電池の更新

2年近く使ってきた拭き掃除ロボットの「ブラーバ」の調子が悪い。
軽く壁にぶつかっただけ、あるいは見通しの悪い隙間に入り込んだだけで、エラー表示を出して止まってしまう。
もちろんマニュアルやメーカーサイトにはその対応法(ランプが3回点滅した時は赤外線センサー部を拭いてみてください…みたいなアドバイス)が載っているのだが、とにかくありとあらゆる状況でピーとかププーと音を鳴らして止まってしまう。

 

iRobot社の機械でこういう状況になった時は、バッテリーの劣化が考えられる。電子機器としてはちょっと珍しい反応だと思う。当然ながら「バッテリー劣化エラー」もあるのだが、基礎体力が落ちた時にはまず最初に色々な「諸症状」が起こるのだ。まるで風邪である。

 

 

 

というわけで通信販売でバッテリーを買って、交換してみた。

冗談みたいに元気になった。
今まで慎重に進んでいた細い場所にもぐいぐい入っていく。難しいルートも諦めず何度も試行錯誤する。
たった一つの問題が解決したら全て前向きになるあたり、サラリーマン向け漫画のキャラクターみたいだ*1

少し前まで、家電の充電池の交換というとちょっと身構えるくらいの価格だったが、最近はとても安い。特にルンバやブラーバは世界中で売られていることもあり、互換品も揃っている。

元気になったのが嬉しくて、充電させては走らせている。今は乾拭きが終わって、水拭きでキッチン周辺を掃除させている。

 

 

 

 

ところで今日のお弁当はこんな感じ。

https://www.instagram.com/p/B8F7GOfABBl/

  • 五穀米ごはん
  • 高野豆腐と干し椎茸の煮物
  • チキンナゲット
  • 紅白なます
  • 鶏団子と新ジャガイモの炒め煮
  • さつまいもレモン煮
  • かぼちゃ生姜醤油煮

チキンナゲットだけが違う世界観といった感じ。蓋を開けた時も、そして今こうして画像を眺めている時も、異様に思える。ネットロアではここから異常な事件が始まるパターンである。

 

裏世界ピクニック ふたりの怪異探検ファイル (ハヤカワ文庫JA)
 

 

そういえば今日は節分。
四国ならではの古くおどろおどろしい節分祭があるのかと想像しているが、こと近所に限っては普通の夜である。豆など撒かなくとも空海のパワーで鬼が退散しているのかもしれない。
僕はきちんと煎り豆を食べた。
節分用に売られているものは質も低く割高と聞いたことがあるので、昨年末に買い込んであった豆を開けた。料理にも使うし、おやつにもなる。なかなか便利な食材だと思う。

 

べにや長谷川商店の豆料理

べにや長谷川商店の豆料理

  • 作者:べにや長谷川商店
  • 出版社/メーカー: パルコ
  • 発売日: 2009/07/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

*1:美味しんぼ」で、ある料理の問題が解決した回の最終ページがこんな感じ。