ルマンド系

自分の勤め先は、大きな会社の“事務所”の一角を借りて本社としている。僕もそこで事務仕事をしているわけで、当然ながら周囲の“事務の人達”にはお世話になりっぱなし。そして彼ら彼女らは、毎日何かしらの細々としたお茶菓子を配ってくれる。

今まで、こういう完全なデスクワークの経験が無いため、これはなかなか新鮮な体験となっている。


今までの仕事(企業の研究所や製造部門)では「休憩室」があり、各人がそこに置いたお菓子を適当に取っていく、あるいは一緒に休憩する仲の良い人にお菓子を(場合によっては選りすぐりのお菓子を)手渡す、という形式が職場のおやつの基本だった。

今の勤め先では、いつの間にか机の上に、小さな個装のお菓子が置かれていることが多い。お菓子を見つけてきょろきょろしていると、近くの席から「○○さんからですよ」と声がかかる。優しい世界だ。

僕は出張の際にお菓子を買っていくことで、そのお礼というか、収支の帳尻が合うかたちとなる。あまりに提供してばかりだと逆に喜ばれない。
ここ数ヶ月の行動の成果か、僕の立ち位置も定着しつつある。平時においても、あるいは出張土産においても、定番とは異なるお菓子・ちょっと珍しいお菓子を提供する者、それが自分だ。
お菓子はその購入段階からして(僕にとっては)娯楽なので、これは単純に嬉しい。数や頻度ではない評価ならば、頑張り甲斐があるというもの。

それはそれとして、やはりオフィスワークで多く提供されるお菓子はルマンド系のものが多い。
ルマンドそのもの、ルマンドのバリエーション、亜種、それから類似品。なるほどスーパーマーケットでもドラッグストアでもよく見かける。
それからお土産や差し入れのお菓子。デパートとかにあるお菓子でも、ルマンドっぽいものはとても多い。

実は仕事中はそれほどお菓子を食べない。
今日は溜まってきたそれらを持ち帰ることにした。

先ほどからゆっくりとそのルマンドルマンド的な何かを開封し、食べている。
どれもこれも破損している。しかし美味しい。
今日はルマンドの日と定め、夕食の炭水化物は減らしてみた。
だからたぶん大丈夫。夜に食べても、大丈夫。

 

ブルボン ルマンド 13本×12袋

ブルボン ルマンド 13本×12袋

 
ブルボン ミニルマンドFSキャラメル&ココア 210g

ブルボン ミニルマンドFSキャラメル&ココア 210g

 

 

雨水に初売り

今日は雨水。
手元のカレンダーでは「Yushui」と書かれている。調べてみたら中国語だった。
自分は今まで「うすい」と読んでいた。実は勘違いだったら、と考えたら変な汗が出てくる。幸いなことに「うすい」が正しくて今回は事なきを得たが、こういう読み間違いはどこに潜んでいるかわからない。僕だって調べなければ、今後は「ゆぅすゅい」くらいな曖昧な発音で誤魔化すようになっていたかもしれない。まあ、1年で1回も発音しない単語ではあるものの。

 

【暦生活】 はるいろハンカチーフ 雨水

【暦生活】 はるいろハンカチーフ 雨水

 

 

ところで先ほど、隣町の大きなホームセンターに行ってきた。
欲しいものが買えて(ビニールシートとハトメ)、さて帰ろうと駐車場を歩いていたら、知らないおじさんに背中をばんと叩かれた。
これにはびっくりした。傷害事件的な不幸の始まりを覚悟したくらいだ。
おじさんは大きな声で「まっつん!ほら急げ、初売りだぞ!」と叫び、早足で追い抜いていった。
かなり行った先で振り向き、「あー、人違いだった!すみませんね!」と再び叫ぶ。そう、僕はまっつんでは無いのだった。

特に“頭のおかしい人”という感じはしない。
ちょっと賑やかな、がさつだが楽しい係長、といった雰囲気。悪い人じゃないんだけどねー、と若手社員達に言われてそう。いますよね、妙に身体への接触を試みるおっさん。

しかし初売りとは何なのだろう。
おじさんの歩く先にはスーパーマーケットと百円ショップとペットサロン、保険の窓口(今の契約を無料で検討します)、トイレ、くらいしか無かった筈だ。
スーパーマーケットには寄ってみたが、特に初売りじみたイベントは開催されていなかった。せいぜい、お惣菜の値引きシール貼りが今まさに進行中!という感じの盛り上がりが一部で見られた程度で、普段通りの、夜の安売りスーパーそのものだった。ぽぽぽぽぽー、といつもの音楽(?)が味わい深い。

