大人のクリームソーダとSF大会と誕生日

午前中は家事に勤しむ。
午後、暑さを我慢して外出。
家の中で延々と工作や手芸の類をしているのもつまらない。

http://www.donbura.com/sf56/content/images/main_image.png

とりあえず東静岡の「グランシップ」で開催中の「日本SF大会」を少し見物。といっても無料で入れる部分だけ、しかも短時間の滞在。
とはいえ、愛読書の作家さんらしい人とすれ違えたり、いかにも楽しそうな雑談が聞こえてきたりと、さすがSF大会である。明日はもう少しきちんと時間をとって、遊びに行きたい。

  

www.donbura.com

SF大会―和田誠イラストレーション集

SF大会―和田誠イラストレーション集

 

 

SF大会―和田誠イラストレーション集 (1982年)

SF大会―和田誠イラストレーション集 (1982年)

 

 

 

https://www.instagram.com/p/BYP0SEVHTbY/

さてさておやつを食べよう、と訪れた「Atelier Petit*Calin」は、ケーキが全て売り切れだった。こういう時にも前向きなのが甘党紳士というものである。つまり、普段は飲まないような甘いドリンクを注文することにした。
幸い、この店は面白そうな飲み物がたくさんある。どれも間違い無く美味しい、という信頼感もある(ミントミルクティーが好き)。
その中から、「大人のクリームソーダ」という品を選んでみた。
クリームソーダ、あの緑色の甘い炭酸とアイスの飲み物、古い喫茶店は好きだけれど、注文したのはサブカル大学生の頃が最後だったと思う。だって美味しい飲み物ならば他にたくさんあるから。

何が「大人」なのか。
ソーダ部分が、パッションフルーツ味だった。
パッションフルーツの独特な酸味が、とても爽やか。なるほど大人だ。
それから、上にどっさり乗ったアイスクリームも美味しい。可愛らしいクッキーは、中年男子と、その精神に潜むオトナ女子も大喜びだ。

たまにはこういうものもいい。飲み物ひとつで満足した。

ブログ:petit*calin日和

 

 

夕食は兄家族と。僕と父の誕生月ということで、甥姪がそのお祝いをしてくれた。
皆で食事をして、プレゼント(僕には無印良品の品、というのが定番となっている)を貰って、ケーキを食べた。
自分の誕生日に何もしなかったので(旅行の最終日で、正直なところ忘れていた)こういう祝いごとは嬉しいもの。というか、甥と姪が楽しんでくれているのが、僕も楽しい。

 

 

SONG OF THE SEA

レザークラフトや木工といった趣味の品々のせいで、部屋がごちゃっとしている。同時並行して多くのものに手をつけた結果だ。
この部屋の散らかり具合はすなわち精神のそれに繋がっている、と思う。なんとなく落ち着かない。そろそろ収束させなければ。

明日は(元気があったら)映画を観に行こう。
ソング・オブ・ザ・シー 海のうた、を観たい。これ、静岡市の映画館では「親子上映会」なのだが、中年ひとりで入れるのだろうか。行ってみて、雰囲気で決めたい。Amazonでも数百円で観られるのだけれど、映画館で観たい気分。

 

ソング・オブ・ザ・シー 海のうた [DVD]

ソング・オブ・ザ・シー 海のうた [DVD]