フェルケール美術館 企画展「文字とデザイン」

静岡市清水区のフェルケール美術館に行ってみた。
お目当ては企画展の「文字とデザイン」。常設展示も、ずいぶん昔に見ただけだから、この機会に楽しむつもり。

f:id:t_kato:20210124222835j:plain

ここは清水区発祥の会社「鈴与」の美術館*1
企業が文化活動にお金をかけていた最後の時代、平成の初期に作られた建物は、重厚でモダン。通路や階段がいちいち凝っていて素敵ではあるけれど、特別展示室そのものは狭め。

f:id:t_kato:20210124222625j:plain

f:id:t_kato:20210124222636j:plain

唐突にジュエリーデザイナーの小さなコレクションが展示されているのも、いかにも地元企業の施設っぽい*2

ちなみにフェルケールとはドイツ語で「交通」とか、そんな感じの意味だったはず。
鈴与株式会社は、清水港の海運がスタートの会社。だから美術館と名乗っているが、常設展示は「清水港の歴史と発展、日本の海運業」といった感じ。併設して「日本の缶詰博物館」もある。つまり、美術館というより博物館の趣が強い。というか、僕は今日まで、博物館のつもりで見ていた。

f:id:t_kato:20210124222145j:plain

企画展の「文字とデザイン」は、ちょうど自分に興味がある分野だったから、見て良かった。ただし、タイポグラフィに仕事や趣味で関わっていない人にとっては、「ふーん」で終わってしまいそう。
タイポグラフィの協会が毎年開いているコンクールと、毎年発行している年鑑を、そのままパネル展示しているような感じ。大きな美術館で開催されるような親切なものを想像すると、がっかりするだろう。

f:id:t_kato:20210124222248j:plain

f:id:t_kato:20210124222304j:plain

f:id:t_kato:20210124222321j:plain

とはいえ入館料は格安で、客も少なく、とても居心地の良い美術館。
休日の午後を過ごすには最高の場所。傘がいらないくらいの雨だったが、それほど寒くもなくて、居心地良く過ごせた。

常設展示、特に海運や缶詰に関するところは現物と模型がたっぷりで、大人も子供も楽しめそう。タイポグラフィ目当ての人ならば、缶詰ラベルも楽しめるはず。

 

ポケットに静岡百景

ポケットに静岡百景

 
静岡百景

静岡百景

 

 

 

f:id:t_kato:20210124221131j:plain

ちなみにお昼ごはんは静岡市葵区の九州風ラーメン屋さんで食べた。
極めて凡庸な豚骨ラーメン。しかし奇をてらわない、ごく普通のとんこつラーメンを食べたかったので、これで嬉しい。

お隣の乙女が豚足とハイボールだけを注文していて、なんか格好良いなあと感心していたのだが、よく見たらブランドトートバッグから焼酎を注ぎ足していたアル中の人だった。静岡では見かけたことがないタイプの治安の悪さ。びっくりした。

 

 

清水港~これまで・今・これから~ (しずおかの文化2)

清水港~これまで・今・これから~ (しずおかの文化2)

  • 発売日: 2019/06/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

お題「気分転換」

*1:社長の鈴木与平(與平)氏が先祖代々住んでいる屋敷は、巴川を渡ってすぐのところにある。先々代の鈴木与平氏は、母方の実家と公私の関係があって、僕も子供の頃にお屋敷に遊びに行った記憶がある。

*2:社長親族のお気に入り?