土曜日のクッキー

また喪服を着ることになった。
ここ数ヶ月に冠婚葬祭の「葬」イベントが集中している。

親と同年代の親類が高齢化してきたこと、そして親と自分の共通の知り合い(近所の人など)も同じく歳をとったことが要因として思いつく。
自分の場合、親の体調のこともあって、代理として出席することも、回数が増えた理由になる。

何度目でも慣れないものだ。
このご時世なので、簡略化の極まった通夜や“お別れの会”ではあるし、何年も会っていない人たちが多い。しかしそれでも、色々と考えてしまう。

f:id:t_kato:20210123224552j:plain

今日は外出がその通夜だけだったから、余計に気分が重苦しい。
雨が降っていて、昼間から寒くて暗くて、しかも暇つぶしに開いた小説まで陰々滅々としている。
暗めの出来事ならいくらでも挙げられる、そんな土曜日だった。

 

百年と一日 (単行本)

百年と一日 (単行本)

  • 作者:柴崎 友香
  • 発売日: 2020/07/14
  • メディア: 単行本
 

 

 

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by 加藤 トモユキ (@t_kato)

せっかくだから、良かったことを書こう。
おやつに食べたクッキーがおいしかった。

静岡市葵区の青葉公園の西の端、常盤公園のそばにある小さな焼き菓子とカフェのお店「レインバル」で買った、魚の形のクッキー。きなこか何か、素朴な粉っぽい味わいがする。
これは貰い物だが、自分で買いたい位に気に入った。
うん、これは確実に良かったことだ。

 

ひとみしり道 (コミックエッセイ)

ひとみしり道 (コミックエッセイ)

 
ばかスイーツ

ばかスイーツ

  • 作者:べつやくれい
  • 発売日: 2011/08/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

お題「大好きなおやつ」

 

お題「わたしの癒やし」