生活

犬島のことが今日は書けない、鰹のたたき3人前、マリネふう。

僕は、とても小さな会社に勤めている。名刺の肩書きは「総務」で、その名の通りあらゆる仕事をする。実のところ営業的な仕事もするし、制作や納品も行う。社長の縮小版といった日々を送っている。ファンタジーRPGならば、剣も魔法もそこそこ使える器用貧乏な…

冷蔵庫マネジメントとラム湯と寝不足とお弁当

冷蔵庫の片付け 毎日の食事とお弁当のために作り置きをする惣菜が冷蔵庫の容量を圧迫しつつあった。日持ちがするものは、たくさん食べないものでもあることが多い。マリネや漬物を作っても、元より長期保存のレシピではないため、「食べられるけれど衛生上の…

真空断熱湯飲み

昨月に仕事用で購入したカップがとても使いやすいので、自宅用にも買ってみた。近所のイオンで買ったにもかかわらず、Amazonでも「あなたにおすすめ」とサジェストされる。Amazonの分析能力が凄いのか、それとも僕の購買傾向が単純なのか。 とにかく最近の買…

雨と映画と高野豆腐

朝から雨。なるほど瀬戸内海の気候だ。子供の頃に学んだことを実感する毎日である。知識はウィキペディアと図書館で補強したが、学校で教わらなかったらここまで鮮明な“違い”は見出せなかったと思う。ある種のお勉強には、そういう効能がある。 せとうちスタ…

ペットボトルと税のお勉強とプルコギ弁当とそれから。

手元に未開封のペットボトル入り緑茶が2本ある。今日は経理や財務管理の講習会に2回も出席して、その両方でお茶を貰ってきた。どちらも伊藤園の「おーいお茶」、ちなみにメイドイン静岡だ。 【Amazon.co.jp限定】 伊藤園 おーいお茶 濃い茶 2L×9本(イージー…

屠蘇ソーダ

高校受験の為に通っていた予備校の講師がこんな事を言っていた。「物事をシンプルにするには、自分が動くのが一番」なるほど一理ある。しかし僕の好む行動原理ではない。当時は「なるほど。暑苦しい考え方だな」と考え、そのまま記憶の箱に放り込んで活用し…

地味曜日

せっかくの休日だが、ちょっとだけ風邪気味。このまま体力を無駄遣いすると熱が出そう、そういう警告が喉の奥、口と鼻の合流部から感じ取れる。 というわけで地味に、そして怠惰に家で過ごした。連休ばんざい。こういう状況で余裕のある行動ができるのは3連…

楽で驚いた1時間

出社時刻が普通の会社より遅い今の勤め先、でも1月は仕事が多くて*1基本的に1時間ほど早く出勤していた。それでも一般的なオフィスワークと同程度、工場などはもっと早くに始業時間がある。それにくらべればのんびりした通勤だ。僕の場合、通勤時間が短く、…

へちま文庫。防刃手袋の必要と、もう眠るしかない夜に。

へちま文庫 高松市は古本屋が(街の規模に比べて)多い気がする。勤め先の周囲にも何店舗かあるし、郊外にもある。昔ながらの古書肆ではない、若い人達のカルチャー(サブカル)スペースとしての古本屋さん、カフェや雑貨もあるそれが身近にあるのは素直に嬉…

ふぐ鍋を作る

日本産フグ類図鑑 作者: 松浦啓一 出版社/メーカー: 東海大学出版部 発売日: 2017/03/22 メディア: 大型本 この商品を含むブログを見る 今日の夕食はフグを食べた。料理屋さんの高級なトラフグではない。香川のスーパーマーケットには、安いフグがよく売られ…

映画と小説とAランチ

午前中は映画館に行った。高松市の街にあるミニシアター「ソレイユ2」で「ア・ゴースト・ストーリー」を観てきた。 期待以上に素晴らしい映画だった。たぶん予告編だけで「観たほうが良い人」とそうでない人を峻別できる。前者にはおすすめ。 最近は以前のよ…

量産・天丼・ばれた・お風呂・書籍

量産 数日前に作った「磁石+ボトルケージ」の量産体制に入った。仕事の知り合いから“発注”があった。友人知人ならば材料費+100円で制作を承ります。 Zefal(ゼファール) ボトルケージ クラシックボトルケージ [Classic Bottle Cage] 80g 革付 スチール製 17…

ドライヤー(っぽいもの)を購入した

独り暮らしを始めてから2ヶ月ほど経つ。今までドライヤーを持っていなかった。普段は自然乾燥に任せていて、特に不自由は無い。でも、朝にシャワーを浴びることもあるし、急いで髪を乾かしたい時もたまにある。それ以上に、工作道具として熱風を出す機械があ…

とても雑な中華粥と、地味なお弁当と。

独り暮らしと中華粥は相性が良い。手間をかけずにまとまった量が作れるし、冷蔵や冷凍で保存も効く。炒め物や濃い味のおかずとの相性が良いことも忙しい独身の平日にぴったり。今の勤め先は出勤時刻が遅い。お腹が空くのを待っていると、昼食がずいぶんと遅…

キッチン用ボトルホルダー(ボトルケージ)の試作

こういうものを作っている場合ではないのに、という状況で妙に捗ってしまう工作や創作物が世の中には存在する。 例えば、今日作ったこのボトルホルダーがまさにそれだ。 余っていた自転車用ボトルケージと、工作素材箱の中に転がっていた穴開きマグネットを…

