malelicaのイベリコ豚ベーコンカレーと、和菓子屋のスイートポテト。

今日は半日だけお仕事。その後は清水区へ。
まず昼食。今日は入船町の「malelica」に行ってみた。

表通りから少しだけ中に入ったところにある、こぢんまりとしたお店。2階が店舗で、これが喫茶店だったら、たぶんとても入りづらい。でも階段も看板も綺麗に手入れされていて、入るのを躊躇するタイプの喫茶店やスナックとは、やや趣が異なる。
駐車場もあって、場所さえ把握できれば不便なところは何も無い。

この店は、カレー専門店。
でも特に気張ったところがなくて、明るい店内は、手芸好きのご婦人の趣味がそこかしこに見られる。メニューは数種類あって、おすすめは「イベリコ豚ベーコンカレー」とのこと。

そのカレーが、とびきり美味しかった。
イベリコ豚のベーコンは、ちょっと厚切り。脂が甘く、確かにイベリコ豚を誇るだけある味。このベーコンだけでも、この店に来た甲斐があった。
カレーはスパイスの香りがしっかり感じられる。しかし激辛というわけではなくて、「中辛より少し辛め」と注文したのに、刺激はそれほど無い。全体にまろやかで優しい味なのに、スパイスの味と風味が強いという不思議な味。辛みはあるのに、尖っていない。
そして半熟の目玉焼きもまた、まろやかさを強めている。
全体に優しいのに、カレーの風味とベーコンの味が強い、それが素敵なバランスを生んでいた。

優しげな老婦人が1人で切り盛りしているのに、この個性は何なのだ。港町の古い街にある店とは思えない。
びっくりしたし、予想外に楽しかった。
正直なところ、ヨガや民族音楽を愛好する人がやっている古い住宅を改造した自然派カフェなんかより、個性的だと思う。
超自然的な内容のナチュラル・イベントのフライヤーも無いし、ヒーリングミュージックもマクロビオティック講座も無い。ただ、食べ物が美味しくて、それが他では食べることができないのだ。素晴らしい。

 

映画館もある総合商業施設「エスパルスドリームプラザ」から歩いて行ける距離。フードコートが混んでいたら、散歩がてら行くのもおすすめ。豊かな気持ちになれます。

https://www.instagram.com/p/BA9D92kmMcN/

さて、先ほど知人から「桃園」のスイートポテトをいただいた。
大好物、と断言できる。でもなかなか買う機会が無い。

静岡市日吉駅から徒歩数分のところにある、古い和菓子店。和菓子といってもプリン(とても大きい)やバナナボート(ずいぶん大きい)や、そしてスイートポテト(大きい)が人気なのだが、ともあれ店構えは和菓子屋。奥の方には寒天(砂糖がまぶされた日持ちするタイプ)で作った果物や季節の花を象った品が並んでいて、誰が買うのかといつも不思議に思う。他には松露などもある。

この店のスイートポテトは、台座(?)がタルト生地で出来ている。アルミカップよりもタルトのほうが断然美味しいので(アルミニウムは歯の詰め物との関係で電位差が生じるし、味も良くない)、これは他店も模倣して欲しい。
味は「芋のためにバターと甘みを加え、芋のために卵液で焼き色をつけた」という感じ。とにかく薩摩芋の味が生きている、でもきちんとお菓子になっているのだ。家で作るものとはひと味違うのは、やはりプロの技なのだろう。

そんな「静岡県最強のスイートポテト」が、2個も手元にある。ほくほくしてしまう。

では今からカフェオレを作る。
夜用にカフェインレスのインスタントコーヒーを買ってあるのだ。夜なのにスイートポテトを食べるのだ。やっほう。

 

静岡百景

静岡百景

 
ポケットに静岡百景

ポケットに静岡百景