春の雨

 
夕方からぽつぽつと雨。
今はごうごうと風雨がすごい。気温も急に下がりはじめた。


今日も晩御飯を自炊する。家族は出かけていて留守。
ずっと前に買った緑豆春雨(賞味期間はいつだろう)を使うことにする。あとは冷蔵庫にあるキャベツとモヤシとしいたけ、ハムを使用する。
タンパク源として卵も入れる。
フライパンで炒り玉子を作り、野菜とハムを炒めあわせ、お湯少々と鶏がらスープの素を加えて、春雨も投入して汁気が無くなったら出来上がり。
醤油をほんの少しと、オイスターソースと胡椒で味付けした。



見た感じは、海外で食べた炒めビーフンに近い。スパイシーさが足りない。
味は悪くない。いかにもありあわせの、学生の作る料理みたいな感じ。
ただ、春雨はもぐもぐとよく噛まないと食べられない。
ビーフンのような端切れの良さは無いので、ちょっと違和感がある。かん水を使った麺のすばらしさ(コシと柔らかさの両立)に思いを馳せる。
もう少し春雨を柔らかく仕上げれば良かった。でもこれはこれで良いと思う。



他に、ホウレン草(庭から摘んできた)をお浸しにして、酢醤油で食べた。ルッコラ(庭で雑草化中)とトマトはオリーブオイル和え。
全部食べ終わった後に、冷蔵庫に美味しそうな焼豚があると気付いた。商店街の肉屋さんの名物。これをメインにすれば良かった。