SF

静岡県立美術館「富野由悠季の仕事」展

お土産で猪の塩漬け肉をいただいた。夕食に焼いて、薄切りのタマネギとともに食べる。残った脂で目玉焼き丼も作る。おそろしくおいしい。なんだこれは、と驚いている。 それから片付けをしたのに、キッチンに獣の匂いが残っている。換気扇は「強」にしていた…

映画「TENET」と富士宮やきそばの話

疫病による自粛のために使えないままだった映画の無料券を使いに、静岡県東部のシネコンに行ってきた。無料券自体は四国暮らしの時に手に入れたもの。届いた翌日から、全ての映画館が閉館となってしまった。使用期限は何度も伸びたが、たぶん今月末が本当に…

映画「リトル・ジョー」

映画「リトル・ジョー」を見てきた。 映画の説明は、静岡シネ・ギャラリーの文章がわかりやすい。引用する。 シングルマザーの研究者アリス(エミリー・ビーチャム)は、幸せになる香りのする新種の植物リトル・ジョーを開発するが、仕事にのめり込むあまり…

ダブルチーズケーキと、苺とカシスのタルト

まだまだ続く、かつての行きつけの店への再訪。今日は小梳神社近くの「MARIATHANK」に行ってきた。 静岡の街中で紅茶とケーキならここ、という個人的定番の店だから、椅子に座るだけでほっとする。まだ昼過ぎでお客さんの少ない時刻だった。一応、常連なので…

映画館で見る「風の谷のナウシカ」 #ネタバレあり

今、映画館でスタジオジブリ*1の特集をやっている。新作映画の公開が滞っていて、それなら過去の名作をと企画されたもの。 トトロの住む家 増補改訂版 作者:宮崎 駿 発売日: 2011/01/29 メディア: 単行本 ちょっと興味があって、「風の谷のナウシカ」を観て…

さよなら5月

まだ明け方にもならない時刻に目が覚めてしまった。理由はわからない。少し暑く、変な夢を見ていた気がする。そして不思議な空腹感がある。無視してもいいが、気にはなる。それくらいのお腹の空き方。 もう起きてしまおうか、ととりあえずトイレに行きながら…

マスク届く・マスク貰う

実家からマスクが届いた。両親の住む実家は、マスクに限らず災害時の備蓄が充実している。 これは「いつか来る」と言われ続けている東海大地震に備えてのものであり、あの東日本大震災で危機感と備蓄体制がさらに高まった結果でもある。平均よりは上かもしれ…

11個のおにぎりと、ケーキとコーヒーとSF小説。

朝からきちんと元気に家事をこなした。もちろん月曜日からはじまる寮暮らしのための準備ばかり。 ご飯を合計で6合炊き、大半を冷凍おにぎりにした。じゃこ天、ごぼう、ねぎ、人参などを濃いめの「けんちん汁」風に煮て、これも冷凍にする。取り分けて少し薄…

マイナンバーカードのオンライン申請と、量の多いラーメン

マイナちゃんの「マイナンバー制度の安全対策紙芝居」 ふと思い立って、マイナンバーカードを作ってみた。オンラインで申請できる、と聞いたことがあるので、顔の画像などを用意してから調べてみたら、窓口に行けば「担当者のサポートの下、オンライン申請が…

ほぼ空白の日。

びっくりするくらいに運動不足の日だった。 昨晩はどういうわけかまるで眠れなくて、明け方まで起きていた。その後、昼前まで寝てしまった。 そこからもう駄目な感じだった。食事はきちんと作って食べているけれど、あとはAmazonの動画配信サービスで映画を…

新型コロナウイルス対策フェア・アカエイのスープ

昼間は寒く、夜はそれほどでもない。昨晩に降った雨で地面が濡れていて、自転車での外出ができなかった。知人宅に届け物をして、ついでに図書館へ寄った以外は、ほとんど家で過ごしていた。 Twitterなどで話題になっていた「トイレットペーパーの買い占め」…

映画『AI崩壊』と柑橘ピール

映画『AI崩壊』を観てきた。予告編からして駄目な感じの作品だが、実際に観たら本当に駄目だった。招待券が当たった*1からこんな内容でも我慢できたのだけれど、無料だから途中で退席しようかと何度も思ったことも確かだ。 いや、酷い映画も嫌いじゃない。話…

讃岐うどん屋の中華麺と、スイートスプリング。そして宮脇書店。

讃岐うどん屋のつけ麺 製麺所が経営(あるいは併設)している讃岐うどん店では、中華麺や蕎麦(すごく太い)を扱っているところがある。そういう製造直売環境ではなくても、お客さんの要望に応えるために、うどん以外の麺が選べる店はあちこちにある。このあ…

文旦と干し柿(&バター)

文旦 1月も中頃となると、お店に様々な柑橘類が並び始める。静岡も柑橘類の産地だが、四国ほど種類は多くない*1。見慣れないフルーツが1個からスーパーマーケットで買える、しかもお手軽価格。一人暮らしの冬の楽しみとなっている。 そして今日は久しぶりに…

チーズナンと椎名林檎のセンス・オブ・ワンダー!

