しいが、しかし大変におもしろいゲームだ。
一本道のようで寄り道が膨大にあり、そして寄り道はそのままプレイヤー側にメリットがある。技術が拙くても、寄り道をして道具やスキルを向上させ、あるいは操作技術を磨くことで、楽に物語を進めることができるあたりは、「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」や「ゼルダの伝説 ティアーズオブキングダム」と似ている。おそらく、十分な容量と処理能力による"リッチ"なゲーム環境が、こういう構造を可能としたのだろう。

いきなり死ぬこともなく、かといってゴリ押しも可能ではない。複雑なトリックも多いが、良いバランスにできている。

 

 

というわけで、連休の最終日にゲームを始めた。
昼は散歩や買物をしたり、親戚の家の片付けを手伝っていた。とにかく湿度が高くて嫌になってしまうが、空調の効いた部屋でゲームを楽しむだけなら快適である。

 

お題「これ買いました」

*1:劇団イヌカレーっぽいもの。

 

 

ところてんキットのレビュー

非常食と防災用品のチェックを行った意外に、特別なことは何もしていない。
出かけようとすると雨が降る。
急ぎの仕事も家事もない。
仕方がないので、だらりだらりと読書などをして過ごしている。

 

 

伊豆半島に住む知り合いが「ところてん手作りキット」なるものを送ってきた。少し仕事を手伝ったことのお礼だが、試作品であるキットを実際に使ってレビューすることも求められている。お礼のメールにレポートを添付すれば良いだろう。

 

そんなわけで先ほどから、このキットでところてんを作っている。
小さな「心太突き」や木枠も入っている、なかなか親切な手作りキット*1。白木を使ったプレミアムな雰囲気ではあるが、小学生の自由研究などにも良さそうだ。

しかしところてんを作る工程の大半である、テングサを煮るのは面倒でしかない。いや、味にこだわりがある人ならば、この香りも楽しめるのかもしれない。濃度だって自分で調整できる。あるいは、ところてんが大好物な人にとっても、夢みたいな工程だろう。
でも自分にとっては、ただの単純作業だ。
技術も工夫も要らない、ただ煮るだけの工程なのだ。

とはいえ、これはもうキットのコンセプトを完全に否定する"感想"なので、レポートには欄外に小さく書くに留める。作業が面倒だという人は、ところてんを店で買えばいいのだから。それに、あとは心太突きで突くだけのセットというものは、以前から売られている。

付属の布で、しっかりと濾すことが肝要だとマニュアルには書かれていた。
しかし自分は、こういう海産物・アガロースゲル系の食品に関しては、九州の「おきうと」のような、不純物が多いものが好きなのだ。そういう向きには青海苔を入れるべしとマニュアルにはあるけれど、なんだかそれは違う気がする。
なので、多少の混じり物が入ったものも作っていたが、風味が強くて僕好みの味となった。

 

 

そんなわけで夕方から1人でところてんパーティーが始まってしまったわけだが、1人なので最初から最後まで真顔なのだった。手作りキットにも色々あるが、ところてんは親しい人達と楽しんだほうが良いだろう。
これもまた、レポートには書く必要のない"感想"である。

 

 

ちなみに心太突きに関しては、テングサを使い切ったあとの活用法として「フルーツゼリーやミルクプリンを突いても楽しいよ」とマニュアルにある。そんな場面が僕の人生に訪れるとは思わないが、一応は覚えておく。

お題「手作りしました」

 

*1:キットには含まれないが、冗談みたいな量のテングサも送られてきた。だから、何度だってところてん作りを楽しめる。

リコッタチーズケーキ & チーズトッポギ

今日のおやつは、Atelier Petit Carinのチーズケーキ。
リコッタチーズを使ったものは珍しい。軽くて、しゅわっと口溶けがよくて、ブルーベリーとも合う。酸味のあるチーズケーキが好きな人には強くおすすめできる味だった。

カフェラテもかわいくておいしい。


お店の近くにある城北公園にも立ち寄った。ここは散策が楽しい場所。すばらしい図書館もある。今日は先週ほど暑くはなくて、散歩にも良い感じ。

ただ、小雨とセミの鳴き声が同時進行という、いささか異様な状況ではあった。こんな初夏があっただろうか。

 

 

今夜は父が外出中。プロサッカーの試合を見に行っている。
なので夕食は1人分。一人暮らしの時の食事と違い、家族がいるのに1人での食事というのは、ちょっとだけ特別で、少し悩ましい。
手間をかけたくないけれど、普段とは違うものが食べたい。父が食べないようなものを楽しみたいのだ。

そんなわけで、チーズトッポギを食べた。
鍋にトッポギ(餅)とレトルトのソースをあけて煮るだけの簡単なもの。タマネギやネギを足すと良いと書いてあったので従ってみた。

まずくはないが、なんだか妙に甘い料理だった。
味醂のような甘さが口に残るのだ。辛味も塩分も、甘さを引き立たせてしまっている。

なにしろ、外食などで本物を食べたことがないから、正解がわからない。
でも、"本物"はもっとおいしいはずだという確信はある。このカルディコーヒーファームかどこかで買ったインスタントなチーズトッポギが駄目なだけで、まともに作られたものは節度のある味になっているのではないか、と思える。そういうタイプの、おかしな味付けだった。

 

 

そんな土曜日だった。
おやつには良質な甘いものを、そして夕食にはひどい甘いものを食べた。
ちなみに夕食は他に、ゴーヤーの梅和え、いんげんと芋のサラダを作って食べたのだった。

 

 

さて、今から父を迎えに行ってくる。贔屓のチームは勝ったのだろうか。連絡が遅かったから、一緒に行った老人友達と"反省会"をしているのかもしれない。負けた時だけ、駅前で酒を飲むのだった。僕にはよくわからない習慣である。

 

お題「わたしの癒やし」

t_ka:diaryは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。