読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松本支度

前にも少し書いていたと思うが、今週末に長野県松本市へ日帰り旅行を敢行する。
といっても、ものすごくお手軽なバス旅行。
静岡市の瓶詰めと焼き菓子の素敵なお店、「Chipakoya」さんが企画する、松本のクラフトフェアへの旅。用意されているのは、行き帰りのバスだけで、それ以外の余計なイベントも、道中の寄り道も(つまりお土産センター的なところへの滞在も)無い、極めてシンプルなプラン。早朝に集合し、午前中に松本市で解放され、好きなように過ごし(クラフトフェアへの参加も任意)、夕方に集合してバスで帰る、そして夜に解散
つまりChipakoyaさんが格安かつお手軽に、民芸と工芸とクラフトの街を楽しむように企画してくれた、そういう意味では実に“判っている”プランなのだ。

 

 

問題が2つある。
まず、前述の通り、集合が早朝であること。
車にしろ電車にしろ、日の出前に家を出る必要がありそう。
これは事前の準備で対応する。今も荷造りを進めているところ。事前にブログなどで調べると、温湿度や天候の変化に対応すべくそれなりの支度を必要とするみたいだ。季節の変わり目、といえばそうなのかもしれない。僕は丸1日、そのクラフト市みたいなイベントを楽しむつもりはなくて、街歩きや美術館散策もするつもりだが、でも準備は怠らない。バス旅行の良いところとして、余計な荷はバスに置いておけることが挙げられるだろう。
でもコンパクトに、軽く済ませる。別にアルプスに登るわけじゃないのだ。

 

もう1つの問題。
一緒に行くつもりだった友人夫妻が、参加できなくなってしまった。
こうなると知っている人は誰もいない。
女性の参加者が多いイベント、例えばガールズ・バンドのライブとか個展とか、もちろんクラフト系のイベントでも、「明らかに女性目当ての怪しいおっさん」が出没する。濃いめの下心から単に威張りたい、まで目論見は様々だが、でもそういう存在が存在し、基本的に嫌われているのは多くの人が知っていると思う。
僕はそうじゃないのだ、と言いたい。
それで、先ほど前述の友人夫妻に相談してみた。

「1人でも気にせずバスツアーに参加する、クラフト大好きおじさんに扮すればいい」とのアドバイスをいただいた。

夫妻のうち妻のほうが、「服装さえ気をつければ大丈夫」とチューリップハットを貸そうとする(どこで買ったのか)。
夫妻のうち夫のほうが、「我が家には無いけれど、刺繍入りのチョッキも必要」と言う。そして夫婦揃って「インディアンジュエリーの時計、木製ビーズと組紐のネックレス(勾玉付き)も揃えよう」と。

僕はそういうケッタイな存在になりたい訳ではない。
しかしとりあえずは、クラフトイベントに興味があるのは確かであるし、その方向性で行こうと思う。
オーロラシューズと、手作りの革カバンで、「クラフトっぽさ」は、十分だと思うのだが。

 

 

 とにかくそんな旅支度をして夜は更けていく。
晴れれば良いのだが。
晴れて、馴染みの無い街を散歩できれば、それでいい。実のところ、クラフトフェアよりも散歩をしたい。
散歩の途上で、良き手作り品に出会えるのが最上だろう。

 

 

素と形

素と形

 

 

ハンバーグとステーキ

遠くから帰省した友人と、久しぶりの会食。
といっても、お互いの実家から車で簡単に行ける距離の(子供の頃の行動圏内でもある)カジュアルなお店へ。

隣の市にある、ハンバーグとステーキを出すお店。ずいぶん昔からあるのに、まるで老舗という感じはしない。たまに混雑しているけれど、さすがに月曜日の夜はがらがらだった。

ハンバーグとステーキのセットメニューを注文。他に、ごはんと澄まし汁とサラダのオプションも付ける。デザートを薦められたが、甘党の勘が働いて断る。

ハンバーグはきちんと美味しかった。
ステーキは…どうだろう。不味くはないと思うが、昨今はチェーン店でも上手に焼くから、これはちょっと失敗ではないだろうか。いちおう専門店な筈だけれど、全体にべしゃっとしていて、レアではなくて生な部分と、妙に火が通り過ぎている部分がむらになっていて、やや残念な仕上がり。
仙台名物の牛タンのように細かく切れ目が入っていたのが不思議。15mm間隔くらいで深い切れ目があり、切れ目が3つほど続くとそこでカットされている。
でも友人の皿の品はきちんと切り分けられていたから、単に焼いた後のカットが下手だった可能性がある。火の通りを良くする工夫、というのはステーキには適さない筈なので。

