3D映画『アバター』を観た

昼過ぎに映画を観に街に行ってきた。

3D映画の『アバター』を観た。

大昔の3D映画といえば、板みたいなキャラクターが不自然に浮き上がって見えていたものだけど、さすがに最新作、とても綺麗に3Dになっていた。

ただし、まるで合わない眼鏡(または重い眼鏡)をしているみたいに目が疲れた。
肩までこってきた。3D眼鏡のささいな汚れも、とても気になる。
大作なので、疲れるのには本当に困った。

ストーリーは特筆すべきことはなし。
SFとしてはアラが目立つ作品。
純粋に、3DとCGの技術を楽しむのなら良いと思う。
そういう意味では、『ジュラシックパーク』のような記念碑的作品になるのかもしれない。

オヤツはカフェCapuの黒豆アイスクリームとミント緑茶。
久しぶりに行ったけど、ここのデザートは全般的に美味しい。

総じて、充実した土曜日だったと思う。