大豆の活用

節分 鬼 お面/赤鬼面

毎年のことだが、福豆、つまり炒った大豆が余っている。
僕はこれが好物で、多めに買っておいて、ナッツのように明日以降も食べ続ける。
店によっては通年売られていて、そういう豆はいくぶん高価だが美味しい。今の時期だけスーパーマーケットにある豆は、実はとても安い豆であり、食べ比べてしまうと残念な気持ちになる。とはいえ価格は安いし、それでも十二分に美味なので、目についたら買うことにしている。

 

そのまま食べる以外にも、色々な活用法がある。
炒ってあると、大豆は煮えるのが早い。今日は炊き込みご飯にしてみた。
味付けは栗ご飯のようなあっさりしたもの。塩を控え、醤油を足す。他に具は使わない。これが鄙びた味わいで、宿坊料理風というか、地味ながらも旨みが楽しめるのだ。
ちなみに黒大豆の炒り豆で作ると、黒米のような色合いに染まる。

 

そして今年もまた、浸し豆にした。
天つゆくらいの出汁と醤油に豆を浸し、冷蔵庫へ。明日の夜が食べ頃。
これは日持ちがしない。

醤油を多め、あるいは濃縮めんつゆそのままだと、佃煮的な味になる。これは炒め物の味付けにも使える。輪切りの鷹の爪などを入れると、なお良い。
酢醤油に漬けると、不思議な味。健康食品の味わいだが、でも箸は進む。お弁当のごはんに混ぜ込んでも良い。
味付けが濃いほうが、当然長持ちはするが、いずれも要冷蔵になる。

以前、どこかでトマトスープの具にしていたのを食べた記憶がある。
ベーコンの角切りと、缶詰のトマトと、炒り豆とタマネギ。あれは美味しかった。

 

豆とは関係無く、夕食に豚汁を作ってみた。
同僚から聞いた「具はタマネギと豚肉のみ」という豚汁。
たぶんこんな感じかな、と脂の多い薄切り肉と、たくさんのタマネギで、味噌は多めに仕上げてみた。
いつもの豚汁に期待する味とは大きく違うが、がつがつ食べる気分が強めの、いくぶんジャンクフード寄りの(労働者の味、と言うと語弊がるだろうか)料理になった。
僕はこれ、好きだ。
七味唐辛子をたっぷりかけて、主菜として味わった。
ネギくらい入れたいなあ、という気持ちを抑えて食べる、どこまでも茶色い汁物。試してみて良かったと思っている。