志太地区

カナキン亭本舗 藤枝本店:メンマラーメン

今日もまたお昼ごはんは外食。ちょうどJR藤枝駅前にいた頃にお腹が空いたので、何十年ぶりかのカナキン亭へ行ってみた。先日読んだ本に「メンマラーメン」なる料理が載っていて、そういえばカナキン亭にあったような気がした(そして実際にあった)ことも、…

島田市のタヌキケーキ

なんだか昨日は色々あって、今日は寝坊してしまった。外は雨で出かけるのも億劫。まだ出たままの冬服を少し片付け、着るのかどうかわからない厚手のシャツをクローゼットの隅に押しやる。読んだ本をまとめて車に積み込み、いつでも気が向いた時に売り払える…

追加でカヌレの日

今日もまた天気が悪い。家事を少し片付けた。家族が検査入院*1をしたので、必要なものを届けた。病院では待ち時間が長く、廊下でパソコン仕事が捗った。友人の代わりに確定申告も済ませた。自分のこと(休日らしいこと)はほとんどできなかった。 これでは駄…

たいやきフライデー

大変な金曜日だった。仕事がぜんぜん捗らない。気分が乗らない。なので、頭の中で映画「シン・エヴァンゲリオン*1」を再生しながら手だけを動かしたのだが、そういうことをするとさらに捗らないのだった。 しかし自然現象である時間の流れは人為とは関係なく…

昼に食べたよ朝ラーメン

静岡県中部のベッドタウン、藤枝市には名物のラーメンがある。名物といっても一向に流行らないが、それでも地元に根付いた味だ。一般に「志太ラーメン(藤枝ラーメン)」と呼ばれている。 この種の名物外食によくある話だが、元はいくつかの小さな店舗が当た…

チョコレートとスコーンとパンデピスとコーヒー

おやつを藤枝市の焼き菓子店「テンテンカシテン」で食べた。サイクリングの寄り道、そして昨日までの頑張りに対しての自分からのご褒美。 今日の日記はこれでおしまい。いささか短いので、食べたものを書いておく。甘いもの数種類のプレートがバレンタイン仕…

ひとりサントノレ

今日のおやつはボクゥボクゥ(藤枝市)のサントノレとカフェオレ。日本だと冬場によく見かけるのは、湿度に弱いからだろうか。 かりかりさくさくした焼き菓子がおいしい店だから、シュークリームを飴で固めたようなこのフランス菓子も、もちろん良い感じ。 …

今年最初のチーズナン:焼津市のガンジー

焼津市方面を移動中に昼食の時刻となった。焼津で何を食べるのかを考え、インド料理にした。以前「焼津でインド料理なら『ガンジー』に限る!」と、ある人に教えていただいたのだ。 僕も同感である。なかなか行けないけれど、好きな店だ。ナンとカレーの店な…

甘い鯛と島田宿

家の用事で島田市へ出かけた。何年ぶりだろうか。といっても、島田市の中心街は、もう何年も大きな変化が無い。街の規模や勢いに比べると不自然な程に、電柱地中化や再舗装や遊歩道の整備が行われている。土蔵や商家のような、なんというか「和風」っぽくア…

藤枝市「シラハタ製菓」の黄金まんじゅう

今日もいろいろ大変だった。お風呂には入ったし、後は寝るだけ。だけど身体は満身創痍。 昨日に続いての大掃除により、既に筋肉痛の兆候が出ている。明日はもっと酷いだろう。そして埃っぽい場所での作業により、鼻風邪と喘息、なぜか肘の裏側に発疹と、さま…

奈良漬けと鯛焼き

近所の人から、おいしい奈良漬けをいただいた。家族で好んで食べるのは僕だけ。だから独り占め。好物だが基本的に自分では買わない。だから、というわけではないが貰うと嬉しい品だ。親類縁者・友人知人に奈良県の関係者がいないこともあり、普段はめったに…

キャノンのチーズバーガー

焼津市の古い商店街にある喫茶店「キャノン」に行ってきた。ここは絵に描いたような古い喫茶店。焼津市の名店といっていいだろう。 今日は少し遅めの昼食を食べた。 選んだのは、チーズバーガーとフライドポテト、そしてホットコーヒー。セットメニューのよ…

シュガーバター・クレープとねずみくんのチョッキ展

藤枝市の郷土博物館で開催中の「ねずみくんのチョッキ展」に行ってみた。入場してから気がついたのだが、僕はこのシリーズのことをほとんど知らない。少なくとも子供の頃には愛読どころか存在も知らなかった。大人になって、絵本専門店などに出入りするよう…

パンと塩とこしょうと肉と

気持ちよく晴れてはいるけれど、風が強かった。静岡県の秋冬は、この風が厄介。普段の生活は車だから大した問題はないけれど、趣味で自転車に乗る人間としては面倒この上ない。 今日も長距離は諦めて(さらにいうと海沿いの長い道も諦めて)焼津市と藤枝市を…

栗のおやつ 藤枝市テンテンカシテン

ぱっきりと晴れた火曜日。 自転車の調整をした確認も兼ねて、藤枝市の山のほうを走ってきた。ここから先は山、という場所にある焼き菓子とカフェの店「テンテンカシテン」で、早めのおやつを食べた。 初めて注文する、焼き菓子のプレートというセット。コー…