お店の外に出てから、友人と講評を行う。
とにかくステーキ。肉を買ってきて、家で焼いたほうが美味しい、と友人は言う。僕も強く同意する。
そういえばご飯も変だった、と話が弾む。恭しく「十穀米です」と置かれたそれは、薄い塩味が付いていて、もちもちというか、おひつの中で捏ねたようなべたつきと粘りがあった。
だんだん、ハンバーグさえ落第点のような気がしてくる。味付けが「イシイのお弁当くんミートボール」みたいなトマト風味だった、などと的確な(正確には、的確に思わせる)表現で友人がその印象を固定する。
せっかくの会食、安いメシでもないのだからこれは不毛ではないかと、この話は打ち切ることにした。

さて、その後はどこに行けばいいのか。僕も友人もコーヒーが飲みたい気分。
こんな田舎では、スターバックス・コーヒーくらいしか安心して飲めるコーヒー店が無い。いや、気の利いたお店はいくつか知っているのだが、どこも定休日なのだった。
なにしろ田舎のスターバックスだから、店員さんが垢抜けない。注文した品を待っている間に、そのコーヒーやスイーツにまつわるトークをしてくれるのだが、いつもオチが弱い。会話のスタート時は帰国子女的な、あるいは長期留学帰りみたいな軽妙かつはきはきしているのだが(どういうわけか巻き舌でもある)、言葉が続かなくて、最後は小さな声になる。内容も「とにかく美味しいらしいです」とか、実に弱々しい。
今日は「普通に美味しいとあたしは思いますが……」の時点でコーヒーが届いてしまった。
でも僕はそれで良いと思うのだ。
別にこの静岡県中部に、シアトルの風を運んでこなくても良いじゃないか。僕だってコーヒーが飲めて、ドーナツかマフィンが食べられればそれでかまわない。今日のドーナツは激烈に甘く、そうそうこうでなくっちゃと、嬉しくなったのだった。甘いは正義。変な色のジェロー(ゼリーですね)が挟まっていたのも好ましい。

 

 

starbucks スターバックス サニーボトル ホワイト(500ml)

starbucks スターバックス サニーボトル ホワイト(500ml)

 

 

 

サナカンと宇治金時



映画「Blame!」を鑑賞。
なるほどポリゴンピクチュアズ弐瓶勉原作だねー、という安心の品質。圧倒される何か、新しい価値観、なんてものにはまるで出会えなかったが、とても楽しい作品でした。ファンならば是非。
僕は動画配信サービス「Netflix」の試写会なるもので観たのだが、iMacの画面で鑑賞するアニメ映画も悪くない。ようやく4K画質が活用できた。

なにしろ主人公君が徹底して無口だから、お話は彼が核であっても、どたばたするのは周囲だけ。この感じ、どこかで…と思って観ていて、ラストシーン近くになって、ああ高倉健のヤクザ映画だと気付いたのだった。
めっぽう強く、無口で、手数も少ない主人公が、肝心なところで無茶をして悪辣非道な敵を殲滅、そして別れる、というフォーマットは実にわかりやすい。

ところで僕はその悪辣非道ガールの「サナカン」さんは、ずっと「ダスキン」とか「マカロン」と同じイントネーションだと思っていた。今回の映画では「アジカンASIAN KUNG-FU GENERATIONの略)」や「猫缶(猫用の食糧缶、猫の缶詰に非ず)」だった。だから何だ、という話ではないが、これもまた物語世界を知るということなのだろう。

ところでこの作品に出てくる「駆除系」のお面、夏祭りで売ってくれないだろうか。買う人は、きっとまとめ買いする。
滋養豊富そうなあの固い食べ物も憧れる。落雁として売ればいいのに。

 

この映画に関する書籍では、ハヤカワ文庫のアンソロジー小説がとても素晴らしかった。高品質かつ個性的、そしてきちんとBlame!だった。

劇場版「BLAME!」 弐瓶勉描きおろし設定資料集

劇場版「BLAME!」 弐瓶勉描きおろし設定資料集

 

 

