読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あたりまえの言霊

デザイン 生活 言葉

近所の床屋さんでは、「軟水」をシャンプーのすすぎに使っている、とのこと。そういうポスターが貼ってあった。

この前行ったラーメン屋では、「旨いかどうかはあなたが決める!」と書いてあった。

先ほど開封したビタミン剤は、防腐剤不使用を謳っている。

 

特に断言せずとも、この辺りの水道水は軟水であり、ラーメン屋に限らず旨いかどうかは食べた側が決めるのが世の習いだ。およそ人間が経口摂取する物で、錠剤に加工した状態で防腐剤が要るような物質は無い(あれは究極の乾燥食品といえる)。

こういう、当たり前のことをわざわざ書くことで有り難みを増そうとする試みは、面白いような馬鹿にされているような、複雑な気持ちになってしまう。大抵、出来が悪いので、どちらかといえば不愉快なのだが。

そういえば、いつも通勤時に見かける高校生達、朝練の運動部員の背中には、ラーメン屋のポエムみたいな書体でポエムみたいなものが書かれている。「勝つために戦う。それが我ら○○高籠球部魂」とか。これも別に威張って宣言することでもないと思うのだが。

つまり、町内会や個人事業主や、それからもちろん愛すべき我が職場の人達がExcelとWordで作るバッドセンスな印刷物の、キャッチコピー版なのだと思う。コピーライターを目指す必要は無いだろうが、でも世に溢れるコピーの「最低限の水準」くらいは知ったうえで作って欲しいものだ(印刷物も同じ)。発信した言葉、特に文字情報として“外”に出たものが社会の一部、風景や環境を形作るのだから。

でもまあ、なんとなく聞き心地の良い言葉がある、という事実は否定できない。「ナチュラル」とか「オーガニック」は、その筆頭か。
かつてイブ・サンローランか誰かが言っていた。
「良いと思う対象は、せめて6階層くらいは掘り下げて“なぜ”を答えられるようにしなさい。それが無理でも、まずは自身の感動を疑う健全さを持ちなさい。でなければ、あなたの感激など他人には無価値なままです」


例えば、ナチュラル、エンザイム、ビオ、それからエコ、そういう言葉がなぜ「良い」のか考えずに使っている人は多いように思える。
なかには「世界は繋がっている」とか言い出して、自分なりの大統一理論を展開する人も(大抵、「酸化」が悪玉である)。あれは他人から見ると、大変に不誠実に見える。

 

当たり前のことを(技巧ではなく)高らかに宣言しちゃう宣伝は、そこまで不誠実とは思えない。が、拙い感じは否めないし、どこか教養を軽んじている雰囲気がある。詐欺の風味もする。

だからなんだ、という話ではある。特に結論は無い。ただの感想を書き連ねてしまった。軟水のシャンプーなら、さきほど自宅で実行した。髪が乾いたら、寝ます。おやすみなさい。

 

 

 

聞かせてよ、ファインマンさん (岩波現代文庫)

聞かせてよ、ファインマンさん (岩波現代文庫)

 

 

美森まんじゃしろのサオリさん

美森まんじゃしろのサオリさん

 

 

温かい青豆のサラダ

外食

午前中にほんの少し嫌なことがあって、もう家に帰って何か作ってもそもそ食べるのは疲れるなあ、でもこの辺りは気が利いた店が無いなあ、と思いつつ13時過ぎにサイゼリヤに飛び込んだ。

秘伝豆 970g ひたし豆 新物

ひとりでサイゼリヤに行くのは本当に久しぶり。ごく稀に、年若い同僚達に誘われて夕食をとることはあるだけ、という存在。日曜日は小さな子供を連れた家族が多い。

ちょうど、Twitterで「青豆の温サラダが美味しい」と誰かが言っていたこともあって、それをまず注文する。それから、パスタを1品と、サラダも。
どれも普通に美味しく、特に青豆はまた食べてみたいと思わせる味だった。注文してから数分でテーブルに届いたので、どこかで青豆を待っている(僕より先に注文した)ファミリーがいるんじゃないかと心配にはなったけれども。

ともかくそんな昼食だった。意外と楽しい。あれこれ食べて1000円くらいと、安かった。隣の席では居酒屋的な楽しみ方をしている老人グループがいて、なるほどこの気軽さは立ち飲み屋風に使えるのかと感心。そういえば父は退職してから、田舎にはさっと入って少し飲んで、という店が皆無だと嘆いていた。

 