ともあれそんな月曜日。
体調は95%の回復を見せている。マスクは一応着けている。喉も良くなったが、まだ傷んだ組織が完全に置き換わっていない、と思われる。それも明日には治るだろう。

 

 

金メダルと担々つけ麺

ようやく外を出歩ける程度の体調になった。
まだ体育は見学(比喩)だが油断は禁物、という程度。

友人夫婦の家に届け物をしたついでにお茶をいただく。
奥様(とても聡明な女性)が今日は何やらおかしい。目がきらきらとして、何かを話したがっている。

というわけで話を聞く。
彼女の話の7割は、羽生結弦氏の素晴らしさについて、だった。金メダリストという王者として、あるいは氷上を舞う精霊、時には乙女の心を魅了する魔物、プーさんがどうのこうの、云々。
夫と並んで座り、彼女の言葉に相づちを打つ。

「その通りでございます」
「自分もそう考えます」
「なるほど」
「異存ありません」
「よろしいかと思います」
「Yes.Ma'am.」
「それは良かったですね」
「ありがたいお話です」
「問題ありません」
「全面的に同意します」
「おっしゃる通りでございます」

最初は“茶々を入れる”つもりだった。が、病み上がりでもあるうえ、僕の中の獣が「ヤメロ!タタカウダメ!」と叫ぶため、今日は大人しく聞き役に徹する。

この夫婦も僕も、オリンピックなる馬鹿騒ぎにはどちらかというと冷淡なジョークで接する人間だった筈だ。今日のこれは、予想外な出来事といえる。
とはいえ、ともあれ目出度い事ではある。せっかくなのでその素晴らしさを念頭に置きながら、ちょうど上手い具合にTV番組で特集されていた彼の映像を鑑賞する。面白いもので、僕の目から見ても、羽生氏が普段の7割増しくらいにキラキラして見えてくる。

ちなみに会話の残り3割は、宇野選手と羽生選手との妄想込みのストーリィ。僕のここ数日の闘病については、まあ挨拶程度でした。
ちなみに冬期オリンピックでいちばん面白いのはカーリングだと思う。あれは見ていて楽しい。

 

 

 

 

その後、友人(夫)と共に辛いラーメンを食べに行く。
風邪が治ったのならばスパイシーなジャンクフードを食べるべきだ、というアドバイスを受けての行動。

静岡の流通通りにある小さなお店。
席は5つ。お婆さんがひとりで切り盛りしている。
独り暮らしの老人の家でたまに遭遇する不潔さが漂う。色々と衰えてくると清潔を維持できなくなってくるのだな、寂しいものだな、と思わせる、そういう類の汚さだ。
でもお店は人気だ。いかにもラーメン好きな若者が行列を作っていた。

僕も友人も、担々つけ麺を食べた。
担々麺が有名なお店で、つけ麺も有名。だから坦々つけ麺にしてみたのだ。
麺はとても多い。
濃い胡麻ペーストの味と、たっぷりの花椒(または山椒)がスープ全体を支配している。脂と塩もそれなりに濃いのだろうが、全体には胡麻&ぴりぴり味である。

美味しいとは思う。
ただしこのスープ、太くて固い麺をつけて延々と食べるのはなかなか辛い(つらい)。麺を25%ほどに減らし、根菜を蒸したものを付けながら食べたら延々と楽しめそう。蓮根でも大根でも人参でもいい。メークインや玉葱も美味しいだろう。

身体は温まった気がする。
それ以上に、口の中がひりひりする。辛さ(からさ)よりも山椒の刺激が残る、不思議なつけ麺だった。

不思議といえば、外で並んでいる時に、「ここが最後尾ですか?」と聞いてきた家族連れ(3名)がいた。そうだと答えたら「それじゃあ、先に入れてもらっていいですかね」と頼まれたのだが、あれは何だったのか。ちょうど中に入れるタイミングだったのでそこで会話が途切れたが、親子らしいが全員成人、病人でも老人でもない、なのにどうして譲らなければならないのか。
後で友人と議論したのだが、未だに結論が出ていない。

 

後はまあ、シャツを買ったり、部屋の片付けをしたり、ようやく週末らしいことができた、そんな日曜日でした。

お題「今日の出来事」

 

