海を眺めに

所用で静岡市清水区へ行く。少しだけ時間があったので、港で海を眺めてきた。 今日はとても寒い。昨日ほどではないけれど、冷たい風が常に吹いていた。乾燥しているせいか、富士山も伊豆半島も、この季節はくっきりと見える。 清水から土肥港へ行くはずのフ…

2022年 シャンメリー会

先程まで、静岡の街にいた。今日の目的地は駅南の鉱泉会館地下1階大ホール。そう、今夜は静岡シャンメリー会の総会だった。 ここ数年は新型コロナの流行により、オンラインの開催だったシャンメリー会。モニター越しでも1年に数回しか会うことのないメンバー…

大道芸ワールドカップ2022とタルトタタンの日

静岡の中心街で開催中の「大道芸ワールドカップ静岡2022」を、少しだけ見てきた。人混みは避けたいし、今回はプログラムも入手していないので、所用のついでに少し眺めた程度。幸いなことに訪問先の渡り廊下からパフォーマンス中の大道芸を観ることができて…

秋の探書会

静岡の街では「大道芸ワールドカップ」が始まった。今日は所用のため、街の端をかすめて通っただけだが、それでも盛り上がっているのがわかる。みんな、とても楽しそうだ。 とはいえ、やはり例のプロデューサーによる差別発言の影響は感じられた。急な変更を…

おとむらいのじゅんび

身体は使っていない。頭だってほとんど使わない。説明を受けて答えるだけ。悩むようなこともない。 だけど疲れた。なるほど、これが葬儀社との打ち合わせか。今日は、親の葬式について具体的な打ち合わせをしてきたのだった。 なんとなく、結婚式の打ち合わ…

綿飴の味

山の向こう側で花火の音がする。雲が時折、明るくなる。そうでなくても満月で明るい夜だが、なんとも賑やか。 でも、僕の住む田舎のほうは普段と変わらない。先ほどスーパーマーケットで、食材をまとめ買いしてきた。今日は10日。ゼロの付く日は会員様感謝デ…

清水銀座の七夕まつり

夕方に清水区の親戚宅へ届け物をしてきた。ついでに、清水銀座商店街の七夕まつりを少しだけ見物。といっても、人混みと暑さで、少し歩いただけ。何かお祭りらしい品を買おうかと思っていたけれど、なんとなく買わずじまい。 しかし久しぶりの七夕まつりだ。…

雨の夏至

金継ぎ 遠方の知人から「お気に入りの茶碗が割れた。金継ぎをしたいが、電子レンジが使えなくなる」との相談。「エポキシ樹脂の接着剤を使いなさい。水にも熱にも強い。金粉を使わなければマイクロ波も安心」と返答したところ「そういうことではない」と反論…

岐阜「養老 天命反転地」

昨日に訪問した岐阜の養老公園、その一角にある「天命反転地」について書く。 なかなか説明しづらい施設だ。公園サイズの巨大なアート作品(テーマパーク)なのだが、似たものを思いつかない。とはいえ、かなり有名な場所だから概要を知っている人も多いはず…

お正月3日目 島田の小饅頭

所用で静岡空港へ行ってきた。といっても飛行機にも乗客にも用事はなくて、知人と物の受け渡しをしただけ。広い駐車場があって、両者の中間地点で、数年に1回しか会わない相手との待ち合わせ場所にはちょうどいい。ちなみに正式名称は「富士山静岡空港」。で…

ダウンウェアの消失と伊豆大島の断念と、冬瓜フェス。

ダウンジャケットとベスト 朝から寒い。ダウンジャケットやベストを探すが見つからない。秋に冬物を出したときに、この2つはセーターなどとは別のところに入れたのだった。「何か思惑があって、一般的ではない場所にしまった」ことだけを覚えている。ただ、…

直島や豊島なら現代アートですよ

雨が降る前に少し自転車で散策。昨日に見つけた「タコ滑り台」のある公園へ行ってみた。 改めて見ると変な造形物である。これ、直島や豊島に設置されていたら、絶対に現代アートである。この誰も来ない公園でも、小さな説明パネルを設置したら、誰かが写真を…

ワルプルギスの金曜日・魔女の節句

ゴールデンウィークが始まった。しかも今日はプレミアム・フライデー。さらにワルプルギスの夜である。 小さい魔女 (新しい世界の童話シリーズ) 作者:オトフリート・プロイスラー 発売日: 1965/07/26 メディア: 単行本 あまり知られていないが、近代魔女信仰…

フライディ気分

今週は月曜日の夜から週末みたいな気分だったが、今日は朝から金曜日みたいな気持ちが溜まりに溜まってピークに達していた。つまり、ぼんやりと疲れていた。 仕方がないから昼休みに自転車で川沿いを走ってきた。60分の自由時間だが、ひとりでお弁当*1を食べ…

そして始まる2021年

例年になくのんびりとした元旦。静岡の街を自転車で走ってみたけれど、とても静かだった。 中心街は歩いている人が本当にいない。普段の夜のほうが人間の数が多い。 スターバックスだけが混雑していた。でも、タリーズコーヒーは客が4人しかいない。この差は…

