Art

岡崎市美術博物館 マインドスケープミュージアム

今日は概ね順調。書くべきことは少ない。 というわけで、昨日行った場所のひとつ、岡崎市美術博物館マインドスケープミュージアムについて書く。 岡崎市の大きな公園のなかにある有名なミュージアム、しかし美術博物館というのは珍しい呼称だ。展覧会の内容…

映画『ボイリング・ポイント/沸騰』

家族の入院に関する諸々のために静岡市の中心街へ行き、自由になったのが夕方。見たかった映画にちょうど間に合ったので、気分転換も兼ねて鑑賞してきた。 といっても、楽しい気分になれる作品ではなかった。タイトルは『ボイリング・ポイント/沸騰』。原題…

富士山かぐや姫ミュージアム・歴史民俗資料館

昨日に引き続き、静岡県東部の富士市へ出かけていた。生憎の曇り空で、富士山はほとんど見えない。でも日差しは穏やかで、空いた時間に散策をするにはちょうどいい。 最近は、出かけた先の市民公園的な場所を歩いてばかり。車を持つ老人っぽさがすごい。 そ…

資生堂アートハウスに行ってきました

昨日までは県の東部、そして今日は静岡県西部へと、なかなか忙しい日々。 例によって昼頃に暇な時間ができてしまうお仕事。さてどこに行くのかと思案の後、今は週の後半しか開いていない資生堂の私設美術館「資生堂アートハウス」に行くことにした。 goo.gl …

三重県の菰野町

かつて三重県の四日市市に住んでいたことがある。今でも友人知人が多い土地だ。特に、菰野町のカフェ「Snug」はお気に入りで、西日本に向かうときには必ず立ち寄りたい場所だ。 というわけで、一昨日に岐阜の養老天命反転地に行った後は、わざわざ三重県まで…

岐阜「養老 天命反転地」

昨日に訪問した岐阜の養老公園、その一角にある「天命反転地」について書く。 なかなか説明しづらい施設だ。公園サイズの巨大なアート作品(テーマパーク)なのだが、似たものを思いつかない。とはいえ、かなり有名な場所だから概要を知っている人も多いはず…

三重県と岐阜県に行ってきたよ

日帰りで、三重県と岐阜県に行ってきた。静岡県から出発したので、当然ながら愛知県にも行ったのだが、ほぼ通過。気持ちとしては、三重と岐阜への旅だった。 順番としては、まず岐阜県、そして三重県。 岐阜県での目的地はひとつ、「養老天命反転地」である…

甲府の「山梨県立美術館」で、フランソワ・ポンポン展を。

昨日の体調不良は、夜中に口内から唇にかけての腫れが、そして朝には特大の口内炎が発生し、収束した。その口内炎も午後には気にならない程度に落ち着いた。嵐のような、アレルギーあるいは食あたりだった。 さて、数日前に行った甲府について、引き続き書い…

大展示室展:静岡県立美術館

久しぶりに友人と会う。今日は静岡県立美術館に行ってきた。 大改装を終えた県立美術館は、次の企画展の前に、がらんどうの美術館を見せるという面白い企画展を行っている。今は常設作品も無くて、芸術作品といえば屋外展示や別館(ロダン館)の彫刻だけ。そ…

映画:ゴヤの名画と優しい泥棒

静岡市葵区のミニシアター「サールナートホール シネ・ギャラリー」で、映画「ゴヤの名画と優しい泥棒」を見てきた。 自分としては珍しく、終盤でじわりと泣いてしまった。周りの人達は、それほど”感動の嵐”といった雰囲気ではなかった。それに、自分も「こ…

クリスマスイブだから

静岡市の南部へ用事があって、ついでに登呂遺跡周辺を散策してきた。登呂遺跡の敷地内にある芹沢銈介美術館*1に行ってみようと足を伸ばしたところ、先週くらいから1月前半までは休館という。メンテナンスや展示入れ替えのため、少し長めの休館をすると書かれ…

白菜スープとハロウィンケーキ

相変わらず白菜が安い。近所にできた巨大な農産物直売所でも、大量に並んでいた。「みかん」と「柑橘類」の棚が「果物」とは別にあるくらいに柑橘農家の多い土地ではあるが、今日は白菜や大根だけの売り場が最も広かった。普段は老人しか買わないラインナッ…

パサディナ・ハイツ

今日は日記ではなく、先日行った場所について書きたい。縁あって函南町の「パサディナハイツ」を見学できたのだ。 あの「メタボリズム」の提唱・推進者であった建築家、菊竹清訓の作った集合住宅。日本経済が元気いっぱいだった時代に、これからの生活空間と…

熱海 MOA美術館

もう一週間前になる熱海への観光旅行。2日目に訪れたMOA美術館について書く。 子供の頃から数えると3回は行っているMOA美術館。今は当たり前になった、建築物そのもの、あるいは見える景色や建物の規模にも価値を置いた美術館。いや当時だって美術館の設計と…

ATAMI ART GRANT 主に熱海「ニューアカオ」散策

一昨日は熱海を旅行していた。主目的はアートイベント「ATAMI ART GRANT」。熱海の各所に展示されている現代アートの作品を楽しむ、いわゆる芸術祭だ。古い観光地である熱海ということで、展示場所も温泉地ならではの場所だったり、あるいは閉店した観光施設…