帰宅して昼寝して、家事とパソコンのセットアップを完了させた。ようやく、家族が使える状態になったパソコンだが、Windows10の操作感は慣れるのだろうか。僕自身はわりと「OSを問わず」なところがあるが、例えば母などはたぶん戸惑うだろう。混乱しても慣れると昔より使い易い、というのがパーソナルコンピューターとMicrosoft製品だと信じているが、さてどうなるか。
しかし「コントロールパネル」と「設定」の構成、あれは何なのだろう。僕はびっくりしました。

 

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 (文春文庫)
 
職業としての小説家 (Switch library)

職業としての小説家 (Switch library)

 

 

会食とパソコンの設定

Android Apple iOS ケーキ コンピュータ

昼食は地元の肉料理店でランチセットをご馳走になった。先月の誕生日のお祝いとのこと。友人達が招いてくれた。
こういうのは嬉しい。肉も美味しい。

https://www.instagram.com/p/BKud1jABA-k/

おやつというか、食後のお茶は僕のお薦めの店を指定。いつもの「ボクゥボクゥ」に行った。
外は大雨、でもケーキは美味しい。カフェオレだって素晴らしい。皆も喜んでくれたようで良かった。

 

さて、帰宅してからは、甥と姪の相手をしながら、延々とパソコンの設定などを行っている。思いがけず時間がかかっているのは、集中して作業できないため。それに、昨日届いたこのパソコン、データの引っ越しに手間がかかりすぎる。AndroidiOSには無い感覚。WindowsというかMicrosoftの流儀と、TOSHIBAの変なユーティリティーの合わせ技に戸惑うばかり。TOSHIBAも、それから両親が以前使っていたNECも、どうして「データを別の機種に引き継ぐアプリケーション」に、妙なキャラクターの画像や独自の用語を使うのか。それでいて、いきなり「ディレクトリを指定せよ」みたいな指示がある。これ、年寄りは困惑するのではないだろうか。

 

というわけで、忙しいような、何も為していないような、そんな休日を過ごしてしまった。明日こそ「遊びまくる」状況に持ち込みたい。

 

宝石の国、最新刊も良かった。耽美で軽い、という希有な作品。ここしばらく進捗が無いというか、延々と似たようなパターンを繰り返しているような気がするが、ともあれ良い漫画。

宝石の国(6) (アフタヌーンKC)

宝石の国(6) (アフタヌーンKC)

 
宝石の国(6)限定版 (プレミアムKCライツ)

宝石の国(6)限定版 (プレミアムKCライツ)

 

ああそうだ、「ぐりとぐら」シリーズは、奇数巻と偶数巻で、「ぐりが青でぐらが赤」と「ぐりが赤でぐらが青」というふうに入れ替わっている、という嘘を甥姪とその両親に伝えたのだが、一瞬で嘘だとばれてしまった。
「意味の無い嘘をつく親戚のおじさん」って、甥と姪の人生に彩りを与える気がするのだが、どうだろう。でも頑張ります。

 

ぐりとぐらカレンダー 2017 ([カレンダー])

ぐりとぐらカレンダー 2017 ([カレンダー])

 
ぐりとぐらの絵本 7冊セット

ぐりとぐらの絵本 7冊セット

 

 

 

 

パソコンを買った

コンピュータ

東芝 Dynabook Satellite PB35RNAD4R3HD81 Windows7 Professional 32/64Bit Celeron 4GB 500GB DVDスーパーマルチ 無線LAN IEEE802.11ac/a/b/g/n Bluetooth USB3.0 10キー付キーボード Microsoft Office Personal 2013 15.6型液晶搭載ノートパソコン Windows10 Pro 64bit リカバリメディア付でOS入替可

昨日、ふと思いついてパソコンを買った。
といっても、自分用ではなくて、家族が共用するためのもの。持ち歩くにはやや大きい、テンキーまでついたノートパソコン。Windows7と、Windows10の選択式。メーカーは東芝。昨年の中堅モデル、といった感じか。家庭よりも職場で使われるような、飾り気の無いタイプだ。

父が使っているパソコンがどうにも不調で、まあ古いから買い換えようか、ならば必要なアプリケーションはこれで、スペックはこの程度、と先週から検討はしていた。昨日、たまたまAmazonで情報収集していて、これでいいや、と夜中に買うことにした。

