オランダせんべいを食べながら

ランボー怒りの改新 (星海社FICTIONS)

北海道で購入した自分用お土産、「オランダせんべい」を開封した。パッケージによれば、根室の「ご当地おやつ」とのこと。でも札幌の会社が製造している。

オランダせんべい」という名のお菓子は全国各地に存在する。が、北海道のそれは、他とは大きく違う品だった。

お土産といっても、安価な品で、包装も簡素、僕は生協で購入した。総合的な立ち位置は「甘食」などが近いかもしれない。不味くはないが、人を選ぶ味かもしれない。旨い旨いと喜んで食べるものというより、しみじみ噛みしめる、素朴なおやつなのだと思う。平成のちびっ子は喜ぶだろうか。

手のひらよりも大きなワッフル風の型で焼かれたせんべい。生地は玉子入りの小麦を使ったせんべいに似ている。少し黒糖が使われ、膨張剤は重曹

そして食感が独特である。生焼けとまではいかないが柔らかく、噛みきるのに少し顎の力が要る。「やみつきになるむっちり食感」と素敵なフォントで書かれているとおり、むっちりしている。
ナンでもチャパティでもない、インドのパンで、こういうものがあったような気がする。

つまり、ぱりぱりと割れない、甘くて大きなせんべいということになる。例によって古い菓子にありがちな、「焼いてもいいし、バターを塗っても美味です」みたいなアレンジ方法が示されている。でも普通は、そのままもぐもぐ食べるだけではないか。

僕は好きだ。
ぜんぜんリッチじゃないところが気に入った。もっとたくさん買ってくれば良かった。自分用の土産は、こうでなくっちゃと思う。

 

ようやくスマートフォンに画像が正常に保存できるようになった。
が、写真を撮る前に開封してしまった。

そして今、とても眠い。
昨日は結局、普通の時刻に寝て、普通に目覚めた。結果として寝不足であり、今日は(夏休み明けということで大きな仕事が無かったこともあり)さっさと定時退社してきた。寄り道もせず帰宅し、食事もシャワーも済ませ、もういつでも眠れる状態。
だから寝る。その代わり、早起きして、今夜やりたかった諸々に手を付ける予定。それらは喫緊の課題ではないから、万が一寝過ごしても大丈夫。
寝不足に弱くなった。これが年齢を重ねるということの、ひとつのかたちなのだろう。

 

ほっかいどうお菓子グラフィティー

ほっかいどうお菓子グラフィティー