ケトルと疲労

疲れると電気ケトルをガスコンロの火にかけてしまう、と話には聞いていた。自分がそれをやるとは思わなかった。
とはいえ疲労困憊とまではいかない。どちらかといえば体調の問題だろう。
それに他の作業をしながら、普段とは違う手順や姿勢で水をケトルに入れていた。
諸々が影響して、ガスコンロの五徳に電気ケトルを置き、火を付けるに至ったのだ。

 

 

すぐに気がついて、ほんの数秒で火から下ろした。底面が少し濡れていたこともあり、大事には至っていない。
見た目もほとんど変わっていない。

この電気ケトルは、静岡で買った。
ホームセンター「Cainz」のオリジナル商品。買った後にもう1つ、友人から貰ったので、一時期2つ持っていた。
片方は職場に置いてある。
Cainzは四国に無いので、ホームセンターの品と説明すると驚く人が多い。
ちょっとデザインが洗練されていて、確かにホームセンターらしくはないかもしれない。

ケトルの注ぎ口は細くなっていて、全体的にコーヒー用のポットを意識したデザインとなっている。
コーヒーを淹れるのに便利だし、口が細いとその他の作業にも使いやすい。
個人的な好みで、さらに口をつぶして細くして使っている。

たぶん引っ越してから、最も使用頻度が高い家電製品だろう。
目が覚めたらとりあえずON、スヌーズで追加の睡眠をとる時ですらこのケトルだけはONにすることさえある。
寝る前には水を入れておく。

沸騰までの時間がもう少し速ければ言うことはないのだが、でもワット数が上がれば電子レンジ等との同時使用も難しそうなので、これで十分。
今のところポットは持っていない。お湯が余った場合、夏用の魔法瓶にとりあえず入れることはあるけれど、基本的には必要分のみを沸かす。

四国では手に入らないから帰省の折には予備を買っておこうか、とさえ思うことがある程に気に入っている。
安いし、そしてこういうものはいつの間にか廃盤になるから。
蓋のノブに不要なブランド名が刻印されているので*1、そこだけは交換するつもり。
とりあえず、火にはかけず大切に使いたい。

 

 

 ↑これじゃないです。

 

では寝ます。
今日は帰宅してから色々と失敗が多い。
iMacの調子も悪い。こういう時は寝るに限る。夢の中なら失敗しても数時間で帳消しになる。

 

お題「愛用しているもの」

*1:AMADANAが企画した商品なので。