ゼリーのイエの厳しさ

ふとした気まぐれで、「ゼリーのイエ」のゼリーを注文してみた。

噂には聞いていたが、確かにこれは厳しい通信販売だ。
金曜日の21:00に受付開始。その後の数分間が勝負となる。

最初に選んだ、いちばん安く、届け日も近いものは、手続きをしている間に売り切れてしまった。僕のクレジットカードは認証に時間がかかる(その代わりにいくぶんセキュアだが)ので、何度か他の日や商品で試みても、手続き中に在庫切れになってしまう。

事前に登録情報は全て入力し、そこから変更無しでの手続きをしているのに、そうなる。

仕方が無いから、ひとつ大きな箱(12個入り)を買った。
ホワイトデーの品には遅すぎる日に到着するだろう。ともあれ良い品であることは確かなので(以前、お店まで行って購入した。感動する美味さと可愛らしさだった)、届くのが楽しみ。

こういう、通信速度と操作速度を要求される買い物をしたことが無いので、ちょっと緊張し、そして楽しかった。しかし送料だけで千円以上するのか。贅沢だ。

 

知ろうとすること。 (新潮文庫)

あの地震からもう5年。
色々と思うことはある。とりあえず、この本はとても印象に残っている。
安くて読みやすく、心に残ることがいくつかある、おすすめの本。

 

知ろうとすること。 (新潮文庫)

知ろうとすること。 (新潮文庫)