ララバイ・パーティー・ナイト

静岡でのお仕事が週末には終わる。
ということで役員各位が全国から集まって、慰労の宴を開いてくれた。

といっても手配は自分が行う。僕は総務部長的なお仕事もするのだ。従業員数一桁の会社だから仕方がない。


支払いが社長(というか経費ですね)とはいえ、自分達への慰労会を自分で準備するというのは、なかなかにやりにくい。
お酒を飲んで大騒ぎするのが大好き!という人達が多ければ居酒屋で良いのだろうけれど、今回そういう人は1人もいない。あまり高い店を選ぶのも気が引けるが、我々が普段行くような庶民的な価格のお店では役員達には「宴」っぽく無い。自分の趣味全開だと、夜にカフェごはんの会になってしまう。
結局、当日予約が可能という制限により、中心街にある小奇麗な和食料理店でコース料理を食べた。
たぶん社長や副社長が普段行くお店よりも安いが、魚の質が高いだけで喜んでもらえるのは、静岡という土地の良いところ。「この価格帯でこんな良い刺し身が出るのは産地ならではだよ」と変な褒め方をしてくれた。

 

1518! イチゴーイチハチ! (6) (ビッグコミックス)

1518! イチゴーイチハチ! (6) (ビッグコミックス)

 

 

 

色々と大変なことが多すぎた職場だ。
言葉でつけられた傷は一生忘れない。どうしても「野良犬に噛まれた」と見做すしかないトラブルも多々ある。
でもまあ、あと数日で全てを放り出すことができる。
そして、今日こうして皆で美味しいものを食べて、礼儀正しく挨拶ができた。
それだけでも、一応の区切りになったのではないか。
年若き仕事仲間達も、そういう、多少なりとも前向きな感想を持ってくれたらそれだけでも嬉しい。「100%無駄だった、消耗しただけの1年だった」とは考えて欲しくないのだ。少なくとも自分達は笑って働くこともあったし、今日はこうして役員が集まって謝罪と慰労の会を開いてくれた。

 

さて、明日から数日間、多忙な日々となる。
今日はもう寝ます。おやすみなさい。