段ボールとカレー

引っ越しの時に使った段ボール箱の大半は、引っ越し業者に引き取ってもらった。1回だけその引っ越しに関する廃梱包と段ボール箱を引き取るサービスがあったのだ。後日でいい、当日でなくてかまわない、というのは気が利いている。引っ越し業者が用意した箱以外も持って行ってくれる。

しかしその後も当然ながら梱包のゴミは出る。
何であれ家庭用品というのは箱やパックに入っているもので、まとめておくと馬鹿にならない量となる。
ここ1週間は少しずつ車のトランクに詰めていて、ずっと廃品引き取りボックス(空き地に専用のコンテナがあって、アルミ缶や古雑誌を回収する民間業者の無人サービス)があれば放り込もうと考えていた。しかしあの回収センターというかボックス、探してみるとなかなか見つからない。住宅地かつ郊外、地価がそれほど高くなさそうな場所に多い気がするけれど、まだ土地勘が無いからよくわからないのだ。
大型店舗の駐車場にもあるけれど、今のところ見つけられていない。

今日はちょっと遠出したところでそのボックスを見つけた。
喜びとともに全ての段ボールを廃棄。これでようやく、すっきりした。

 

 

 

「ひと手間」でおいしさと幸せひろがる 今夜はごちそう煮込み

「ひと手間」でおいしさと幸せひろがる 今夜はごちそう煮込み

 

 

夕食にはカレーを作った。
先日仕込んだ牛すじ肉と、今日買ってきたジャガイモと玉葱で作る。
自分の好きな味で仕上げられるから独り暮らしは楽しい。
といっても自分は別にカレーがそれほど好きでもないのだった。ただ作るのは簡単で、冷凍保存も可能だから便利ではある。量の調節が利くのも良いし、温めるだけで食べられる品はある弛度の備蓄があると心強い。

米を鍋で炊くのにも慣れた。
シャトルシェフカップ3杯分を作るか、電子レンジでお茶碗1杯分を作る。今回の引っ越しでは炊飯器を買っていない。炊飯器が無いと台所は少し広く使えるけれども、洗い物は少し面倒になる。フッ素樹脂加工の鍋を買いたくなってしまった。

 

手作りネコのおうち

手作りネコのおうち

 

 

お題「ひとりの時間の過ごし方」