ジャムを煮る

bikiniのクッキー。これは凝った形。bikiniで購入。象のクッキー。レモン味。 
風が強い。昨日までと違って、少し肌寒い日だった。
自転車で静岡の街を彷徨い、書店と図書館に行く。
書店では本を買い、図書館では画集や図鑑を見る。
書店も図書館も、静岡市のほうが充実している。書籍探しは田舎より街が良い。



デパートの地下で、豆大福と柏餅(味噌餡)を買った。
レジのところで、ひょうきんな感じの(いささかキチガイじみた)知らないお爺さんに、「その柏餅と豆大福は、どういう順番で食べるのか?」と声をかけられた。
あまり関わりたくないので「大福は友人にあげて、柏餅は自分で食べる」と答えた。本当は両方とも(順番は決めていないが)自分で食べるつもり。
こういう咄嗟のことで、するりと嘘をついてしまう事がある。フィクションのほうが簡単に言葉になる。嫌だなあ、と我が事ながら思う。実害は無いにしろ、嘘には変わりがない。



輸入食品店で、知っている限り最もコストパフォーマンスの良いバナナチップスを買う。重量当たりの価格はスーパーの半額。節約生活の為に知恵を絞る。
しかし大袋なので、うっかりすると大量に食べてしまう恐れがある。そうなると節約どころの話ではなくなる。
本当の節約は、おやつを食べない事だと思うのだが、なにしろライフスタイルを変えるのは難しいのだ。でもちょっとずつ、おやつ抜きの暮らしに切り替えるつもり。




季節外れの夏蜜柑を大量に貰った。生食したが、酸っぱくてぼそぼそしていた。
というわけで、皮を剥いて、実だけを煮てジャムにした。
皮の薄切りは煮出すだけにして取り出す。風味とペクチンの為。
最後に白胡椒をほんの少し。
グレープフルーツよりあっさりしたジャムができた。
砂糖を控えたから、とにかく早く消費しなければならない。主にヨーグルトに添えることになるだろう。






久しぶりに再読。大好きな本。
四日市在住時に、著者の江國香織さんの講演会に行って、サインを貰った。あの講演は面白かった。