喫茶 城の眼

美術館と喫茶店に行った。
美術館の特別展については、特に書かない。
香川市美術館の「絵本原画展 ニャー」。

f:id:t_kato:20200524224450j:plain


つまらなくはなかったし、好きな作家の原画も見ることができた。でもまあ、雑誌で「猫の絵本特集」やムックで十分な感じがして、最後まで冷静なままだった。各地を巡回する展覧会ではよくあること。むしろ入場せずに図録だけ欲しかったくらいだ。

 

猫を棄てる 父親について語るとき

猫を棄てる 父親について語るとき

  • 作者:村上 春樹
  • 発売日: 2020/04/23
  • メディア: 単行本
 
100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)

100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)

  • 作者:佐野 洋子
  • 発売日: 1977/10/19
  • メディア: 単行本
 

 

 

f:id:t_kato:20200524224517j:plain

美術館の隣にある古い喫茶店「城の眼」、ここはずっと前から行きたかった店。
かつては文化人、アーティストが集った有名店。
確かに外装も内装も、とても凝っている。

f:id:t_kato:20200524224532j:plain

椅子もテーブルもしっかりした素敵なデザイン。奥側の壁は石でできている。
高さ2mはある巨大な岩にスピーカーが埋め込まれていて、鳴ればとても良い音が出そう。古びた店ではあるけれど、昭和の豊かさを存分に味わえる店だった。

ただし、今となっては、商店街にある古い喫茶店である。
親切だがいささかマイペースなお婆さん2人が切り盛りしている。

ケーキを注文したのだが、しばらく待たされたあとに「無い」と言われた。そして「トーストにジャムを塗って、ケーキの代用としたらどうか?」と提案された。素敵な予感もするが、たぶんそれは裏切られる(普通のジャム付きトーストだから)。だから断り、「クリームコーヒー」を注文する。

f:id:t_kato:20200524224509j:plain

アイスコーヒーに、アイスクリームが乗ったものが、クリームコーヒー。
まあ普通の味である。
でも店の雰囲気は最高だし、お店のお二人も気持ちよく働いていたので、とても居心地が良かった。

それこそ5年前に、観光客としてこの街を訪れてから行きたかった店だったので、感慨もひとしお。香川県高松市という、石とコンクリートのモダン建築の街らしい素晴らしい店だった。

goo.gl

高松市のアーケード街には、古い喫茶店がまだまだ残っている。
わりと繁盛している店が多いのは、昼も夜もお年寄りが街に出ているからだと思う。
席につくと「灰皿は使いますか?」と問われるのにも、もう慣れた。京都や奈良のそれとは違い、どちらかといえば大阪のビジネス街や名古屋風の喫茶店
ただおいしいコーヒーを飲むだけならば選ばない店ばかり、でもつい行ってしまう。「街だなあ」としみじみ思う。

 

 

愛媛 今行きたいカフェ(マチボン vol.10)

愛媛 今行きたいカフェ(マチボン vol.10)

  • 発売日: 2017/03/24
  • メディア: 雑誌
 
四国のカフェ・喫茶  四国旅マガジンGajA(ガジャ) MOOK
 

お題「わたしの癒やし」

 

今週のお題「遠くへ行きたい」