よく効くクスリ

f:id:t_kato:20210615231136j:plain

昨日に処方された薬が、本当によく効いている。
夕方にしっかり寝てしまったので夜は辛いかな、と思っていた昨夜もしっかり眠ってしまった。しかも、汗をかいても雨音がしても、隣の家の人達が朝早くに資源ごみをまとめていても*1、暑いうるさいと思いながら浅く寝続けてしまった。

そして、目が覚めたときには意識がはっきりして、肩も頭も痛みがすっかり消えて元気になっていた。
頭痛の時にバファリンの類を飲んで、すうっと痛みが消えたときのような心地よさ。

 

 

でも、これだけよく効く薬である。
心身に変調をきたしていたようだ。

特に大きなトラブルを起こしたわけではない。ただ、スパゲティを作る手順がめちゃくちゃで、フライパンで食材(ベーコンとにんにく)を完全に炒め終えてからお湯を沸かしはじめたり、最後に加えてひと混ぜするつもりのバジルの葉やトマトを入れ忘れそうになったりと、昼食の準備はかなり変だった。

午後には外出した。
せっかくなのでおいしいかき氷のお店に寄ることにして用事を済ませた。
こういう時は、オヤツのセカンドプラン、サードプランくらいまで考えておくのが習慣になっているのだが、今日はファーストプランたるかき氷店が臨時休業していた時点で、次の候補が完全に頭から消えていた。
疲れていると夜のスーパーマーケットで買うものがすっかり"飛んで”しまうことがあるが、その感じによく似ている。
しかも、諦めて帰宅を決めて、もうすぐ家に着くというあたりで「かき氷が駄目だったら、ドーナツを食べるつもりだったんだ」と思い出すのだ。
これはなかなかに辛いものがある。

 

 

今、フリーのお仕事をいくつか請け負っているのだけれど、とりあえず数日間は遅れるつもりでスケジュールを切り直した。そして関係各所に連絡をして、明日と明後日はのんびりと過ごすつもり。家事も家族の入院の世話を中心に暮らす。
幸いなことに、貰った薬は今夜で終わり。明日以降は(調子が良ければ)飲まなくてもいい。気持ち良いくらいにしっかりと効いて、神経化学や生理学ではなくて精神的に依存したくなるくらいに素敵な薬だったが、地味な副作用が怖い。

 

かつて不眠や鬱病で休職していたときは、もっとたくさんの、そしてもっと強力な薬を飲んでいたのだが、あの時はここまで細やかな変調には気が付かなかった。
そういう意味では、今はまだ健康体。だから安心というわけではないのだけれど。

 

 

 

*1:収集日は今日。でも、整理や袋詰めは休日に済ませておいて欲しい…