チョコチップクッキーが見つからない

コペンハーゲン ダニッシュミニクッキー 250g

職場でいただいた、チョコチップクッキー(森永製菓製:2枚入りの小袋)を食べようと、さきほどお茶を淹れた。もう寝る前なので、カフェインレスのハーブティー。シナモンとリコリスタンポポの、香りが良くて安眠できそうな組み合わせ。

そしてクッキーを食べようとしたら、どこにも無い。
仕事用のかばんから出して、手に持ったままお茶の支度をして、たぶんその時にどこかに置いて、台所に行ってお湯を入れて、戻ってきてティーバッグを投入し、しばしTwitterなどに関わり、そして行方不明。

それほど頻繁ではないにしろ、こういう事がある。老化を疑ったが、しかし若い頃からこの「極めて短時間かつ重要でない物品を自室で紛失する事象」は発生していたから、きっと僕の素敵な個性(※綺麗な表現)なのだと思う。キラキラ天使、と名付けたい。人は誰もが天使なのだから。

こういうキラキラを磨いて幸せになるのも悪くない。しかし現実にチョコチップクッキーが食べられないとなると、困る。

自室に監視カメラが欲しい。完全にスタンドアローンかつ、僕以外には閲覧できないようにデータが暗号化された、直近3日間ほどの動画を撮影する、自分監視カメラ。いざという時は、それで自分の記憶喪失を補完する。数分前に車のキーを何処に置いたのか、エアコンを切り忘れていないか、探すよりも早く“巻き戻し”で確認できるのだ。

そのうち、Googleかどこかが、画像を簡単に検索できる仕組みを作るだろう。そうしたら、もっと楽になる。ドローンでも次世代AIBOでも、とにかく自分監視ロボットをいつも身の回りに配置して、日々の自分をサポートしたい。脳が阿呆になってもかまわない。

それよりも、チョコチップクッキーをあちこちに(あらかじめ)配置するとか、チョコチップクッキー専用の小さな棚を作るといった工夫のほうが、現実的かもしれないけれど。

 

ちなみにチョコチップクッキーは、どういうわけか、枕の上にあった。僕の代わりに寝ようというのか、クッキーの分際で。
なんとなくもう、今日は食べる気が失せた。そのほうが身体には良いし、そのほうが明日の楽しみが増える。そして今日は、もう寝る。お茶で満足した。

 

 

 

 

ところでこのクッキー(下の画像)、箱にはもちろん「クッキー」と書いてあるのだけれど、でも「ビスケットは森永」とも書いてある。クッキーとビスケットはほとんど同じもの、と分類されるらしいが、それでもちょっと違和感がある。 

森永製菓 チョコチップクッキー 14枚×5箱

森永製菓 チョコチップクッキー 14枚×5箱