絶景本棚

絶景本棚

 

 

麻黄湯の夜

びっくりするくらいに寝てしまった。
朝は普通に起きた。
一昨日から続く風邪がまだ治らない。無理をすれば外出も可能だが、何かを楽しむことも人に会うこともできないし、たぶん体調は悪化するだろう。
そして薬のせいか、とにかく寝てしまう。
読書をしながらいつのまにか寝て、次に起きたのは昼ごはんの時間。
午後も同様に、夕方まで寝続けてしまった。

珍しく、処方された薬を全て飲みきって、でも完全に回復していない。
しかし夕方の時点で、ようやく出口が見えてきた感じがする。

市販の漢方薬麻黄湯がなんだか効いている感じ。
以前、かかりつけの医者に「葛根湯、小青竜湯、麻黄湯を1箱ずつ常備して、気分と経験に従い飲むのが無難」と、風邪の対応を教わった。まずは病院、という前提の話だったが。

今回は小青竜湯がまるで効かなかった。自分としては珍しい。
そして麻黄湯、飲んで1時間でずいぶんと楽になった。熱が下がっても咳や頭痛や鼻の症状がひたすら辛い風邪だったが、それら諸症状が今はすうっと収まっていく感じ。
ちなみに葛根湯は気休めである。
ちょうど“在庫”を切らしていたため、昨日Amazonで注文した。今日届いた。

 

【第2類医薬品】阪本漢法の葛根湯エキス顆粒 21包

【第2類医薬品】阪本漢法の葛根湯エキス顆粒 21包

 

 

 

【第2類医薬品】ビタトレール麻黄湯エキス[顆粒]A 30包

【第2類医薬品】ビタトレール麻黄湯エキス[顆粒]A 30包

 

 

晩ご飯には「けんちん蕎麦」を食べた。
家族が全員出かけていて留守。
「カット野菜 けんちん汁・豚汁用」が冷蔵庫にあったので活用する。
冷凍のささみに片栗粉をまぶしてから油で揚げ焼きにして、油を捨ててから野菜と出汁を入れて軽く煮る。醤油と塩と酒で調味して、茹でた蕎麦(父が打ったもの)と合わせて完成。
きざみ葱は少なめ、薬味は黒胡椒。

自分で作っても美味しいが、これはお店で食べるのがより良い気がする。ところでけんちん汁に鶏肉は入れただろうか。

 

アルテミス 上 (ハヤカワ文庫SF)

アルテミス 上 (ハヤカワ文庫SF)

 
アルテミス 下 (ハヤカワ文庫SF)

アルテミス 下 (ハヤカワ文庫SF)

 

 

今度は頭痛と喉の腫れ

 

ようやく出勤できた。
色々と溜まっていた仕事を片付けようと試みるも、仕事というのは溜まるとその片付け難さは滞留量の累乗に比例して増加するものだから、今日は「メールチェックと書類整理」で半日が終わってしまった。

午後はTV会議システム越しに東京の人達と会議。マスクをしているだけで、無理に発言しなくてもかまわないと思えてくるのは何故だろう。

とにかく出勤可能とはいえまだ体調は万全ではない。
座って出来る仕事をぼちぼちと進めつつ夕方まで頑張る。

上司と相談して「役所や事務用品店に行って、後は直帰」というテイで早めに帰ることにする。
今日は1人で会議室を借りて働いていたのだが、それでも風邪の人間が職場を出入りしているのは(僕だったら)嫌だ。

 

 

 

帰宅してからさらに体調は悪化している。
熱は平熱。
なぜか頭痛が強まってきた。喉の腫れも気になる。
今からお風呂に入る。
先ほど鎮痛剤を1/2錠飲んだ。どうやら僕は、バファリンでもイブでも(そのジェネリックであるアダムでも)ごく少量で効いてしまうようだ。割錠器、大活躍である。

 

【指定第2類医薬品】アダムA錠 120錠 ※セルフメディケーション税制対象商品
 

  

【指定第2類医薬品】イブ糖衣錠 PB 40錠

【指定第2類医薬品】イブ糖衣錠 PB 40錠

 

 

マシュマロ・キャンディ

今日も仕事を休み、家で寝込んでいる。
幸い、正午過ぎには体温は平熱へと戻った。咳は少しだけ、それからくしゃみは時々ひどくなる。
幸いといえば、職場のあるフロア全体で風邪とインフルエンザが蔓延していて、なんとなく僕の風邪も「仕方がない」と見做されていると聞いた。そういう事を幸運だと言ってはいけないのだろうが、何しろ同僚さんが電話をかけてきて「ラッキーですよ」と教えてくれたので素直に喜んでおく。

