読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウナギが絶滅しても、コンビニは無くならないじゃん

仕事 料理 サイエンス 言葉 静岡

表題の言葉は、今日、お昼休みに聞いた。

菓道 蒲焼さん太郎 1枚×60袋


ウナギに関しては、県内に産地を抱えていることもあり、まるで無関心という人のほうが珍しい。僕のようにWebや書籍で状況を知っている人や、新聞を読んでいる人の多くは、「むやみに食べるのは止めておこう」というのが共通認識だろう。もちろん程度の差はあれど、今さら土用の丑だからといって、あるいは牛丼屋でも発売されたからといって飛びつくのは、あまり格好の良いものではない、くらいの気分でいる人が多いのではないか。
ちなみに僕は、1年に1回、お気に入りの専門店で食べられればいいや、と考えている。
小中学校そして高校と、親が留守の時の便利なストックおかずとして、スーパーマーケットの特売やウナギ販売店(というのが地元には沢山あるのです。白焼きや蒲焼きを小売りするカウンターのみのお店)で安く買えるウナギの蒲焼きを活用してきた事に、少なからず罪悪感も感じている。冷凍庫にあるウナギの蒲焼きを温めて、ご飯に乗せて、後は酢の物と汁物でも作れば夕食になるのだから、便利は便利だった。
お気に入りの専門店に関しても、「もう、ウナギはここだけでいいや」という、「あがり」の店に出会ってしまったので、「覚えていたら楽しむ、個人的な行事」としてウナギは完結している。ウナギ、秋冬のほうが美味しいそうです。

 

さて今日は、昼休みの話題に、そのウナギの話が挙がった。
同僚がこう言う。「先週は吉野屋で食べたし、明後日にはお母さんと食べに行く。コンビニにも予約したし、スーパーの売れ残りも狙っている。ウナギ大好き」と。
なるほどじゃあ他の季節にも食べるのか、と問うと、そうでもないという。テレビや広告で盛り上がる「うしの日」だからこそ楽しみたい、とのこと。
まあ明確に反論するのも雰囲気が悪かろうと、僕も含めそれぞれが、現在の「ウナギ」に関するスタンスを穏やかに語る(お母さん、という言い方については言及しない)。そして、「なにしろ絶滅危惧種だからね」と締めくくったところで、最初の言葉だ。

「ウナギが絶滅しても、コンビニは無くならないじゃん。困らないよ」

怒ったり呆れたりするよりも、なんだか感心してしまった。
様々な情報を得て、さらに「環境問題は国民共通の課題」くらいのぼんやりとした意識くらいは持っている筈の人間が、こういう結論に辿り着くのか、と。面白い。
コンビニエンスストアが消えることのほうが、肌身に感じる危機なのか。うんまあ、ウナギが絶滅しても好物のメニューリストが1行減るだけかもしれないが、確かにコンビニが消えたら不便だ。しかしウナギは復活しないが、コンビニはきっと蘇る。それに、コンビニは今のところ絶滅の兆しは無い。

 

この人は、というか世間にはそれなりの割合で存在する人々が、「雑談時には、わざと雑で荒っぽい事を言うべきだ」と考えている、ように思っている。「馬鹿話をしてこそ、"腹を割った間柄"だ」という人達。でも自己啓発本は大好き。

悪い人ではないけれど、でも僕とは根本からずれている人なので、こうしてブログのネタには事欠かない。「広島の平和祈念公園は、グロかったけどめっちゃ泣ける」みたいな事を言っていた。「言葉を選ぼう」と提案したら「本当にそう思ったのだから、自分の気持ちには嘘はつけないから」と言われてしまった。
というわけで、異文化交流っぽい楽しみかたが出来てしまう昼休み。向こうは「自分と違う意見を持つ=自分を尊重していない」と、不満そうなのだが。

しかしコンクリートジャングルで育った(暗い目で通勤電車に揺られる、大切な何かを失った)都会人ではなく、山と海と川と国道沿いのチェーン店に恵まれた田舎の人間が、ウナギの心配をしないというのは、かなり危うい。ウナギは誰を頼ればいいのか。ネットのインテリか。
ともあれ、企業に乗せられて環境破壊、なんて、「偽悪的に振る舞うのが格好良い」と思っていても、俯瞰して見ると、ややマヌケだと僕には思えるのだが、どうか。

 

 

うな丼の未来 ウナギの持続的利用は可能か

うな丼の未来 ウナギの持続的利用は可能か

 
魚を獲り尽くす日本人 Wedgeセレクション

魚を獲り尽くす日本人 Wedgeセレクション