日食眼鏡

 
 

少し前まで、書店に行けば、沢山の種類の日食眼鏡を見ることが出来た。
なんとなく入手を控えて(天気の目処がつかないうちは買いづらい)いるうちに、いつのまにか売り切れてしまった。
解説DVDと書籍付の高価なものは積んである。安物が無い。ただ見たいだけなので、安いものでいい。



というわけで、町の小さな望遠鏡専門店に行った。
日食を観察するだけの簡素なものは、700円から。ただし今日は買えない。
今日に売る分は全て出払ってしまったそうだ。カウンターには数十枚の眼鏡があるが、それは明日の販売分。取置きが出来るそうなので、明日の分を1つ買った。
しかし何故、こんな面倒なシステムなのだろう。今日に全て売り切ってしまえば良いような気がする。今日も明日も、必要な人にまんべんなく行き渡るように配慮しているのだろうか。
ともかく1つ、入手できそうだ。明日の昼頃に取りに行く。



雑誌「ku:nel」の最新刊が出ていた。
今回は本、特に古本が多く扱われているみたい。なかなか興味深い。
とりあえず定期連載のお気に入りの記事だけ読んでしまった。



今日は読書と昼寝とコーヒーを繰り返した。
呆れる位に低調な日。足を怪我してから、ちょっと活動量が減っている。良くない事だ。そろそろ改めたい。