今回の風邪では、一昨日の午前中に仕事を終えた辺りで休もうか頑張ろうかと悩んでいた時に、先輩氏が「風邪程度でオレは休まない。家に帰る、病院に行く、そんな体力があるのなら事務作業くらいはできる」と豪語していて、職場全体の(主に事務作業担当メンバーの)空気が完全に「無理する奴は職場の害悪」となったため、心置きなく早退できたのだった。先輩氏はどうにも事務の女性陣を軽視する発言が多い。というか、自身の職務(営業活動)のプレゼンスを示すために他の部署やグループを堕とす言い方が目立つ。悪い人ではない。ただ、こういう人は悪意無くパワハラブラック企業への道を敷いていく気がする。
というかやはり病気なのに仕事をするなんて間違っているのだ。これは原則であり、誰もが休み、誰もがフォローをする、それが社会というものなのだ。

 

 

さて家にいても暇ではある。
読書はやたらと進んだ。寝ながら読書では、電子書籍は最強である。
さすがに寝るのにも飽きて、先ほどから暖かい室内でWebサイトの閲覧などをしている。

おやつは、以前IKEAで購入したマシュマロ・キャンディ。
ずっとおやつBOXの奥に放置していた。
賞味期限切れではないが、なんだか普通のマシュマロとは触感が違う。グミに近く、しっかり噛まないと食べられない。
商品名マシュマロ・キャンディというのは、マシュマロとは違うのだろうか。マシュマロはキャンディの一種だと理解していたが、本製品については違うものだったら、この違いも宜なるかな、である。
あるいは保管状況による変質か。しかし未開封だった。
海外のお菓子にはよくあることだが、マシュマロだと思って食べた白いふわふわが、もう少しむにっとしていたのだから、やはり戸惑う。

それとこの製品、しっかりゼラチン風味がする。ヨーグルト味も強いが、その奥にゼラチンの味というか匂いというか、本来隠すべき風味が漂っている。
マシュマロ嫌いの友人が言っていた「だってゼラチン臭いでしょう」が、いまようやく理解できた。板ゼラチンを囓ってもここまでは感じない。不思議なお菓子だった。

それにしても困った。
昨日も夕方に平熱になったのに、夜にまた体調を崩した。
マシュマロ(あるいはマシュマロ・キャンディ)を食べている場合ではないかもしれない。

 

 

インフルエンザ(陰性)

  1. 明け方より発熱(体温38.1℃)。
  2. 仕事を休む
    →LINEで済むのは楽だ。
  3. 内科へ行く
    →予約した人だけで本日は限界。別の町医者を紹介される。
  4. 耳鼻咽喉科へ行く
    →待たずに診療。
  5. インフルエンザ感染の迅速検査
    →陰性
  6. 鼻とその奥を入念に洗浄
    →この先生はとにかく鼻腔内を綺麗にしたがる。
  7. モニター配置チェック
    液晶ペンタブレット型の医師用端末
    →27インチ端末にWindows10(アイコンが画面を埋め尽くす)
    →27インチサブディスプレイ(ブラウザ上に医療情報)
    →縦型の21インチモニター(Android携帯に接続済。GoogleMapが起動中)
    →MacBookAir(起動していない)
  8. ドラッグストアにて処方薬を入手
  9. 帰宅
  10. 服薬
  11. 寝る
    →読書は少しだけ。ややこしい文章は疲れる。
  12. 起床
    →発熱は収まった。
    →咳は止まっている。
    →くしゃみが止まらない。
  13. 視界不良
    →寝起きのままのぼんやりとした視界が1時間経っても続く。
    →薬の副作用などを調べる。(目の腫れ、瞳孔の一時的な異常がある、とのこと。
    →納得する。
  14. 眼鏡修繕
    →足下に眼鏡のレンズが落ちていた。右目用。
    →一体成形のメタルフレームなので力ずくでレンズを押し込む。
  15. 視界改善
    →よく見えるようになった。
  16. 夕食
    →おでん,ほうれんそうのおひたし,もやしナムル

以上、本日の日記でした。
明日はきっと回復している。

 

 

乙嫁語り 10巻 (HARTA COMIX)