昼に食べたよ朝ラーメン

静岡県中部のベッドタウン藤枝市には名物のラーメンがある。
名物といっても一向に流行らないが、それでも地元に根付いた味だ。
一般に「志太ラーメン(藤枝ラーメン)」と呼ばれている。

この種の名物外食によくある話だが、元はいくつかの小さな店舗が当たり前に提供していた料理が、いつの間にか“郷土の味”とされたものだ。

特徴は3つ。

  1. 冷たいラーメンと温かいラーメンを提供する
  2. 脂の浮かないあっさりした醤油ラーメンである
  3. 朝食の時間から提供する

1.と2.は関係している。つまり、冷たいラーメンを提供するにあたり、冷めると固まる動物性油脂は使えないのだ。出汁は鶏なども使っているのだろうから、注意深く取り除いているのかもしれない。冷たいラーメンにも油は浮いているけれど、基本的にさっぱりとした味になっている。

3.は地域性だろう。茶問屋の多い地域で、朝早くの取引の前後に供されたと本には書いてあった。昨今は、ラーメン好きの人達があえて楽しみとして、あるいは夜勤明けやパチンコ店の開店を待つ人達が多く使う。

これらの特徴から、地元民でも人によっては全く接点が無いことがある。わりと「いいとこの子」である知人家族も、存在は知っていても食べたことがなかったと言っていた。

冷・温と2つのラーメンを同時に注文する人が多い。
健康志向の人が好む食べ物ではないが、脂と旨味と塩気とボリュームを追求するジャンクフードの極地である街のラーメン屋とも違うあたり、志太平野を越えて流行しない理由ではないかと考察している*1

 

メトロリスボン

メトロリスボン

  • 作者:鷹野律子
  • 発売日: 2021/03/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

f:id:t_kato:20210302223230j:plain

f:id:t_kato:20210302223235j:plain

さて、今日はこの藤枝ラーメンを昼食に食べた。
たまたま入った店が、この藤枝ラーメンの店だったのだ。店名は「麦」。

goo.gl

雨の平日にしては混んでいると思う。人気店なのかもしれない。
確かにおいしかった。
多くの店が「蕎麦屋のラーメン」的な、甘くて塩辛い味付けになりがちなのに、かなり甘さを控えめにした醤油ラーメンになっていた。
冷たいほうだけ酢のような甘味を感じた。これが練りわさびに合うのだ。

小サイズが選べるのも嬉しい。できれば冷・温の両方を楽しみたいけれど通常サイズを2杯はいささか多い。あっさりすっきりした味で、小1杯では物足りないくらいなのがちょうどいい。

今日は時刻の関係で空いていたけれど、店は狭い。相席になってしまうテーブルもあった。
でも、もし「志太ラーメンを食べたい」と連れていくのならば、この「麦」が第一選択になりそう。
すぐ近くにある「まごころ」も好き。いつの間にか移転していた。

 

とびきりおいしいわけではないし、強い個性もない。
なんとか盛り上げようとしても、決してエリアを広げられない。かといって素朴でほっこりを愛する乙女雑誌に載るわけでもない。
そもそも地元の人ですら、ソウルフードになっていない。
そういう食べ物は、それはそれで趣があると思う。嫌いじゃない。

 

52ヘルツのクジラたち

52ヘルツのクジラたち

 

 

お題「ささやかな幸せ」

*1:静岡市で開店して半年で潰れた店があった。いきなり「朝から冷たいラーメンをどうぞ!」と言われても、ほとんどの人が対応できなかったのではないか。