オフィス街のお弁当

職場の周囲は飲食店が多くて、しかも安い店もずいぶんあるので重宝している。でも毎日外食というわけにもいかないし*1、職場で手早く済ませたいこともある。 昼にだけ開くお弁当屋さんが近所にあって、同僚達が薦めるので、今日はそこで買ってみた。 いわゆ…

復活の日

仕事中はまだ喉の奥に風邪が残っている感じがした。帰宅してお風呂に入って身体を入念に洗い、鼻をしっかりかんで、熱いお茶を飲んでから歯磨きをしたら、ようやく「悪いものが全部出た」感じがして、肩の力が抜けた。もちろん錯覚なのだが、もう鼻もすーす…

IKEAの家具はオイル仕上げで

朝、職場に行って荷物を置いてきた。実家に保管してあって、後は捨てるだけという事務用品や収納用品を寄贈することにしたのだ。買っても良いのだが、このほうが手っ取り早い。ゴミも減る。小さな会社ならではの工夫。しかし当然ながら、静岡から四国への移…

IKEAと野菜と多肉植物

静岡から四国へ戻る。特に渋滞は無し。予定通り、神戸のIKEAに寄って買い物をしてきた。 いつもながらIKEAは疲れる。友人知人と行くより1人のほうが楽だが、出費は増える傾向にある。支払いの後に反省し、夕食はチーズ・ホットドッグと飲み物のセット(250円…

こういうものが食べたかったのでした。

今日は「帰り支度」の日。昨年の引っ越しで実家に残してきた様々な品を取捨選択して車に積む。多くは趣味のもの。レザークラフトや本、工具や電気器具の類。 しかし1ヶ月と少し前には、僕はまだ静岡にいたのだ。自分はかなり長い期間を高松で過ごしている気…

激動の2018年

振り返ると「変化」これに尽きる2018年だった。 新しい仕事に就いて数ヶ月で迎えた正月、1月2月3月と出張続きで始まった。今思うと滅茶苦茶な職場だった。たった数人の社員全員が素人、学びながら助け合いながら試行錯誤して““会社のかたち”を築いていった。…

たぶん今年最後の。

なるほど実家に帰省するというのはこういう感じなのか。すっかり忘れていた。家事はほんの手伝いだけ、あとは自分の時間を過ごしている。本を読んだりシャンメリーを味わう、弛緩した休日。 学生時代から何度も独り暮らしはしてきたけれど、今回のような「年…

Heaven's kitchen

仕事を終えて帰宅して、簡単な夕食を作って食べた。食事中は「もう寝ちゃおうか」と考えていた。お風呂も食器洗いも明日にして、歯だけ磨いて寝てしまう、と。 別に疲れていたわけではないし、眠かったわけでもない。ただ一つの合理として、「早く寝て、早く…

高松市の海のほう、 「Parlor Emerald」と「プシプシーナ珈琲」について。

高松市の海のほう、屋島の辺り、そして普段は行かない造船所やコンテナ埠頭がある辺りを自転車で探検してきた。 自分の住んでいる辺りもどちらかといえば海が近い。近所の川を見れば潮の満ち引きがわかるくらいの土地に住んでいる。 考えてみれば高松の中心…

アカエイばかり食べている

今日のお弁当。 ごはん(+塩こんぶ) 鶏肉照り焼き バターナッツかぼちゃ(蒸しただけ) スパイス漬けキャベツ 椎茸とアカエイと小エビの佃煮 キャベツが安いので、適当に千切りにしてから塩で揉み、その辺にあったスパイスミックスとクミンシードをまぶして…

お弁当生活の開始について

今日から昼ごはんにお弁当を持参することにした。どれくらい続くかはわからないし、たぶん毎日ではない。とりあえず1日目の今日は、肉が足りなかった。 ごはん 蒸したバターナッツかぼちゃ ニンジンとカラムーチョのサラダ ヒヨコ豆とマッシュルームのマリネ…

山盛りのラーメンと、ヒヤシンスのセットアップ。

帰宅時に、仕事で知り合った人達に遭遇した。一緒に簡単なご飯を食べよう、という話になって*1、近くのラーメン屋さんに行くことに。若い客が多い、量と脂が売りのお店。東京でいう「ラーメン二郎」をマイルドにした感じ。屋号は、忘れた。 野菜の量が選べる…

狭い部屋は明るく、広い部屋は暗く。

今日もほぼ1日、生活を整えていた。ようやく「他人を呼べる」レベルに達したが、知り合いが明日から勤める会社の社長しかいないので特に意味は無い。しかし部屋が整理されているというのは気分が良い。片付けというのは指数関数的に進むところがあって、終盤…

パフェとケーキとカフェオレと

旅の片付けは6割ほど終了。洗濯はあっという間。これは「ほぼ夏物、そして速乾素材」がほとんどだったから。ガラパゴスで滞在していた街は一日中しっとりしていて、厚手の靴下がぜんぜん乾かなかった(ホテル=乾燥、という先入観が覆された。)。静岡の秋は…

ヒッチハイカーと神戸 #ヒッチハイク #神戸 #IKEA

一昨日の事を書こう。今思い返しても、希有な体験だった。 静岡県から四国に車で向かう際には、愛知県を通過することになる。最短経路は「伊勢湾岸自動車道」で、三重県に住んでいた頃から自分にとっては慣れた道だ。 ここに大きなサービスエリアがある。「…