読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

早く寝る作戦(Operation Snowwhite)

少し前から、意識して「ちょっとどうかと思うくらいに早い時刻に寝る」ようにしている。特に平日は、とにかく多くのものを犠牲にしてでも、寝る。そして、やりたい事は早起きして済ませる。

この「作戦」は、当初の目論見の6割程度は効果を上げている、と思う。

まず寝不足が無くなった。当然といえばそれまでだが、数日間の長時間睡眠で、目の下のくまが消え、午前中のだるさが消えた。肩こりも少し軽くなった気がする。さらに、仕事中の疲れ具合が違う。
どれもほとんど「※個人の感想です」なのだが、良い事ずくめである。

4割程度の「未達」については、要は「朝もしっかり寝ちゃっている」ため、早朝に何かをする、という事ができていないことがその理由となっている。いや、今までより20分程度は早く起きているし、鉢植えの水やり、Webのチェック、朝ごはんの準備などはそれだけでずいぶん余裕を持ってできているのだが、自分としてはさらにクリエイティブな、例えばパソコンで画像を1つ仕上げるとか、工作を進めるといった活動をしたい。今は朝が涼しいから、きっと気持ち良いだろう。
でも十分な睡眠時間であっても、朝はむにゃむにゃとベッドから動けない。

とりあえずのところ、健康増進こそ全てに優先するとの方針をもって、この早寝は続けていきたい。
多忙や遊び過ぎと同じく、そろそろ日常生活を圧迫する状況の予感はするけれど、できればライフスタイルを変える方向で、特に平日は寝て過ごしたい所存である。

関係各位には不義理と停滞を押し付けてしまっている部分はあるけれど、どうかご容赦願いたい。

 

そんなわけで、今日も寝ます。
最近写真が乏しいのは、スマートフォンの標準カメラアプリで撮影したデータが正常に保存できないため。今日は人生初の「上州うどん」を食べた(美味しかった)のだが、その写真が消えてしまった。困ったものである。色々試しているが、もちろん睡眠時間の確保が優先。カメラなんぞ後回しだ。
寝るために生きる、それが今の自分です。

 

 

「ニセ医学」に騙されないために   危険な反医療論や治療法、健康法から身を守る!

「ニセ医学」に騙されないために 危険な反医療論や治療法、健康法から身を守る!

 

 

各分野の専門家が伝える 子どもを守るために知っておきたいこと

各分野の専門家が伝える 子どもを守るために知っておきたいこと

  • 作者: 宋美玄,姜昌勲,NATROM,森戸やすみ,堀成美,Dr.Koala,猪熊弘子,成田崇信,畝山智香子,松本俊彦,内田良,原田実,菊池誠
  • 出版社/メーカー: 株式会社メタモル出版
  • 発売日: 2016/07/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (2件) を見る