ダブルチーズケーキと、苺とカシスのタルト

まだまだ続く、かつての行きつけの店への再訪。
今日は小梳神社近くの「MARIATHANK」に行ってきた。

静岡の街中で紅茶とケーキならここ、という個人的定番の店だから、椅子に座るだけでほっとする。まだ昼過ぎでお客さんの少ない時刻だった。
一応、常連なので店主さんともお話をしてきた。大変な時代になりましたね、というような話題は、久しぶりに訪れる店での、挨拶みたいになっている。

https://www.instagram.com/p/CCpgyvLp5NY/

 

MARIATHANKといえば、ダブルチーズケーキ。
レアチーズケーキがベイクドチーズケーキの上に乗っているという他にないもの。酸味が白ワイン的で、お店の華やかな雰囲気に合っていると思う。紅茶にもぴったり。
ハーフサイズのケーキ2種類を選べるセットにして、もう1つは苺とカシスのタルトにしてみた。長く通っていたが、今回初めて見る(ような気がする)。
可愛らしい見た目だが、濃い目の味で食べごたえがある。好みの味だった。

相変わらず良いお店。各テーブルにアルコール消毒液を置くなど、新型コロナウイルス対策も手厚い。向かい合っておしゃべりをする日常とはいえないけれど、だからこそ、たまには1人で静かにお茶をしたらどうだろう。テーブルの独り占めも、なかなか良いものです。

今日はたっぷり紅茶を飲みたい気分だったから、ポット入りの熱い紅茶を選んだが、この店はアイスティーもおいしいのだ。というか、僕はMARIATHANK以外では、アイスティーは基本的に注文しない。この店は特別。 

うどん キツネつきの (創元SF文庫)

うどん キツネつきの (創元SF文庫)

 

 

今日はようやく雨が止んだので、自転車で少し運動をした。
体力が、がくんと落ちている。緩やかな坂なのに、足も肺も苦しくなってしまう。そして、自転車を降りたら、頭がくらくらしてきた。
太陽は照っていないのに、外気温計は31℃を指している。湿度も高い。
帰宅して一休みしたら、頭が痛くなってきた。

気温の事を考えたら、夕方に薄暗くなってから走るのが良さそうだ。
しかし僕が住む土地は、かなり交通量が多い。
思えば、四国の高松市は、自転車を走らせやすい道が多かった。運転マナーは(自動車も自転車も)褒められたものではなかったけれど、広い道も多かったし、何より交通量が少なかった。大型車そのものが少なく、車の入ってこない道もあちこちにあって、のんびりサイクリングには最適な街だった。
静岡県中部では、サイクリングロードや田舎道に行く必要を感じる。ふらっと散歩気分というわけにはいかないのだ。これは誤算だった。

 

有元葉子  油揚げ、豆腐、こんにゃく

有元葉子 油揚げ、豆腐、こんにゃく

  • 作者:有元 葉子
  • 発売日: 2019/09/24
  • メディア: 単行本
 

 

頭痛も疲労も、夕食のあとに寝転がって読書をしていたら、気にならない位に回復した。また数日後から雨が降るらしい。しばらくは意識して身体を動かさなければ。
こんなにも運動不足になったのは久しぶりだ。

 

カム・ギャザー・ラウンド・ピープル

カム・ギャザー・ラウンド・ピープル

 
オブジェクタム

オブジェクタム

 
【第163回 芥川賞受賞作】首里の馬

【第163回 芥川賞受賞作】首里の馬

 

 

お題「大好きなおやつ」

お題「ささやかな幸せ」