 

https://www.instagram.com/p/BUWdEO4jlnx/

さてそれ以外に今日は何をしていたのか。

革かばんは、来週の遠出に向けて最終調整を実施。これが最終版となるはず。開発番号からはXが取れて、晴れて「SB-01A」として制式化する。
ネジの増し締めに加えて、ナスカンの追加や各種クリアランスの微調整を実施。構造上の問題はこれで解決したはず。
そして、ここ数日行っていた“日焼け”処理も、とりあえずおしまい。どうしてもパーツごとに色味の違いが生じてしまうが、組み上げた当初ほど見た目の差は無くなった。パーツごと完成させた順に日焼けさせていたため、当初は不安になるくらいに色が違っていたが(Instagramではツートンカラーだと思われていた)、ようやくモノとしての一体感が出てきた。
細かい傷や歪みは、このかばんに限っては仕方がない。何しろ様々な技術的試行錯誤を繰り返したので。今、新しく材料を揃えて同じ工法(?)で作ったら、たぶん25%の時間と50%のコストで作れるし、仕上がりも綺麗だろう。そして、そういう制作依頼が何件か来ている。

 

https://www.instagram.com/p/BUWcgM5Dgp6/

かばんのテストも兼ねて自転車で焼津市をぐるぐる回った。

途中でマルシェ的なものを冷やかしたり、書店で本を買ったり。
鯛焼き屋「あおば」ではかき氷が始まっていた。
この店の(個人的な)第一選択は宇治金時。本年度も最初はそれを注文する。
やはり美味しい。

 

なんだか暑くて、今も頭が変な感じ。今日は早く寝る。その前に、次の土曜日の日帰り旅(松本市)の準備だけ済ませるつもり。

 

映画は「メッセージ」、ごはんは「ガパオライス」。

映画「メッセージ」を観た。
大好きな映画が、またひとつ増えた。

原題は「Arrival」。これでいいんじゃないかと僕は思うのだが、日本ではカタカナの「メッセージ」。
原作小説は「あなたの人生の物語(Story of Your Life and Others)」、翻訳SF小説にやたらと多い、妙な格好良さを持つタイトルである。
原作本そのままではたぶん映像化してもつまらなかっただろう。言語と認識と意思と愛情のお話。そしてファーストコンタクトのお話でもある。

言語は認識に影響を与える。これはわかりやすい。「憂鬱」を表す語彙に乏しい民族は戦争後遺症を長く抱えやすい、なんて話もあるし、卑近なところでも、「やばい」で全てを済ませている人は、本人の気付かない部分でコミュニケーション能力に難があったりする。つまり、その言語でなければ到達できない認識、は確かに存在する。言葉が世界を作る。

では認識と意思は世界を変えるのか。
これは想像の力を必要とする。
例えば時間が過去から未来へ流れていく、という因果は、僕達には自明の世界観だ。でも、それがたったひとつの真実なのか、という疑いを封じるのは(実は)とても難しい。過去現在未来という流れは、我々の脳機能や思考言語による、世界の一面だけではないのか。

なかなか面白い思索であり、SF小説では何度も取り上げられている。
ただし、映像作品では難しい概念だとも思う。“ものの捉え方で世界が変わる”ことが説得力を得る前に、もっと陳腐な印象に辿り着いてしまうのだろう。

あなたの人生の物語 (ハヤカワ文庫SF)

この映画はその辺りを、ものすごく親切に、わかりやすく表現してくれる。字幕か台詞をきちんと頭に入れていれば、主人公が得る、一種超常的なその認識力の原因が理解できるようになっている。
これぞセンスオブワンダー!と嬉しくなる場面が何度も登場する。

もちろんそれはこの作品のひとつのピースでしかない。
SF映画史上最高レベルの「宇宙船」ビジュアルや、ファーストコンタクトから少しずつ進む相互理解、ちょっとした洒落っ気のあるやりとり、といった見どころが盛りだくさん。
硬派な題材と原作を、しっかりとした現代的娯楽作品に落とし込んでいて素晴らしい。
原作のファンならば、この大胆な脚色と、あえて現代(発表は10年以上前の作品)に舞台を移したことが英断だったと、感心するのではないか。
僕はすっかり魅了されてしまった。
全体に青っぽい落ち着いた画面と、不思議な音楽も良かった。
いわゆる豪華絢爛な大作映画なのだが、もう1回映画館で観てみたい、と思っている。

繰り返しになるが、良いSF映画でした。

 

あなたの人生の物語

あなたの人生の物語

 
Stories of Your Life and Others

Stories of Your Life and Others

 

 

 