今日はアイスクリーム・クッキー・サンドイッチを。

地面が乾いたので外出したら、出先で雨に降られた。通り雨でも、泥除けの無い自転車にはつらい。跳ねた泥水が背中に飛んでくるのだ。 取り外しできる泥除けも持っているのだが、持ち歩いているわけではない。こういう時は諦めるしかない。 Onvian 自転車フェ…

藤枝市のテンテンカシテン

昨日もにわか雨、明日も雨。というわけで晴れている間に自転車に乗る。なにしろ運動不足なのだ。旅で痛めた足のリハビリも兼ねている。ゆっくりと足を動かす必要がある。 今日は藤枝市の駅前から山間部を走ってきた。のんびり走れば楽な平地ばかり。河川を跨…

栗は良い、秋は良い。

今日の(午前中の)おやつは、藤枝市の「ボクゥボクゥ」で食べた。カフェオレを1杯と、栗のサントノレ*1。サントノレは親戚の結婚式でも食べたし、清水区のほうで売っている店もある。ただ、飴でがちがちのべたべたになっていて、おいしいけれど「一般的では…

靴、つけ麺、かき氷。

新しく靴をおろした。気に入って履き続けた靴がそろそろ古びてきて、ちょうど同じものが割引されていたので買っておいたのだった。もう同じ品は製造されていないようなので、貴重な品ではある。かといって、ネットオークションに出るような品でもない。そも…

まっしろノワール

友人に印刷物の制作を頼まれた。とりあえず打ち合わせ、と予定を合わせていたのだけれど、会うのは止めることにした。お互いに家族もいるし、友人は飲食店を経営している。無用の感染リスクは避けよう、と決めたのだった。世間の基準からすると、やや神経質…

代用沖縄:ブルーシールアイスクリーム

故あって*1JR藤枝駅の北口側を徒歩で散策した。良い運動にはなったが、今日もまだまだ暑い。自転車と違って爽快感に欠けるのもつらい。 しかし徒歩だからこそ、落ち着いて眺められる風景もある。人混みを避けて裏通りへと進んでいくと、前後左右に誰もいない…

ハンバーガーショップ・キャノンのホットケーキとアイスコーヒー

焼津市を散策してきた。おやつは老舗喫茶店「キャノン」のホットケーキ。 まさにホットケーキ、といった雰囲気のホットケーキ。かなりみっしりしていて、食べごたえがある。バターをたっぷり溶かして、ゆっくりと食べていく。古くて小さな店ではあるけれど、…

実家のまわり

夕方に実家周辺を散歩してみた。普段の外出は専ら自動車。自転車も車に載せたままで、基本はホビー用途。だから帰省しても実家暮らしを再開しても、家の周辺は意外と知らない。 今日は文具類の買い出しのついでに、小学生時代の行動範囲をまるごと歩いてみた…

通り雨とグレープフルーツ・かき氷

書店で久しぶりに紙の本を買う。そして、焼津市まで行き「鯛焼きあおば」でかき氷を食べた。 せっかく「あおば」にまで足を伸ばしたのだからと、この店ならではのものを、ずいぶんと悩んで選ぶ。この店では、いつも悩んでいる気がする。 今日は「生グレープ…

静岡県水産技術研究所 展示施設「うみしる」

表題の施設に行ってきた。焼津港の一角にある、小さなPR施設。県の水産研究所のお仕事を紹介しつつ、地域住民に海と水産について学んでもらおう、といった目的の場所だと思う。 だいたい、こういう施設は似通ったものになる。飾りを兼ねたタペストリーがあっ…

コーンクッキー南米ふう

雨は降らないが、雲は低い。近くに見える山の上半分が雲に隠れていて、街全体が暗い。こういう日に傘無しで外出するのは、ちょっとだけ気疲れする。自転車なら尚更のこと。 やがて満ちてくる光の 作者:香歩, 梨木 発売日: 2019/07/29 メディア: 単行本(ソフ…

大井川を、走る。

久しぶりの晴れ。でも昨日より涼しい。というわけで自転車に乗ってきた。 車を出して、島田市の蓬莱橋(日本最大の木造橋)のたもとまで行く。ここがスタートでゴールとなる。 大井川の河川敷は、かなり広い。野球場や公園やサッカーグラウンドが整備されて…

雨雲の切れ間に宇治金時を

ようやく雨が止んだ。雨雲レーダーの予想によれば、昼間の数時間だけ雲が消える。また夕方から雨になる。 というわけで、各種の役所手続きから買い物まで済ませてきた。 おやつは宇治金時の気分。 今年最初の宇治金時は、焼津の「あおば」で食べた。これを食…

しょーがっこーのどーそーかい

小学校の同窓会に参加した。 正月で帰省している人が多いのか、なかなかの参加率。1学年に2~3クラスしか無い学年だった*1こと、そして数年前にも同窓会を開いているので、ほとんどの顔がわかる。でも名前が出てこないあたり、加齢を感じる。 同窓会に参加…

激動の2018年

振り返ると「変化」これに尽きる2018年だった。 新しい仕事に就いて数ヶ月で迎えた正月、1月2月3月と出張続きで始まった。今思うと滅茶苦茶な職場だった。たった数人の社員全員が素人、学びながら助け合いながら試行錯誤して““会社のかたち”を築いていった。…