モンブランタルトとディレイラー修理

静岡の街に行き、諸々の用事を片付ける。
そしておやつをMARIATHANKで食べる。

新作のモンブランは、栗のペーストでバラを象っていた。
この飾り付けがとても気に入った。店の雰囲気にも合っているし、オリジナリティがある。鮮やかなバラならあちこちのケーキ屋で見かけるが、この色とMARIATHANK的なクリームやタルト生地の組み合わせは、唯一無二のもの。

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by 加藤 トモユキ (@t_kato)

しかしこのタルトは写真に残すのが難しい。
茶色っぽいスイーツはスマホで撮ると地味になってしまうものだが、このモンブランタルトは本当に暗く写ってしまう。AIがケーキだと認識していない可能性がある。

というわけで、実物を見て食べてみるのが一番だと思う。
なかなか街に気軽に行ける状況ではないけれど、機会があったら是非。個人的にはミルクティーが合うと思う。もちろん持ち帰りでも喜ばれるだろう。

 

 

 

f:id:t_kato:20201207231637j:plain

自宅倉庫の片付けの際に、自転車の変速機が出てきた。
親戚の家を片付けていたときに貰ったガラクタ。一応は僕の自転車にも適合する。そうそう壊れるものではないけれど、勉強も兼ねて分解修理をしてみた。

自転車のパーツは見慣れない形をしているものが多くて戸惑う。しかし構造は単純で、全ての部品がすっと納まる。遊びが無く、間違った組み方をする余地が無いため、機械部品としては楽なほうだと思う。モーター動力に比べたら回転数も少ないし、かかる力も弱い。分解時に部品の向きだけを記録しておけば簡単なものだ。そして記録はスマホがあるからお手軽。
もちろん完璧を目指せばプロには及ばないだろう。しかし非常時の交換用かつ日常使いの予備ならば、それほど難しいものではない。趣味で楽しむにはちょうどよい精度と構造だと思う。

 変速機は分解清掃だけで問題なく動くようになった。錆を台所用の漂白剤で落とした以外は、削ったり剥がしたりする作業も無し。なかなか楽しい時間だった。

新版 誰でもできる自転車メンテナンス

新版 誰でもできる自転車メンテナンス

 
新版 自転車トラブル解決ブック

新版 自転車トラブル解決ブック

  • 作者:丹羽隆志
  • 発売日: 2013/02/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

そんな月曜日。他にもいろいろあったけれど、もう寝ます。
おやすみなさい。

お題「わたしの癒やし」

今週のお題「自分にご褒美」