夏にウールの靴下を

smartwool(スマートウール) ハイキングミディアムクルー グレー(GY) Msmartwool(スマートウール) ハイキングミディアムクルー女性用 SW71212 ウィロー S


よく歩き回る仕事なので、靴下は色々と試している。
冬場の定番だったのは、ウールのトレッキング用靴下。ウールといってもハイテクな混紡で、いつもさらっとしていて、でも温かく、洗濯に耐え、クッション性が高い。もっと高機能な登山用靴下もあるけれど、仕事用にはトレッキング用で十分。
ちなみに旅行の時も重宝する。歩いた時の疲労度が違ってくるし、雨に濡れてもさらさらして、宿で手洗いしたら一晩で乾く。

というわけで、仕事の時に愛用していたのだけれど、さすがに夏場は暑いだろうと、春からはスポーツ用の靴下に替えていた。悪くはないが、いまいちクッション性が足りない。
しかし考えてみれば、夏場のトレッキングにも対応しているのだから、替える必要は無いのだ。そう考え、ここ最近はまたトレッキング用靴下にしている。

これが、かなり快適。熱がこもらず、締め付けないのにずれず、なにより疲れかたがぜんぜん違う。
高価だが、もう仕事の時はこれに決めた。少なくとも僕の仕事に関しては、トレッキング用がぴったりだと思う。

ただ、いくつか問題があって、例えばもこもこしていて、夏の服装には合わせにくい。裾をロールアップしてくるぶしを出すくらいの丈だと、なんだか変な感じ。ハーフパンツならば「アウトドアっぽい」だろうが、そういう服で通勤はしない。それに色柄がいかにも「山」な感じで、これも夏の服や靴には似合わない。
だから今は、ロッカールームで履きかえることにしている。通勤時はショートソックスが多い。

もう1つ、大きな問題があって、今日はそのせいで実に大変だった。
僕の持っているトレッキング用靴下のうち、何足かは「水分を吸収して発熱。足先の冷えを取り除く」という機能を持っている。冬場に実感したことはないけれど、今の季節にこのタイプの品を履くと、本当にじんわりと温かい。
そして、足が暑いと、ものすごく疲れやすくなる。
残念なことに、トレッキング用靴下は、たまに買い足して増えていったために、どれがその「ウォーム機能付き」なのか、わからないのだ。加えて、おそろしく長持ちする靴下ばかり。10年履いても、またしっかりしている品すらある。
判明したものから「冬用ボックス」に移しているが、なにしろ仕事から帰ってきて洗濯をした後のこと、翌日にはもう忘れてしまっている。だから今日のように、思いがけず「熱い靴下」に当ってしまった日には、とても辛いのだ。

それにしても今日は暑かった。蒸し暑さ、という観点からすると、今年度でいちばんだと思う。しかも、たっぷりと残業した。月曜日だというのに疲労困憊である。
本日の「熱い靴下」は、洗濯カゴに放り込む前に、赤い刺繍糸を一針だけ通しておいた。こうすれば忘れない。後で収納する時に切ればいい。

 

 

ところで今初めて知ったのだが、僕が最も信頼しているトレッキング用ウールソックスである「SMART WOOL」に、短い丈のものが存在していた。
買おうかなあ。地元で売っているといいのだけれど。柄がちょっとなあ。