映画『完全なるチェックメイト』

昼から静岡のミニシアターで、『完全なるチェックメイト』を鑑賞。

チェスを扱った作品は、小説でもノンフィクションでも大好き。特に昨年読んだ『盤上の夜』は、読んでいて世界の色が変わったような不思議な体験だった。
もちろん小川洋子の『猫を抱いて象と泳ぐ』も好き。楽しい話ではないのに、たまに引っ張り出して読む。

盤上の夜 (創元SF文庫)

盤上の夜 (創元SF文庫)

 

 

猫を抱いて象と泳ぐ (文春文庫)

猫を抱いて象と泳ぐ (文春文庫)

 

 

さて、映画の『完全なるチェックメイト』は、あのお騒がせ世界チャンピオンであるボビー・フィッシャー氏を描いた「事実を元にした作品」だ。
強いが変人、陰謀論にとりつかれた神経衰弱チェスプレーヤーとして有名な人。晩年には日本にも滞在した。

天才と変人は紙一重である必要も、天才は必ず変人である必要も無い。
彼の場合は、時代と環境と、もちろん本人の資質が、その偏屈さを修正させなかった。あるいは冷戦や出自が、その病を深める。それが強さの代償なのか、逆に「まともな人」になれたらさらに強くなったのかは、映画だけではわからない。
彼は幸せだったのだろうか。
「しんどかっただろうな」とは思う。

望んでいた勝利を手にした時ですら、目はガラスのように冷たく開かれていた。にこりともしない。印象的なシーンだ。

 

これがつまり、修羅の世界というやつなのかなあ、と映画館を出たあとに(ジェミニーズでフレンチトーストを食べながら)考えたりもした。
単純に、天才の悲哀、紙一重の人の変わった人生、とは片付けにくいもやもやが残る。

変な話だが、ボビー氏が存命だったならば、村上春樹氏にインタビューしてもらいたかった。何か面白い本になったのではないか。

 

主人公はエキセントリックかつ騒がしい。
時代背景だってばたばたしている。
演出も音楽も、派手だがちょっとダサい。
そんな作品だったが、静謐さを感じ続けていた。それはチェスというマインドスポーツのせいかもしれない。

 

 

完全なるチェス 天才ボビー・フィッシャーの生涯 (文春文庫)

完全なるチェス 天才ボビー・フィッシャーの生涯 (文春文庫)

 

 

 

ちなみにフレンチトーストはこんな感じ。

https://www.instagram.com/p/BCUahbMGMda/

美味しかった。