葵区ARTEN「版画のある部屋へ 3人の作家展」と、桃のシャルロット

Exhibition「版画のある部屋へ 3人の作家展

友人に勧められて、静岡市葵区の追手町にあるイベントスペース(ギャラリー?)で開催中の三人展を覗いてきた。

 

f:id:t_kato:20210603225551j:plain

時間の都合で長居はできなかったけれど、とても良い時間を過ごせた。

キノマホ氏、須藤萌子氏、そしてふるさわともこ氏の小さな作品が飾られている。
銅版画や型押し版画など、家にあれば素敵な暮らしの助けになりそうな作品がたくさん。

キノマホ氏のトートバッグなら愛用している。会場と同じビル*1にある雑貨とアクセサリーのお店「unspoken emotion」で買った。この三人展の企画も「unspoken emotion」のようだ。

撮影もしなかったし、どこかに作品の画像があるわけでもない。
ただ本当に素敵な作品と展示なので、もし興味があって、静岡市の中心街に行く人がいたら、ぜひ立ち寄ってみてほしい。

残念ながら今月の6日、日曜日が最終日。ワークショップ(参加費は500円!)も開かれるという。

unspoken-emotions.com

 

今日のおやつ 笠井珈琲店

用事を済ませる前に、おやつを食べに鷹匠へ。
いつもの笠井珈琲店に立ち寄った。

今日は桃のシャルロットと、ブレンドコーヒーと1/2アイスコーヒーの組み合わせ。
桃のケーキは今季はじめて。

f:id:t_kato:20210603224937j:plain

f:id:t_kato:20210603224946j:plain

お客さんが少なかったからか、店主さんがいつになく“常連モード”で話しかけてくる。

「いつもの、でいいですか?」
これは飲み物を「ブレンドコーヒー(ミルクは不要)と1/2アイスコーヒーのセット」で良いのかという問いかけ。
「…7月の始めに出しますよ」は、季節限定のピーチメルバのリリース予定日である。

さすがにちょっと驚いた。
顔は覚えられているけれど、普段は雑談も何もしない間柄なので。というか、地元かつ同年代の常連で積極的に話しかける人でもない限り、ここまで会話をすること事態が珍しい気がする。

ともあれピーチメルバのスタートは7月から。その後はたぶん、長い夏休みに入る。
最近は、こういうことはすぐにToDoアプリやカレンダーに書き込むことにしている。後で気付いたときの後悔は嫌なので。

f:id:t_kato:20210603225435j:plain

しかし桃のシャルロットはおいしかった。
桃の贅沢さは、果物のなかでも特別だと思う。生の桃をたっぷり使った品もこれからの楽しみだけど、今日のシャルロットのようなしっかりとケーキに組み込まれたものも大好きだ。

 

 

*1:すごく素敵な建物です。昭和のきちんとした商業ビルといった趣。