白菜と大根のベーコン鍋

家族は定期検査のため帰宅が遅くなる。
なので、今夜の夕食は一人分。

f:id:t_kato:20210125225213j:plain

久しぶりの残業で疲れているし、寒空の下を自転車で走ったせいか寒気もするので(マフラーを忘れた)夕飯は簡略なものにする。
1人ならば、名前のない料理でも何の問題もない。

大根を細切りにして塩で揉み、同じく塩揉みした白菜とともに鍋にする。
しっかり塩抜きをしても、火を通して嵩が減っても、生の野菜とは違った食感になるのがおもしろい。というか、今年は白菜を飽きるほど食べているから、たまには「とろりと柔らかな白菜と大根」以外の食べ方もしたかったのだった。

大根と白菜の他には、賞味期限が切れたベーコンを多めに使う。
最近、ベーコンは薄切りよりもブロックのほうがお手軽になったようでうれしい。
独り暮らしをしていた時には、薄切りで小分けしたものが最も安く、どこかおかしいと感じていたのだ。

味付けは控えめ。胡椒は多め。
食べるときにオリーブオイルを回しかけると、15年前くらいの「ていねいな暮らし」雑誌みたいな見栄えになる。
でも実家なので、布巾も鍋敷きもダサいのだった。

 

 ちなみに最後に食べる炭水化物は、水餃子の皮。スーパーマーケットで割引シールが貼られていたので、深く考えることなく籠に入れていたのだった。冷凍すれば長持ちする。夜なので量を控えたい時には便利。

 

さすがに質素が過ぎるので、ひよこ豆をシーチキンで炒めて食べた。砂糖と塩とウスターソース、そしてクミンで味付け。

ずらり 料理上手の台所 (クウネルの本)

ずらり 料理上手の台所 (クウネルの本)

 
ずらり 料理上手の台所 その2 (クウネルの本)

ずらり 料理上手の台所 その2 (クウネルの本)

  • 発売日: 2011/05/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

モニターを長く見続けたせいか、マスク姿で1日を過ごしたせいか、あるいは先に書いたように寒い思いをしたせいか、とにかく肩は凝るし、偏頭痛が来そうな予感もある。

こういう時は寝るしかない。
お風呂には入ったし、鍋も洗った。
なので寝ます。おやすみなさい。

 

 

 

 

お題「わたしの癒やし」