マフィンと干し柿とシュトーレン

マフィン

知り合いからのおすそ分け。
昼食兼おやつ。

https://www.instagram.com/p/B6fdP9pg0Tm/

 

抹茶生地に栗がいくつか。
栗はたぶん、天津甘栗。
和風の洋菓子は自分では積極的に選ばないが、そのぶん美味しいものに出会えると嬉しくなってしまう。

屋島の焼き菓子専門店「Bonbonniere」の品。好きな店ではあるが、駐車場はわかりづらいし、いつも混んでいて喫茶コーナーに座れた試しが無い。家で食べることができるのは有り難い。

goo.gl

 

三惑星の探求 (人類補完機構全短篇3)

三惑星の探求 (人類補完機構全短篇3)

 
アルファ・ラルファ大通り (人類補完機構全短篇2)

アルファ・ラルファ大通り (人類補完機構全短篇2)

 

 

干し柿

11月に渋柿をいただいて、細めに切って干して、そのまま存在を忘れていた。もう十分に乾燥しているけれど、四国の瀬戸内海側は(義務教育で習ったとおり)冬でも湿度がそれなりにある。ぼんやりと曇っていて、夕方や夜に小雨が降るのだ*1。いつの間にかカビてしまったら勿体ないので、今日からは冷凍保存に切り替える。

注意深く味わうと、渋が残っているように思える。
ただし普通に食べるぶんには問題ない。
白く粉こそ吹いていないが、ドライフルーツとしてはとても上等。良いものができた。
黒くなっているのは、ステンレスの網に触れていたぶぶん。タンニンと鉄分の反応がはっきりわかる。

地元のスーパーマーケットでは渋柿がまだ売られている。第二弾を作ろうかどうか、考えているところ。真面目に作るのなら紐で吊るすのだろうが、素人なら細めの串切りで網に並べるやり方で十分な気がする。

 

柿づくし: 柿渋、干し柿、柿酢、柿ジャム、紅葉保存

柿づくし: 柿渋、干し柿、柿酢、柿ジャム、紅葉保存

 
干し柿 (あかね・新えほんシリーズ)

干し柿 (あかね・新えほんシリーズ)

 

 

シュトーレン

今年は買うつもりは無かった。でも2店の品を買っている。


数週間前に書店「ルヌガンガ」に行ったら、愛知県の「 boulangerie L'Equipe de Koganei」のシュトーレンが売られていた。Koganeiは東山動物園のすぐ近く、素敵なパン屋さんだ。なんとなく縁を感じたのと*2、お客さんも店主ご夫婦も強く薦めるので、つい買ってしまった。

www.lunuganga-books.com

goo.gl

 

それから高松市の山にあるパン屋さん「小麦堂」でもカットされたシュトーレンを買った。こちらは6切れで200円とお手頃価格。でもしっかり美味しい。

goo.gl

Koganeiのシュトーレンは明日が賞味期限だが、まだカットもしていない。自己責任となるが、たぶん明日以降、年末までは美味しいだろう。

 

はじめましての郷土玩具

はじめましての郷土玩具

  • 作者:甲斐みのり
  • 出版社/メーカー: グラフィック社
  • 発売日: 2015/03/06
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 
喫茶とインテリア WEST

喫茶とインテリア WEST

  • 作者:BMC
  • 出版社/メーカー: 大福書林
  • 発売日: 2016/10/08
  • メディア: 単行本
 
地元パン手帖

地元パン手帖

  • 作者:甲斐 みのり
  • 出版社/メーカー: グラフィック社
  • 発売日: 2016/02/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

今週のお題「クリスマス」

お題「ひとりの時間の過ごし方」

 

*1:特に天気予報では話題にならない。降水確率も40%とかその程度。

*2:こんなところで再開するとは!