アイコン作りは時間泥棒

それほど遅くない時刻に帰宅できて、余裕があるはずなのに、もうこんな時間。
今日こそは早く寝ようと思っていたのに。


先日から「Filmarks」というSNSっぽいものに参加して、そのアイコンを作っていたのだ。技術的には年賀状の画像と同じだけれど、色の調整に凝りはじめたら、あっという間に1時間経っていた。

ちなみに、「Filmarks」は、僕はAndroidのアプリでログインしている。iOSなどにあるのかは、知らない。映画の情報共有(観た履歴やレビューやコメント)で繋がるネットワークサービスなので、興味がある人はフォローしてください。

 

映画レビュー | Filmarks(フィルマークス)

映画レビュー | Filmarks(フィルマークス)

  • 株式会社つみき
  • エンターテインメント
  • 無料

 



といいつつ、僕の本名がわかりそうなユーザー名だから、ここでIDを公開するわけにはいかない。
コーヒーを負ったカメのアイコンが目印。あとはもしかすると、僕のレビューあたりから運良く見つかる人がいるかもしれない。何らかの手段で連絡をくれれば、IDは教えます。こんな不親切なアカウントですが、フォローは大歓迎です。

なお、同じ職場の人などがフォロワーにいて、彼らにはこのブログは秘密にしているため、その辺りの配慮はお願いします。

 

さて寝る。今、寝る前の読書が面白くて困る。
ラグランジュ・ミッション」は、映画になりそうな、近未来小説。なるほど宇宙海賊はクラッカーなのか。

 

ラグランジュ・ミッション (ハヤカワ文庫SF)

ラグランジュ・ミッション (ハヤカワ文庫SF)