旅が終わって

熱海・熱川の1泊旅行、無事に終了。帰宅は数時間前だったが、しばらく荷解きもせずダラダラしていた。 お風呂に長く入り、ミカンとビタミン剤を摂取し、足の筋肉をもみほぐしていた。ちなみに風邪や疲労回復にビタミンCの効果は無いそうだが、こういうものは…

映画「TOBE/トーベ」と、鷹匠の「アンアン」ピザハウス

金星も木星も明るい水曜日。土星らしき光も見える。それほど寒くはないけれど、風が強くて大変だった。少しだけ風邪気味。 www.youtube.com さて今日は映画「TOBE」を観た。素敵な作品だった。 あの「ムーミン」の作者であるトーベ・ヤンソンさんの半生を描…

古本市・見ていないと動かない

古本市 静岡市葵区で開催中の古本市に行ってきた。年に何回か「鈴木邸」という古民家(?)で開催されるイベント。古本屋が数軒と、パンやケーキのお店、それにコーヒーやカレーの店も出店する。 小さな絵本と、古い観光本を買った。帰宅して我に返ってから、特…

平行四辺形ドライブと村上Tシャツ

また頭痛がひどくなってきた。極力普段の生活を続けるようにと医者は言う。とはいえ外は暑いし、家の中でパソコン仕事をするのも肩と頭が痛くなるので、気分転換にドライブをすることにした。 とはいえ目的地は無い。ちょうど、遠方の親戚の家に(急ぎではな…

浜松駅前散策 浜松市楽器博物館、天丼、その他

仕事で浜松市を訪れた。駅前の中心街に行くのは何年ぶりだろう。同じ静岡県でも、中部地方に住んでいるとずいぶん遠い土地である浜松、静岡とは違う趣がある。 駅前はずいぶんと寂れていた。タワーマンションは増えたし、電柱地中化や道路の整備も進んでいる…

久能山東照宮に登る

数時間の空きができた午後、久能山東照宮に参拝してきた。駿河湾を望む崖の上にある古刹にして名所、あの徳川家康が祀られている神社である。有名な日光東照宮に骨が移されてからも、権現様の社として特別な場所となっていたそうだ。僕が子供の頃にはたくさ…

葵区ARTEN「版画のある部屋へ 3人の作家展」と、桃のシャルロット

Exhibition「版画のある部屋へ 3人の作家展」 友人に勧められて、静岡市葵区の追手町にあるイベントスペース(ギャラリー?)で開催中の三人展を覗いてきた。 時間の都合で長居はできなかったけれど、とても良い時間を過ごせた。 キノマホ氏、須藤萌子氏、そし…

直島や豊島なら現代アートですよ

雨が降る前に少し自転車で散策。昨日に見つけた「タコ滑り台」のある公園へ行ってみた。 改めて見ると変な造形物である。これ、直島や豊島に設置されていたら、絶対に現代アートである。この誰も来ない公園でも、小さな説明パネルを設置したら、誰かが写真を…

かざはなサイゼ

昨日に引き続き、気温が低く風が強い。街には様々なものが舞っていた。美容院のタオル、ラーメン屋の看板(ビニール製)、稲わら、ゴミ捨て場のカラスよけネット。文具店の外にあった印鑑の回転ケースも道路でくるくると回っていた。ところどころで車が急停…

三島市 佐野美術館と「原田治 かわいいの発見」展

今日は平穏無事で日記に書くべきことは何もない。なので昨日行った佐野美術館について書く。 佐野美術館、三島市の有名な市立美術館。戦前に活躍した三島市の実業家で篤志家の佐野氏が自身のコレクションを展示するために作った、と聞いた。正面入口は古い公…

三島市を自転車で

仕事で三島市へ行った。 自分の住む静岡県中部から見ると東の果てにある。伊豆半島の付け根、沼津市と共に県東部地方の中心地といった印象がある。 仕事ではあるが、多少の空き時間があったので、自転車(今日はSTRIDAを車に積んできた)で中心街を巡ってみ…

静岡県立美術館 ムーミン展

一昨日行った静岡県立美術館の企画展、「ムーミン展」が良かったので書いておく。今日はほぼ家篭もりで書くべきことはほとんどない。買い物で外出したときに、想像していたより街に人がいたことが印象に残っている。幹線道路は渋滞し、ファミリーレストラン…

ムーミンの前にラーメンのはなしを

仕事で静岡県東部に行き、また中部に戻ってきた。ちょうど昼前、そして数時間の空き時間ができた。 行きたかったけれど混雑が嫌で後回しにしていた県立美術館の「ムーミン展」のチャンス。雨が降っているし平日だから、それほど混まないはず。 というわけで…

フェルケール美術館 企画展「文字とデザイン」

静岡市清水区のフェルケール美術館に行ってみた。お目当ては企画展の「文字とデザイン」。常設展示も、ずいぶん昔に見ただけだから、この機会に楽しむつもり。 ここは清水区発祥の会社「鈴与」の美術館*1。企業が文化活動にお金をかけていた最後の時代、平成…

神長官守矢史料館

神長官守矢史料館について書いておく。 先週の山梨県訪問のついでに立ち寄った、長野県南部の小さな史料館。あともう少し北上すれば諏訪湖、すぐ近くには諏訪大社の上宮もある。 神長官守矢史料館 (建築リフル) 作者:藤森 照信,内田 祥士 メディア: 大型本 …

t_ka:diaryは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。