模様替え

模様替えをした。
というか大規模な整理整頓を行った。

f:id:t_kato:20210704222151j:plain

実家に引っ越してから1年が経ち、ちょっと生活スタイルを変えてみようと考えるようになった。仕事や私生活の関係上、自室での作業が大半になったこともある。

元は納戸だった部屋。
納戸だったというか、ハウスメーカーが「現代風の納戸」として用意した部屋なのだ。
両親の二人暮らしの家に転がり込むことになったため、この部屋を改装し自室としたのだ。

そういう経緯の部屋だから、棚はあちこちにある。収納には事欠かないが、基本的に見せる収納となってしまう。
引っ越しの時に服も趣味の道具も全て「無印良品ポリプロピレン収納シリーズ」に納めて、この棚に並べていったところ、無印のカタログ写真を所帯じみた感じにした部屋になってしまった。

作り付けの棚を取り払えば、もっと部屋は広くなる。とはいえ寝室と仕事部屋と考えれば、この部屋でも悪くはない。

ただ難点がひとつある。
収納棚がたくさんありすぎて、整理整頓をしなくても暮らしが成り立ってしまうのだ。
とりあえず棚に置いておけば、片付いたように見える。

しかしもちろん、次に必要なときにはあちこち探すことになる。

これでは(長期的視野に立つと)困るのだった。
特に自転車整備を本格化させ、さらにレザークラフトを再開するにあたって、きちんとジャンルごとに品物を(品物を入れたポリプロピレン収納ボックスを)分けなければならない。1年間の暮らしで要不要がわかったものについても取捨選択を行った。

 

 

ようやく、見た目がすっきりした。
それほど気にしていなかったけれど、片付けば気持ちの良いものである。
ちょっと見た感じでは「男の隠れ家」っぽいけれど、装飾に欠けるのが特徴である。ベッドも本棚もあるのに仕事部屋の雰囲気。

ちなみに家族の非常食料や災害用品も置いてあるので、雑然さに非日常も混ざっている。工具類と災害用品が並んでいると、核シェルターに住んでいるみたいな雰囲気にもなる。

f:id:t_kato:20210704221949j:plain

ともあれ片付いた。
ちょっと埃っぽい作業もしたせいか、喉が変な感じ。最近どういうわけか、ダンボールを解体するときにアレルギー的な反応が出るようになった。
ダンボール 加齢 喉」で検索しても特に有用な情報は見つからない。困ったものである。

そんな日曜日。他にも色々あったけれど、書くべきことはまったくない。そもそも部屋のことも書くつもりはなかった。