ほうほうの体で、シンプルな金曜日を。

風邪をひいて帰宅して、とにかく今日はもう寝なきゃ駄目だ、他の余計なことは後回しだ、食べたら寝よう、みたいな状況に陥ることがある。ほうほうの体、というか何というか、選択肢が少ない状況。

今日がそういう感じの夕方だった。
といっても風邪ではなくて、心と体の疲れ具合の話。
まだまだ危険域ではないけれど、「勤務日数-疲労度グラフ」の傾きからは、今は全力で休む時という景況感がありありと伝わってくる。それくらいの先読みはするし、かつて心身を壊した人間として、敏感でもある。

 

こういう時に、うっかり書店になど寄ってしまうと駄目だ。
ぼうっと棚を眺めて歩きまわって、立ち読みもせず、もちろん1冊も買わない。
100円ショップもまずい。アボカドカッター(すぐ壊れる)などをカゴに入れてしまう。
つまりイオンなどのショッピング・モールは健康に良くない。

ところで現在は非常事態宣言下、そういう人混みはご法度である。
個人的な基準に照らしても、まず間違いなく「行くべきではない場所」となっている。

だから何処にも寄らずに帰ってきた。平時なら、寄り道をしていたかもしれない。

簡単な夕食を食べ、洗濯機の予約をして(洗い上がりは明日の朝)、ひよこ豆を水に浸けて*1、明朝に出す燃えるゴミをまとめた。
あとは寝るだけ。

なにしろか弱い中年だから、限界の前に躊躇なく動くのが肝要だ。無理をする必要が無いのは独り身の気楽さでもある。
自分の身体だけ、自分で守る。シンプルな金曜日の夜。

さてそんな今日のお昼ごはんはこんな感じ。

https://www.instagram.com/p/B_FT4RLJ5PU/

雑穀ごはんに肉味噌。
鶏ハム、茹でた小松菜、そしてスパイスで和えた新じゃが。
あと1品欲しいところ。でも別にその1品は夕食で補えばいいじゃん、ということで夕食は「かぼちゃ豚肉たまねぎ鍋+うどん半玉」にプチトマトという、わけのわからない組み合わせとなった。身体に良いのかは、わからない。

 

アンダーグラウンド・マーケット (朝日文庫)

アンダーグラウンド・マーケット (朝日文庫)

  • 作者:藤井太洋
  • 発売日: 2016/07/07
  • メディア: 文庫
 
UNDERGROUND MARKET ヒステリアン・ケース

UNDERGROUND MARKET ヒステリアン・ケース

 

お題「リラックス法」

 

*1:労力が不要な、明日に引き継ぐ家事や料理があると、精神の安定に効く。