酒を買ったら餅がついてきた

日本酒や鰹節などの「正月のちょっと贅沢なもの」を買いに出かけた。例年通りなら両親の恒例行事なのだが、今年は体調その他の事情で僕が代わりに行く。 自分としては慣れない品ばかりではあるが、行き先は街の酒屋など、ごく当たり前の場所ばかり。 今年は…

神長官守矢史料館

神長官守矢史料館について書いておく。 先週の山梨県訪問のついでに立ち寄った、長野県南部の小さな史料館。あともう少し北上すれば諏訪湖、すぐ近くには諏訪大社の上宮もある。 神長官守矢史料館 (建築リフル) 作者:藤森 照信,内田 祥士 メディア: 大型本 …

幻みたいな秋の休日

自転車で静岡の街を少しだけ走ってきた。 行く先々のお店、目星をつけていた飲食店が「イベント出店」あるいは「新型コロナのため」に臨時休業をしていた。 本来ならば、11月の初めには大道芸ワールドカップが開催されていたのだった。静岡市で最も文化的か…

試験結果、干し椎茸、お風呂。

予定通り、資格試験を受けてきた。結果は合格。ああ良かった。 結局、まとまった試験勉強はほとんど出来なかったし、しなかった。少なくとも他の人達のように、過去問コピーの束を何度も繰り返し解くことはしていない。 過去問のプールからジャンルごとに数…

チーズナンと椎名林檎のセンス・オブ・ワンダー!

今日はインド料理屋に行ったんだ。急にチーズナンを食べたくなったんだよ。他に何処でチーズナンが食べられる?自分で作るにはタンドールから用意しなきゃならない。少なくとも四国でチーズナンを食べたかったら、何処かのインド料理屋に行かなきゃありつけ…

瀬戸内国際芸術祭2019 秋期 ─小豆島日帰り放浪─ 疲労編

瀬戸内国際芸術祭2019の秋期もあと僅か。ずっと行きたかった小豆島にようやく行けた。 9時のフェリーに乗り、17時後半に四国へ戻ってきた。スマートフォンのバッテリーは4割消費、出費は5000円未満、ペットボトルのお茶を2本飲んだ。暑さ寒さは程々で、天気…

想定外ハロウィンと秋のお祭り

どこにも出かけず家事をするつもりだった土曜日。朝には瀬戸内国際芸術祭(の伊吹島)に行くつもりだったのだが、たぶん間に合わないだろうと諦めてからは、だらだらと過ごしていた。 でも今日は良い天気。室内より外のほうが過ごしやすいくらい。さらに家に…

祭、天気の子、誤配送対応、土曜日。

「お祭りがあります。徒歩のみ許可します」 午前中にこんな放送が聞こえてきた。さすがに市の広報車ではないと思う。この街はスピーカーを付けた車が宣伝からお知らせまで様々な音を出して行き交う。半分くらいは聞き取れない。たぶん農協か消防団の仕事だろう…

花火大会にラタトゥイユ

花火大会 今日は高松まつり、花火大会の日。昼間はどんな感じなのだろう*1、と自転車で港まで行ってみたところ、ちょうど中止のアナウンスが始まったところだった。 高松の港といえばJR高松駅の駅前でもあり、官庁街やタワービルもあるところ。市営駐車場は…

風呂メガネ、ローズマリー。

総じて無為な一日だった。 iMacでいくつか仕事をして納品まで済ませ、その後は読書をする。暑いことは間違い無いがサーキュレーターの風だけでなんとか過ごせる。ただし家事をする時はさすがにエアコンを使う。 前職の関係で隣の県に行く用事があって、高速…

チーズケーキと夏祭り

MARIA THANK 静岡の“街”でのひとやすみ。そんな時のの定番は紅茶とケーキのお店、MARIATHANK。色々と迷って、ダブル・チーズケーキにした。この店の基本にしてスペシャルである。 真夏にこの店でとびきり美味しいアイスティーを飲むのも恒例行事となっている…

アルバム、自転車、小さな祭り

知人に頼まれてアルバム(フォトブック)の注文作業を行った。写真の選定や順番付けはしてあるけれど、必ずしも1ページに画像1枚の配置ではないから、レイアウトに迷う。知人が家族や親戚と行った旅行のアルバムで、当然ながら僕は参加していない。なのでど…

愛媛県立長浜高校「長校水族館」

愛媛県の高校に「水族館部」があるという。また、その高校では授業(必修および選択)で魚の飼育や研究を行っているとも聞く。 そして毎月第三土曜日に「長校水族館」という公開イベントをする。面白そうなので行ってきた。 長浜、香川県からは意外と近かった。…

映画「海獣の子供」と、餅入りうどん

実は五十嵐大介氏の漫画は苦手だ。好きな作品はあるし*1、新作が出たら読む。でも、あの「ナチュラル&スピリチュアルSF」な雰囲気にはどうにも馴染めない。科学と自然回帰を上手い具合に超常現象と混ぜてはいるものの、どうにも「南の島でヒッピーっぽい生…

大島 瀬戸内国際芸術祭2019 春

午後に半休を取って、大島に行ってきた。職場からそのまま港へ、そして船に乗って30分で静かな瀬戸内の島に着く。なんとも不思議な感覚。仕事の都合を考えて突発的に取った半休、かつ仕事用のお弁当を船で食べたこともあって、日常と非日常がシームレスに繋…

t_ka:diaryは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。