お昼休みにスマホをリストア

昨晩、寝る前にスマートフォンの挙動がおかしくなった。
突然、再起動を繰り返す。

とりあえず電源を落とし、アラームは目覚まし時計に任せて寝た。

 

アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))

アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))

 

 

今日、仕事中にも何度か調子が悪くなった。
私用とはいえこの電話に連絡をする上司もいるのだ。そうでなくても忙しい今日この頃、とにかく元に戻さなければならない。

考えるが面倒になって、昼休みに「出荷状態に戻す」操作を実施した。

ごはんを食べている間に「まっさら」な状態になって、そこから最新版のOSにアップデート、そして個人用設定や過去のデータがほぼ自動で復旧されて、60分の間に絶好調となった。

いままで多くの「パーソナル・コンピュータ」を扱ってきたけれど、リストアがここまで早く、簡単になった事は純粋に驚いている。
GoogleAppleクラウドサービスが半自動で個人データを管理していること、自分でもバックアップの分散配置をしていること、そういう技術と工夫は解るのだが、それにしても予想外だった。

 

星を継ぐもの (創元SF文庫)

星を継ぐもの (創元SF文庫)

 

 

システムが占める容量は半減した。
とりあえず頻繁に使うアプリは片っ端から開いているが、再ログインすら求められないものも多い。何かしらの不便を覚悟していたが、今のところ不具合らしいものには遭遇していない。

 

世の中とんでもない事だらけ。しかし電話とコンピューターに関しては、確実に進歩している。

 

ところで自宅のiMac、アップデートして「Mojave」にしたら、日本語変換が遅くなってしまった。とはいえこれはAtokによくあること。いつも最初は遅いのだ。なぜか数日で回復する。メッセージウインドウも何も無いことも仕方がない。きっとMacにも言いたくないことくらいあるだろうから。