アボカド・アーモンド・スムージー

 新しい勤め先が決まった。ずいぶん長い期間、日銭稼ぎ的な仕事ばかりしてきたから、これで一応は安心。長く続けられれば良いのだが、身体に障らない程度に頑張ろうと思う。
 病気(鬱病)になって休職、そのまま退職して実家に帰ってきて自宅療養、その後の職探しと、自分でもよくわからない位に長くてぼんやりした、そしてきつい年月を過ごした。今は健康だが、なにしろ心身共に病んでいたせいか、数年前の記憶が曖昧としている。
 実家暮らしだった事、それほど金のかかる趣味を持っていない事、ある程度の貯金があった事、そして副業(イラスト描き)などで少しだけ収入があった事で、なんとか(金銭的には)乗り切れたのだと思う。たくさん旅行にも行ったしケーキはやたらと食べたし本も買っていたけれど、今のところ退職金には手を付けていない。

 

 その就職祝いも兼ねて、今日は知人に昼食を招かれた。家から徒歩数分にあるアパート。知人とは数ヶ月間だけ派遣社員の仕事で一緒だった。仕事中に話すようになり、引っ越しの手続きを助けたり、あるいは電子機器の操作を教えたりして、お互いに派遣期間が終わってからも交流を続けている。僕としては性別も年齢も違う知り合いなので、異文化交流的な面白みがある。僕の知る、数少ない「最近の若者」といえる。

 知人はここ数年、ロハスっぽい方向への転換を図っている。もともとヤンキーとかギャルっぽい人だったのだが、思うところあって別方面への模索、あるいは迷走を続けている。少し前までは環境に過敏(電磁波忌避とかアンチ放射能とか毒出し系)で、その前はライトなスピリチュアル、そして最近はヘルシー志向らしい。「パンケーキは卒業した」と言っていた。
 というわけで今日の昼食は、手作りのスムージー。
 高出力のミキサーを買ったばかり、とのこと。アボカドとアーモンドと豆乳のスムージーを作ってくれた。バナナも入っていたと思う。初めての味で美味しい。なんとなくジーマミー豆腐っぽい。
 しかし会食の際にスムージーというのは、なんとも間が持たない。お腹は膨れるが、あっという間に終わってしまう。だから2杯目を作ることになった。
 2杯目は、僕の手土産(梨とプラム)を使った。ここに湯がいた豆苗を加える。梨は美味しい果物で、プラムだって素晴らしい。スムージーの本によれば、豆苗も「酸味のある果物と合わせればハーブみたい!」という。でもこの梨・プラム・豆苗スムージーは、罰ゲーム的な味わいだった。稀有な、そして望ましくない形でのケミストリーが発生したのだと思う。彩りに浮かべた冷凍ブルーベリーすら不味い。

 ヘルシーとは関係無く、食後には「braun Sugar」のロールケーキを食べた。この店のロールケーキは素晴らしいと思う。特に変な味のスムージーの後に食べると格別だと判明した。

 帰りがけに、「おばあちゃんが作った」という梅干しを貰った。そうか、若い人というのは祖父母が存命なのだなあ、と妙に感慨深い。
 「梅干しは身体に良いので、日々の生活に取り入れるとよろしい」と伝えたところ、「お母さんみたい」と言われてしまった。でも梅干しは一人暮らしに便利だと思う。スムージーには向かないけれど。

 

 

はじめてのスムージーBOOK

はじめてのスムージーBOOK

 

 

t_ka:diaryは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。