それで、今日の夕方には届いている。
Amazon、もう少しのんびりでもいいのだが。ともかく最低限のセットアップだけは、就寝前に済ませてしまう。

とはいえ、これが妙に手間取る。
AppleGoogleの流儀に慣れすぎた身としては、まずBIOSの設定画面にアクセスしてから起動ディスクを光学ドライブに変更し、リカバリディスクを読み込ませて「初期状態に戻す」を選択して…といった作業がとても煩雑に思えてくる。そもそも、なぜWindows7に(リカバリディスクを使って)Windows10を上書きするのに、「初期状態に戻す」を選択するのか。A5サイズの紙に箇条書きされた情報(後半は、「画面の指示に従ってインストールを続行します」で済ませてある)だけで、これを完了させるのは、ユーザーによっては難しいのではないだろうか。僕は苦手な操作ではないので大丈夫だが、でも手が止まる事はあった。全てはリカバリ・ユーティリティが悪い。
その後もやたらと怖くて小難しいメッセージが続き、今はそのリカバリが完了するのを待っている。経過時間はともかく、完了までの時間がまるで不正確なのはどうしたことか。シークバーが伸びたり縮んだりするのも、悪い冗談のようだ。

さきほど、この「Windows7→Windows10」の作業の前に、ちょっとだけWindows7でスタートしてみた。見馴れたWindows7(職場で使っているのです)だが、壁紙の画像がとても格好悪い。真っ赤な謎空間に、デザイナーズチェアみたいな何かが置いてあって、「TOSHIBA」という文字がちりばめられている。家電量販店の展示品じゃあるまいし、いったい誰がこういうデザインを提案するのか。きっと世界には、これを変更できるとは知らず、あるいはこういうものなのだと使い続けるお年寄りがいるのだろうなあ、と思うとなんだか悲しくなる。

ともあれ、機械としては良いものだと思う。
装飾は少ないし、余計なメッキパーツやランプも無い。らくらくインターネット&サポートアクセス・ボタンも無い。
老人達が家で使うだけだから、2kg程度の重量も気にならない。キーボードも画面も大きい。
もっと安価で軽い機種も沢山ある時代だ。でも、ハードディスクに多くのデータを格納できて、光学ドライブも装備する“昔ながらのノートパソコン”となると、これはこれで良いバランスだと思う。
ここまで書いていて、猛烈に眠くなってきた。が、リカバリの進行具合からすると、たぶんまだまだ時間がかかる。困ったものである。

 

 

うどんとムース

ケーキ 志太地区

https://www.instagram.com/p/BKpShuehYI-/

なんとなく讃岐うどんの気分になって、そういえばいつの間にかお店が出来ていたなあ、と行ってみたのが「よりみち」。藤枝市の城南地区だろうか。交通量は多いが、あまり飲食店がある印象が無い道の、小さなお店。

特に期待もしていなかったが、ここのうどんがとても美味しかった。
とくに汁が素晴らしい。いわゆる「関東では味わえない」タイプ。今日は「鶏天のぶっかけ」を選択したが、温かいかけうどんを食べてみたくなった。
麺だって、きちんと讃岐うどん藤枝市といえば南のほうにある讃岐うどん店(名前忘れた。この日記に書いた筈なのだが)も美味しかったが、あの店のひたすらコシを追求した、一種やり過ぎな麺よりも、スタンダードな讃岐うどんの食感だった。

なんだか商売慣れしていない感じはしたが、うどんが美味しいからそれも気にならない。メニューは少ないが、良い店を見つけた。

https://www.instagram.com/p/BKpW1rzhUlK/

同じ藤枝市のケーキ店「フィル」でおやつを。

新興住宅地にある新しい店。可愛らしいカジュアルな雰囲気で、きっと街に馴染んでいくだろう、と思わせる。
ケーキは色鮮やかなものが多い。
「ルージュ」というムースのケーキを選び、店内でいただく。

ラズベリー味の赤いソースとムース、その内側にはピスタチオのムース。見た目の印象そのままの華やかな品。
セルフサービス(といいつつも、店員さんが作って注いでくれた)コーヒーとともに、ささやかだけれど楽しいひとときを過ごせた。

www.at-s.com

他はまあ、家にいてひたすら家事に勤しんだ。
収納兼作業台としてのワゴンを1台制作した。初めての全アルミニウム構造。思いつきで正確な寸法取りもせずに作ったのに、トラブルなく完成してしまった。いくら雑に作ることも設計に組み込んだとはいえ、ちょっと上手く行きすぎではないか。自分で自分を疑ってしまう。

そろそろ未読本が溜まってきた。今日はもう、お風呂に入って、寝ながら読書をして過ごすのみ。旅の計画は、すっかり忘れていた。

ランボー怒りの改新 (星海社FICTIONS)

 

ランボー怒りの改新 (星海社FICTIONS)

ランボー怒りの改新 (星海社FICTIONS)

 

 

 