 

https://www.instagram.com/p/BUTj7h7D9Fr/

そして昼食は「ガパオライス」を、「ALLEE RESTAURANT」で。
いや、正確には昼食の後に映画なのだが、もう書いてしまったので訂正しない。

とにかく美味しいガパオライス。
昨年に食べて、再登場を楽しみにしていた人も多い気がする。
いわゆるエスニック料理ならではの“クセ”は極小に、しかし香りや風味が豊かに楽しめる、そんな不思議なバランスのガパオライスは、この店ならでは。でも「日本人向けにアレンジした食べやすさ」とはまた違っているのが本当に面白い。
こういう、スタンダードを保ったままレベルを底上げし、しかも他とは違う独創性が生じている、そんな外食は嬉しくなってしまう。なかなか出会えるものではない。

www.at-s.com

それ以外にも、ケーキを食べたりプリンを食べたり、帰宅してあんみつを食べたりしたのだが、その辺りは割愛。
MARIATHANKでは「ラズベリー味のフランクフルタークランツ」なる、珍しい品に出会えた。バタークリームは正義である。

https://www.instagram.com/p/BUToUDADvT3/

 

今からネット配信の映画を1本観て、それから寝ます。
今日は自分を甘やかした日。たぶん明日も同じ方針を継続する。

仕事帰りに映画を観てラーメンを食べる

自分としては本当に久しぶりの行動パターン、仕事帰りに街に行き、映画を観て、帰りにラーメンを食べる、という行為を楽しんできた。



映画は「夜は短し歩けよ乙女」を観た。
本当に素敵な作品で、今も思い出してはふわっとした気持ちになっている。原作小説を初めて読んだ時の不思議なドライブ感と面白さが映像になっているのだから驚く。あの小説を読んだ後に行った京都は格別だった。今もまた行きたい気持ちがむくむくとわき上がっている。

https://www.instagram.com/p/BURepERjHnW/

そろそろ上映終了の映画館も多いが、これは多くの人に薦めたい作品。星野源好きにも是非。

 

ラ・タ・タ・タム―ちいさな機関車のふしぎな物語 (大型絵本)

ラ・タ・タ・タム―ちいさな機関車のふしぎな物語 (大型絵本)

 

 

https://www.instagram.com/p/BURn_UTD3OJ/

ラーメンは、ほぼなりゆき。

映画の余韻で夜の街を歩くも、なにしろ酒が飲めないので食事にありつけない。映画館の近くには「おでん横丁」があって、そこでは酒無しでもおでんを食べさせてくれるのだが(しかし基本的に酒飲みの店)、今日はどこも満席だった。さすが金曜日。

そうだ知人から教えてもらったお店に行こう、と登録しておいたラーメン店をMapに表示したところ、車で数十分かかる場所だった。
まあ空腹だったし、いつかは行くべき店だったので、不満は無い。
ラーメンはとても量が多かった。
野菜を大盛りにできる、というので頼んだところ、山盛り状態になってしまった。ほぼモヤシだから平気だが、しかし8時過ぎに不摂生をしてしまった。

今はとても眠い。
満腹感は、ようやく薄れてきた。でもやはり食べ過ぎだろう。
折角だから、本棚から「夜は短し歩けよ乙女」を引っ張り出して読もうと思っている。もう1年に1回も読まない本なのだが、やはり蔵書というのは大切であり、読む読まないは別として手元に置きたい本は確実に存在する。

とにかく寝ます。
歯は磨いた。
髪もそろそろ乾く。
外ではアマガエルが鳴いている。
おやすみなさい。

 

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

 
映画「夜は短し歩けよ乙女」日めくり

映画「夜は短し歩けよ乙女」日めくり

 
夜は短し歩けよ乙女 (角川つばさ文庫)

夜は短し歩けよ乙女 (角川つばさ文庫)

 

 

突然の雨と「お嬢さん」と、生姜のシフォンケーキ

私事により半日の休暇を取る。
そして用事を片付けた後に、静岡の街まで行き、映画「お嬢さん」を鑑賞。

 


春画から昭和初期まで連なるエロティックな日本文化(というか、そういうものを愛でる倒錯趣味人)と、戦前らしさ溢れる閉鎖された家に閉じ込められた「お嬢さん」、そして彼女を騙す目的で送り込まれたスリの女の子、女の子を操る詐欺師、といった諸要素が盛りだくさん、しかも韓国映画らしい濃いめの演出でぐいぐい魅せる作品だった。18禁ということもあり、多くは語らないが、このやり過ぎ感は、日本映画には無理だと思う。


統治下の韓国、そして主要な登場人物の少なくない割合で日本人が登場する。だから日本語も飛び交うのだが、残念なことにそういう場面でも、日本語が下手だった。お話の都合上それでは困るのではないか、という状況(日本人を完璧な日本語で騙す韓国人、とか)でも、演じるのが韓国の人達だから、日本語がすごく変なのだ。イントネーションが変なのはともかく、日本語表現として妙。
そこだけが残念、だったかもしれない。
お話としてはとても単純な、騙した筈が騙されて、でも実は…といったありきたりな「詐欺師どもの戦い」だった。でも、底に流れるサイコパスじみた愛と情の物語や、変態達の屈折こそ、この作品の見どころなのだと僕は考える。

