ごはん会とフェロモンとチーズケーキとパソコン操作

仕事帰りに、同じ職場の女性社員さん達とごはん会をしてきた。
美味しいものがたくさん、会話もたくさん。女性たちの賑やかな話を聞いているうちに、いつしか僕が独身であることについて話題が移っていった。努力不足、何かが欠落している、そういう結論が(本人を抜きにして)導き出されたが、僕自身はその件についてはコメントを差し控えたい。
若い女性たちが考えているほどに、おっさんの独身生活は(少なくとも僕の場合は)特段の危機感は無いものだ。いちばん若い人に「それは間違っている!」と怒られてしまったが、でも間違っていたとしても死ぬわけじゃないし、こうして女子会じみた集まりに参加させてもらっているだけでも果報者だと(我が事ながら)思う。

僕としては、男ばかりの飲み会よりも、こういった“女子社員の集まり”のほうが、気楽に楽しめる。飲酒が苦手、いわゆる性風俗関係にも興味が無い、食後には甘いものが食べたいし、お喋りもしたい、そういう性向を持つと、「夜の街に繰り出す」なんて事は、はっきり言って苦行である。

 

 

そして先ほどまで、友人宅で簡単なパソコン教室を行ってきた。
ExcelやWord、PowerPointの操作方法、活用法を1時間。その後にWindowsの便利な使い方を少し。タブレットスマートフォンの操作も話した。WindowsパソコンもExcelもWordもPowerPointも持っていないし、さらにタブレットも所持していない、でも教えることはできてしまう。プロではないから、即答はできない時もあるが、今はインターネット検索がとても便利なため、答えに窮することは無い。テキストだって良いものが揃っている。
今日は、自営業者ばかりの集まりだったため、各人の「やりたいこと」が明確で、教えやすかった。そういうことがしたいのならば、さらにこれも、と提案しやすい生徒(友人達)ともいえる。

このパソコン教室の場でも、やはり僕の私生活について問題提議がされた。
要約すると「あなたにはフェロモンが足りない」とのこと。なかなか鋭い意見。的を射ているのかはわからない(自分のフェロモンを知覚できないのだ)、でも精神的には「鋭利だ」と思う。
フェロモンはともかく、パソコン教室のお礼兼夜のお茶菓子としていただいたチーズケーキはとても美味しかった。ごはん会の後だから満腹だったのに、きちんと食べられた。浜松の「まるたや洋菓子店」のチーズケーキ、パッケージが可愛くて、味はさっぱりしていて食べやすい。まるたや洋菓子店といえば「あげ潮」だが、看板に書かれている通り、チーズケーキも素晴らしい。
つまり、甘党紳士にフェロモンは不要なのだ。あれば便利かもしれないが、たぶん一朝一夕には習得できないのではないか、と考えている。

2つの女性ばかりの集会に参加し、隅のほうで美味しいものを食べ、必要に応じて自分の意見を言い、そしてフェロモンその他の欠落について指摘された、そんな夜だった。
皆、とても元気だ。僕は満腹で疲労して、正直なところとても眠い。どちらも楽しい集まりだったのだが、それはそれとして、今はもう寝る。