お雑煮と、リッツ(ハニー&バニラ)。

2018年、最初の出勤を終えた。
順調。

年末年始があったとはいえ、仕事の締めは年度末だから、実のところ気分以外の区切りは無い。だから順調なのも平穏なのも当然かもしれない。

まだ家にお餅が大量に残っているから、今日は昼休みに一時帰宅して、お雑煮を食べた。自宅が近いと、こういう時便利だ。
鰹節をたくさん使った出汁に*1、醤油や塩は少なめ。お吸い物としても物足りないくらいの味付けにして、具も少しの三つ葉とカイワレ大根程度。そこに焼いた餅を投入する。とろろ昆布をふわっと乗せる。
この、汁物としては淡すぎるくらいの食べ物が、餅には合う。主食っぽい感じが強くなるのが面白い。

主食といえば、夕食は白菜と春菊と鶏肉の鍋だけで、ごはん類は抜いた。
代わりに夜のおやつを食べる。リッツの「ハニー&バニラ」味を食べてみた。

帰り際、職場の人に貰ったのだった。

http://www.ritzcrackers.jp/images/product_img_honey.jpg

やや甘く、塩味は控えめ、バニラなのか甘い香りがする。
リッツに求めるものとは違うかもしれない。が、美味しいと思う。ディストピア世界における「合成あるいは模造品によるリッツパーティー」の趣があって、なかなか楽しい。
リッツといえば、ヤマザキナビスコが製造販売を止めて、今はモンテリーズカンパニーが作っている。なんとなく全体に薄くなったというか(厚みではなくて、味の印象です)、リッチさが足りない気がしてならない。リッツの持つ祝祭感は、ヤマザキナビスコのルヴァンが継承している。
今のリッツは、海外で作られ100円ショップなどで売られている類似の品に近い。ちょっとだけ物足りない。
ちなみに香ばしさを増やすためにオーブントースターに入れると、ある瞬間に発火するので注意が必要。色が変わった、と思った時には焦げ始めていると考えたほうが安全。温める程度がよろしい。
そして「ハニー&バニラ」はそのまま食べるのが美味しいと思う。とりあえず今日は箱から出して、非加熱のまま食べた。

 

お題「お餅の食べ方」

 

*1:正確には、削り節を多めに入れた椀に熱湯を注いだだけ。削り節も食べちゃう。