やきとり

今日は半日だけ休み。午後に、古い知り合いと会ってきた。
知り合いというか、大昔に交際していた相手。たまたま帰省していて、しかも僕のブログ(このブログだ)を見つけたという。
別に喧嘩別れした訳でもないから会うこと自体は抵抗が無い。たぶん昔話をして、近況報告をして、ちょっと馬鹿話をするのだろうと予想していたが、全くその通りになった。村上春樹江國香織の小説のような(いささか奇妙な味わいのある)事件は、僕には縁遠いようだ。

 

彼女の希望で、昼間から開いている鶏肉料理の居酒屋に行った。
僕はお酒が苦手だから、居酒屋がとても珍しい。せっかくの機会なので、ヤキトリをもりもり食べる。ランチセットにも小さな串が付いてきたけれど、それとは別に盛り合わせを頼んだ。

隣の席にいたアメリカ海兵隊員みたいな人達も、ヤキトリをもりもり食べていた。皿の様子から、ネギは好きでは無いみたいだった。それからシシトウも残していた。
それにしても美味しそうに食べる人達だった。アメリカ人の多くはテリヤキ味が好き(甘くてしょっぱい味が好き)と本で読んだが、それが本当だとしたらヤキトリは最高のご馳走だろう。
しかし平日昼間の静岡市に、なぜ海兵隊員がいるのだ。もちろん制服ではないけれど、お揃いの部隊ロゴ入りカバンを持っていたし、戦争映画に出てくるような靴を履いていた。

 

 

食事の後は、ケーキとお茶。今日は「キルフェボン」に行った(いちごタルトを食べた)。
その後、静岡土産と東京土産を交換して、いつかの再会を約して別れる。
もはや懐かしい古い友人だが、それでも多少の感慨はある。
ちょうど先日、大学時代の恩師が退職して、その祝いの会に行った。子供の頃から使っていたハサミが壊れた。その他いろいろと、昔のことを思い出させる出来事が続く。
ひとつの節目なのかな、と思う。節目だから何なのだ、とも思うのだけれど。

 

 

やっぱり美味しいものが好き (文春文庫)

t_ka:diaryは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。