読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

瀬戸内の宿

ようやく、秋の瀬戸内国際芸術祭に向けての準備が進み始めた。やはり、宿をとると、それを“起点”にプランが固まっていく。
今回は島へは泊まらない。どこも宿が空いていなかった。まあ、最初の週かつ連休だから、仕方がないのかもしれない。

そして、生まれて初めての四国への宿泊。
1日目、土曜日は丸亀市の駅前。
丸亀製麺というチェーン店は静岡でもよく見かけるけれど、あの丸亀で合っていると思う。でも、丸亀市の製麺所が、日本中の国道沿いやフードコートに出店するだろうか。しかも、製麺所を名乗って。イメージ戦略じゃないかな、しかもあざとい形での、と思ってしまうが、本当のところはわからない。

2日目は高松市内。「ことでん」なる公共交通機関で10分もかからない距離。公園が近い、ということだけ把握している。

 

今回は自転車を持って行かない。
あればとても便利で楽しい折りたたみ自転車だが、10kg近いかさばる荷物を持って歩くのは大変で、しかも今回は自転車乗り入れが不可能な島にも行く。いや、まだ迷ってはいるのだが、冷静に考えるとやはり不要な筈なのだ。冷静と情熱の間で揺れ動く毎日である。

ざっくりとしたプランは立てた。地図画像に矢印を書き込んでみた(こういう時、スマートフォンは便利だ)。明日は細部を詰めて、必要な準備、例えば島でのレンタサイクルを予約したり、時刻表を確認する作業を進めていく。

そういえば、この瀬戸内国際芸術祭の便利なパンフレットが、地元の書店で無料配布されている。
島々の地図と、航路と時刻表。イベントや展示。主な街と港の略図。畳むとA4サイズで、扉開きにするとずいぶんな情報量になる。正直言って、ガイドブックを持ち歩くよりも、外出時はこれだけで十分じゃないか、と思える。これが無料か。春には貰えなかった。

OZmagazine (オズマガジン) 2016年 10月号 [雑誌]

今日、先ほど、書店で1冊の雑誌を買ってしまった。
たまに雑誌の衝動買いをする。「OZ」という、旅をテーマにした女性向けライフスタイル誌か。よくわからないが、瀬戸内国際芸術祭の特集が載っていて、他のアート系情報も充実していて(首都圏が多いが…)、判型が小さくて、スマホ版もダウンロードできるとのことで、買って損はないだろうと判断。まあ、出来心にしては実用的ではないだろうか。