今日はインド料理屋に行ったんだ。急にチーズナンを食べたくなったんだよ。他に何処でチーズナンが食べられる?自分で作るにはタンドールから用意しなきゃならない。少なくとも四国でチーズナンを食べたかったら、何処かのインド料理屋に行かなきゃありつけ…

地球照とカレーうどん

遅めに起床、朝食は食べなかった。 お昼ごはんは外で済ませた。カレーうどん専門店っぽい看板の、でも実際は普通の讃岐うどん店。といってもメニューの中心にはカレーうどんが据えられている。なので僕もカレーうどんを注文した。 カレーたまご肉うどん 天ぷ…

暖かくて眠くて食べるものが少ない

帰省を視野に冷蔵庫の中身を減らしている。明日がゴミの日なので、冷凍品から乾物まで様々な食材のチェックも行い、古いものは捨てることに。とはいえ、食べてお腹を壊しそうなものは11年前の缶詰パンと、冷凍庫の奥にあったミョウガくらい。食材に関しては…

映画「スター・ウォーズ」を観た。

キリスト教徒にとって、クリスマスイブは夜から始まるのだという。教会の日付が夜に切り替わるから、らしい。 そんなわけで(どんなわけだ?)日没後に「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」を観てきた。 内容は書かない。僕はとても感動した。 い…

明日は平成の日

普通の日曜日、普通の休日。 手袋を買いに外出した以外は、ほとんどアパートで過ごした。やることは沢山あるが、まるで進まず。図書館で借りた本*1と、Amazonの電子書籍を交互に読んでいるだけで時間がどんどん過ぎていく。 外は雨、そして寒い。昼間で10℃以…

このスリッパはウォッシャブルです。あなたは洗濯することができます。

今夜はつま先が寒い。1組(1足?)しか無い冬用のスリッパを、先ほど洗ってしまった。 連休中はひたすらだらだらしていたのに、今日は帰宅後にカーテンも洗ったし、レザークラフトの仕込みもした。そして先ほど、お風呂掃除のついでにスリッパも洗ってしまっ…

状況シナモン

晩ごはんを作っている時に、棚からスパイスの小瓶を落としてしまった。紅茶を淹れたときに簡単にチャイにできるように、シナモンにクローブやジンジャーパウダーを混ぜてある自作のミックススパイス。毎日使うから、たまに変なところに置いてしまう。そして…

パフェとうどんの誕生日

今日は誕生日。タモリとみのもんた、それから鄧小平が同じ誕生日だ*1。子供ではないのでパーティなどはしない。そもそも平日に集まってくれるような友人が、この土地にはいない。 讃岐うどん 遅めの朝食を食べに「さぬき一番 一宮店」へ行く。ここは讃岐うどん…

宇治金時と、もなか。

車で移動中に気になった古い町に行ってみた。歴史景観保護地区という程では無いけれど趣のある建物が並ぶ道。歩道もアーケードも無いから商店街ではないけれど、床屋や酒屋や飲食店が建っている。銭湯もある。空襲を逃れたような家も残っている。 そして海が…

上等なうどん、鶏天とチク天。

Macにインストールしている天気予報アプリはレスポンスが良すぎる。ちょっと予報に変化があると、すぐに通知をしてくる。 それだけなら煩いだけだ。でも、ずっと晴だった予報を、ぽつりと雨が降り始めた瞬間に書き換えるのはどういうわけか。それは現状を伝…

映画「天気の子」とパンケーキ

天気の子 マイナーな頃から追いかけていたアーティストがメジャーになった経験はあるだろうか。ロックバンドでも絵描きでも役者でも、彼らが「みんな」に知れ渡る存在となった事は嬉しいのだけれど、マイナー時代にあった「味わい」が消え失せてしまいがっかりし…

ある程度は人工的な鶏肉と鶏ハム

ようやく自分なりの鶏ハム製作手順が確立した。なるほど経済的かつ便利な食品だ。冷蔵庫に常備しているわけではないけれど、あると安心、そういう品になっている。冷凍に耐えるのも自分の生活に合っている。 作り方については、特にここで書く必要を感じない…

つけめん、みたらしだんご、ガラパゴスTシャツ。

つけめん 前に仕事でお世話になった方から連絡があった。「近くまで来た、海老つけ麺を一緒に食べよう」とのメッセージ。急いで支度をして、お店で待ち合わせて「海老つけ麺」を食べて、解散する。 この人の連絡はいつも明瞭だ。先日は「炒飯と餃子を食べに…

えびせんべいを電子レンジで作る日曜日

夜にライブへ行く予定があって、それを基準に1日を過ごしていた。つまり、中心街に行く用事は夕方以降に回し、午前と午後は家事に専念、万が一の来客に備え*1部屋の片付けを念入りに行い、放置していた本の整理なども済ませた。 しかしライブは来週末の夜だ…

床さえ綺麗ならば

今日は(昨日に引き続き)本当に何もしていない。非生産的にも程がある反省すべき土曜日だった。 特に午前中。寝て起きて食事して読書して二度寝したら昼になっていた。「ああもう」と思って午後も数時間だらだらする。何が「ああもう」だと自分を罵りながら…

映画「海獣の子供」と、餅入りうどん

実は五十嵐大介氏の漫画は苦手だ。好きな作品はあるし*1、新作が出たら読む。でも、あの「ナチュラル&スピリチュアルSF」な雰囲気にはどうにも馴染めない。科学と自然回帰を上手い具合に超常現象と混ぜてはいるものの、どうにも「南の島でヒッピーっぽい生…