瀬戸内の宿

瀬戸内国際芸術祭 自転車

ようやく、秋の瀬戸内国際芸術祭に向けての準備が進み始めた。やはり、宿をとると、それを“起点”にプランが固まっていく。
今回は島へは泊まらない。どこも宿が空いていなかった。まあ、最初の週かつ連休だから、仕方がないのかもしれない。

そして、生まれて初めての四国への宿泊。
1日目、土曜日は丸亀市の駅前。
丸亀製麺というチェーン店は静岡でもよく見かけるけれど、あの丸亀で合っていると思う。でも、丸亀市の製麺所が、日本中の国道沿いやフードコートに出店するだろうか。しかも、製麺所を名乗って。イメージ戦略じゃないかな、しかもあざとい形での、と思ってしまうが、本当のところはわからない。

2日目は高松市内。「ことでん」なる公共交通機関で10分もかからない距離。公園が近い、ということだけ把握している。

 

今回は自転車を持って行かない。
あればとても便利で楽しい折りたたみ自転車だが、10kg近いかさばる荷物を持って歩くのは大変で、しかも今回は自転車乗り入れが不可能な島にも行く。いや、まだ迷ってはいるのだが、冷静に考えるとやはり不要な筈なのだ。冷静と情熱の間で揺れ動く毎日である。

ざっくりとしたプランは立てた。地図画像に矢印を書き込んでみた(こういう時、スマートフォンは便利だ)。明日は細部を詰めて、必要な準備、例えば島でのレンタサイクルを予約したり、時刻表を確認する作業を進めていく。

そういえば、この瀬戸内国際芸術祭の便利なパンフレットが、地元の書店で無料配布されている。
島々の地図と、航路と時刻表。イベントや展示。主な街と港の略図。畳むとA4サイズで、扉開きにするとずいぶんな情報量になる。正直言って、ガイドブックを持ち歩くよりも、外出時はこれだけで十分じゃないか、と思える。これが無料か。春には貰えなかった。

OZmagazine (オズマガジン) 2016年 10月号 [雑誌]

今日、先ほど、書店で1冊の雑誌を買ってしまった。
たまに雑誌の衝動買いをする。「OZ」という、旅をテーマにした女性向けライフスタイル誌か。よくわからないが、瀬戸内国際芸術祭の特集が載っていて、他のアート系情報も充実していて(首都圏が多いが…)、判型が小さくて、スマホ版もダウンロードできるとのことで、買って損はないだろうと判断。まあ、出来心にしては実用的ではないだろうか。

 

 

こりゃあ帰るしかないな

コンピュータ 仕事

残業。
近く、職場を代表して社内発表会的なものに出ることになっていて、その資料作り。いわゆる改善活動とかQCサークルとか、そういうやつ。
僕は発表者ではなくて、資料作りが担当。

それはそれでかまわない。PowerPointの操作も得意だから、苦にならない。が、長い残業は困る。
何しろこの職場の人達は、日付が変わる直前まで働く気でいるのだ。


だからというわけではないけれど、今になってここまでがんばるのは、茶番じみているように思えてしまう。見栄えなんて僕がすぐに修正できるのに、資料や図や、それから原稿が“練られていない”状態で、拙い技術で(改行とスペースと、オートシェイプの組み合わせと、それから「図として貼り付け」たExcelのシートを駆使して)、今まで“発表資料らしきもの”を作ってきたのだ。それを渡されて、「変なところだけ直してくれればいいから」と言う。

もう印刷したものを貰って、1から作るほうが早いのではないか、と思えてくる。というか、多くのページは、そうやって作った。

発表原稿はともかく、多くのデータや資料や図表は、活動を続けていくうちに揃ってくる、はずなのに。
そういう風にしてください、と半年間、言い続けてきたのに。

 

日付が変わる直前まで働くのは結構。
だが、僕は帰る。僕だけが、家が遠いのだ。寝る時間がどんどん遅くなってしまう。
なんだか不毛だな、と思えたら急に疲れが気になり始めたので、適当なことを言って帰ってきた。技術的な面からいえば、帰る直前の時点で、「どうしようもないプレゼンテーション」にはならない、と思う。きちんとMicrosoft Office的な使い方をしてくれれば、だけれど。

 

瀬戸内国際芸術祭2016公式ガイドブック

瀬戸内国際芸術祭2016公式ガイドブック

  • 作者: 北川フラム,瀬戸内国際芸術祭実行委員会
  • 出版社/メーカー: 現代企画室
  • 発売日: 2016/03/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 
Discover Japan(ディスカバージャパン) 2016年 08 月号

Discover Japan(ディスカバージャパン) 2016年 08 月号