加湿器の水とハンバーグ・ランチ

f:id:t_kato:20210216222342j:plain

朝から強い風と低い気温。
仕事も大変そうなので、自転車はやめて車で出勤する。

実際に、過酷な1日だった。
仕事内容は楽なものだった。でも環境がよくない。
大きな会議室みたいなところで研修を受けるのだが、その場所のルールで窓はかなり開けておく必要がある。加えて、窓を開けた状態では空調を入れてはならないのだった。
つまり寒い。
足先が冷える人にとっては本当に辛いようだった。休憩時間にコンビニで爪先用の使い捨てカイロを買ってきた人もいるほど。

僕は冷え性の類には無縁の人生を送ってきたが、今年の冬は足の指先が冷えると少し痺れを感じる。いかにも血液の循環が悪くなっている感覚がある。
なので、明日以降のために使い捨てカイロを用意した。

先ほど、加湿器の水タンクを落とした。
だいたい4Lほどの水が部屋と廊下に広がってしまった。
せっかくなので掃除を行う。水拭きを行ったあと、まだ少し濡れている床に水溶性ワックスを伸ばしていく。かなり広い範囲がぴかぴかになった。

 

RBG 最強の85才(字幕版)

RBG 最強の85才(字幕版)

  • 発売日: 2019/10/21
  • メディア: Prime Video
 

 

全体的に冷たくて湿った感じの1日。

f:id:t_kato:20210216221405j:plain

あたたかかったものといえば、このいかにもファミリーレストランのハンバーグらしいハンバーグ。安いし、あっという間に出てくる。ランチタイムならばパンやスープも付いてくる。家でハンバーグを作る気が無くなってしまう。
パンにオリーブオイルをたっぷり付けて食べた。
勤め先の近くにはおいしい蕎麦屋もあるのだが、ざる蕎麦を今日の昼に食べていたら
心も身体も冷え切ってしまったかもしれない。ハンバーグ・ランチで正解だった。

 

失われた賃金を求めて

失われた賃金を求めて

 

 

お題「気分転換」