かばんを洗う・正解のわからないローストポーク

クリスマスということで何かをする*1、という事もなく読書と家事に勤しむ1日だった。

というか夕方まではだらだらとして、そこから“家事スイッチ”が入り、掃除洗濯工作炊事を並行して進めていった。今思えば、あと3時間前から始めればもっと効率が良い家事ができたのではないかと悔やむばかりである。

今日は布のかばんをまとめて浸け置き洗いした。
ここ数年、手作り市等のイベントや通販サイトで手作り作家さんのかばんを買っている。なんとなく薄汚れた感じがするものも、全く綺麗なのだが使用頻度は高いからきっと汚れているだろう、というものもある。
手作りとはいえ、綿や麻の布をミシンで縫ったものばかり。ならばと、ぬるま湯と酸素系漂白剤を駆使して洗ってみた。

現時点で8割ほど乾燥した。
洗って良かった。
綺麗になった、というか“買った時の感じ”に戻ったのだ。
使い込んだ部分はあるにせよ、元の色合い・風合いが鮮やかに蘇った。素朴な部分はより素朴になるのが不思議。それほど汚れていたわけでもないのに、なんだか不思議なものである。

 

冬のファンタジー

冬のファンタジー

 
冬のファンタジー

冬のファンタジー

 

 

あ、クリスマスらしい事といえば、今日はローストポークを作ったのだった。
別に聖人の誕生を祝い祈るためのご馳走ではなく、もちろん誰かとパーティーをするわけでもなく、豚ヒレ肉ブロックが安かったので。

マスタード一味唐辛子と塩と胡椒とクミンを刷り込み一晩寝かせて、焼き目を付けてからチャック付きポリ袋に移し電子レンジで加熱。加熱後も保温環境(発泡スチロールの箱を利用)にそのまま放置して落ち着いたら完成。ハムのような焼豚のようなものができた。

うろ覚えレシピ、かつ本物を食べた記憶が無いのでこれが正解なのかはわからない。ただ、脂がほとんど無いので、明日からのお弁当に使うこともできそう。

 

さて寝る前にいくつか残った家事(主にネット上の手続きや物品購入)を済ませてしまおう。
まだ年賀状が完成していない点は、明日以降に考える。転居のお知らせ兼年賀状を描きたいのだけれど。時間が全然無いなあ。

 

肉の本 今夜は、お肉を食べよう。

肉の本 今夜は、お肉を食べよう。

 

 

*1:クリスマスイブとクリスマスにはケーキを扱う店には行かない。よくて混雑、多くの店が「本日は特別営業でございます、カフェは閉店させていただきます」となる。自分としても、もっと良いコンディションのお店に行きたいのだ。