観て損は無い作品でした。でも、誰にでも勧められるものじゃない。

 

お嬢さん <スペシャル・エクステンデッド版&劇場公開版>2枚組 [Blu-ray]

お嬢さん <スペシャル・エクステンデッド版&劇場公開版>2枚組 [Blu-ray]

 
お嬢さん(アガシ) OST (韓国盤)スッキ・バージョン

お嬢さん(アガシ) OST (韓国盤)スッキ・バージョン

 

 

さて今日は、映画館にいる間に、ずいぶん強い雨が降ったようだ。
僕の自転車は濡れなかった。でも、映画館で集合した友人夫婦の自転車は、屋根付き駐輪場なのに水浸しになってしまっていた。

 

https://www.instagram.com/p/BUOXh3MD9P5/

 

その後、清水区の「quatre epice」でケーキなどを楽しむ。その時も外で雨が降っていて、でも遠くには赤い夕日が見えた。なんだか激しい空模様。
ケーキは新生姜を使ったシフォンケーキ
これはなかなか良い品で、食べながら感心してしまった。ジンジャー風味のシフォンケーキなら何度か食べた記憶があるが、今日の品は、きちんと新生姜風味になっていて面白い。あまり一般向けにはならないが、新生姜風味のパウンドケーキなどがあったら食べてみたいものだ。

しかしこのquatre epice、ケーキは抜群に綺麗で、ほぼ外れなしの美味しさなのに、飲み物がいつまで経っても凡庸なのだ。コーヒーはまだしも、紅茶や甘い飲み物は、メニューを見た限りでは工夫やこだわりがあるのに、実物は普通なのだから変といえば変だ。不味いとまでは言わないものの、おっ、と思える事がまるで無い。
今はもう、それも含めてこの店の持ち味だと思っている。あくまでケーキを楽しむためのお店だと。世の中には様々な個性のお店があるのだ。

www.quatre-epice.com

しめじピザ

何の映画か忘れたが、劇中のピザについては覚えている。
大昔、それこそ大学生の頃だったか、深夜放送で観たフランス映画。
出来合いのピザに山ほどのキノコを載せて、もう一度焼いて食べていた。

良い雰囲気には描かれていなかったと思う。
フランスでピザ、しかもアメリカ的な市販品、もしかすると宅配ピザだったかもしれない。わびしくて安直で、そこに適当にカット済みのキノコ・ミックスみたいなものを山積みにして、焦げるくらいに焼くのだから。油だって、瓶からどばどば追加していた。

なんとなくそのことを思い出して、そしてなんとなく食べたくなってしまった。
都合良く、今日も家族は旅行中。登山が順調で、もう1泊追加との連絡があった。どうして順調だと追加なのかよくわからないけれど(植村直己の本には、そういう状況は無かった気がする)とにかく良き事である。僕は気楽に、こうして好きな自炊を楽しめる。

自炊とは言うものの、僕もまた冷凍のピザを購入して活用する。
知らなかったので驚いているのだが、ピザは300円以下だった。安い。なぜかハムの会社が作っている。今日はマルゲリータを選択。

キノコは、しめじにした。いかにもキノコっぽいから。
椎茸だと、風味が独特過ぎると思うし、マイタケは和風で食べたい。シメジは大きな袋で特売だった。

オーブンを予熱している間にシメジをほぐす。たぶん1.5株ぶんは使った。
そしてピザの上にばらばらっと散らす。映画のように、山盛りになった。さらにチーズを追加。添付のバジル・オイルを垂らして、庭から摘んできたバジルも足す。
240℃で8分。シメジはぺちゃんこになった。

なかなか美味しい。上からフォークで食べ進む、という異例のピザとなってしまった。これ、要はバジルとトマトソースを使った、キノコのオーブン焼きである。どういうわけかチーズの存在感が薄い。生地の存在感は、バーベキューの紙皿程度だった。

 

ピザにバジルソースが付いてきたけれども、自分で作って冷凍してあったバジルソースも活用する。タケノコのバジルソース和え。タケノコとバジルソースを軽く炒めてから、さらにバジルソースを和える。
どっさり食べる種類の品ではなかった。少しで満足。たくさん作りすぎた。

 

そんなわけで、今は満腹。
とはいえキノコである。それほど不摂生ではない、と思いたい。

 

ひと皿で一日分の野菜がとれる よくばりレシピ

ひと皿で一日分の野菜がとれる よくばりレシピ