水筒を忘れた / 完全減塩うどん

昨日の退勤時に、水筒を忘れた。
でも大丈夫、通勤時間が10分未満だから、取りに行くのも簡単。

簡単だがそれでも外出。
今日はもう、ひたすらに忙しい。
古い友人達と会う(これは楽しい)、出張の準備、旅行の準備、なんとなく荒れた部屋の掃除。

 

よく精神状態と部屋の様相が関係していると言うが、確かに心身が“とり散らかっている”と、部屋もそういう状態になる。

僕の場合は、とりあえずゴミ袋を用意して、目に付いた不要物を放り込んでいく。それだけで部屋はなんとか過ごせるようになる。
それ以上のことはしない。落ち着いたら、がんばる。

 

 

予想以上に良い天気。
ジェット機の騒音がするのは、遠くの街で航空祭をやっているから。昼間の外出が忘れ物の回収だけではつまらない。というわけで、先ほど近所のマルシェに顔を出してきた。
そこで購入したうどんを茹でて昼に食べてみた。
「完全減塩うどん」と銘打たれた手作りの品。これがむにむにと中途半端なコシで美味しくない。
実は父(蕎麦打ち趣味)の知り合いが作っているうどんで、この“減塩”の理由は、教則本にあった使用量に驚いたからだと聞いている。

料理においては減らしてはならない添加量というものがあって、この「完全減塩うどん」はそれを下回ってしまったのではないか。そういうタイプの不味さだった。

よくお菓子作り、特に焼き菓子制作において、同様の「実際の量を目の前にして怖じ気づく」減量のトラブルを聞く。あれは砂糖だが、結果は同じだ。かつてパティシエの友人がこの「うっ!と思って減らす」ことの弊害について語っていた。「うっ!多い」と思うことは完全に正しい、なぜならば日常感覚からの判断だから。
しかしその量には理由があるのだ。ただ減らして平気ならば、みんな減らしている。
このことを教育者は「歴史に学べ」と言う。パティシエは「お菓子作りはサイエンス」と表現する。

なんだか溶けそうなうどんを食べながらそんなことを思ったのだった。伊勢うどん讃岐うどんを混ぜながら茹でたような不思議な不味さだった。まだ冷蔵庫に2玉残っている。

 

では出かけます。
昔の友人の送別会、そして久しぶりに会うお茶会でもある。
だがまだプレゼント(革のコードホルダー)が完成していない。20分で完成させねば。

 

お題「ひとりの時間の過ごし方」

 

 

めだまやき丼

https://www.instagram.com/p/Bi6uiTehjit/

福砂屋のカステラは包み紙がかわいい。 #コウモリ #福砂屋 #長崎

 

帰宅してもひとり。
疲れていたこともあり、簡単に夕食を済ませた。
目玉焼き丼を作る。

鮭フレークを卵焼き器(フッ素樹脂加工のもの)に薄く敷く。そこに玉子を割り入れ、適当な蓋をして焼く。
葱を細かく切って、上からばらばらと載せる。さらに蓋をして火を通す。

白身が固まったらできあがり。
ごはん(0.8膳ぶん)に乗せて、食べる。

 

鮭が焦げそうだが意外と大丈夫。
手際が求められるけれど、難しい料理ではない。というかこれは自分向けだから許されて、他人には出せない類の食事だ。
可能な限り雑に、早く作りたい時には便利。

付け合わせにはサヤエンドウ。
山盛りをさっと茹でて、水で冷やして、すりごまと塩と胡麻油で食べる。あまりサヤエンドウをたくさん(主菜的に)食べる機会は無い。試してみるとわかるが、特に素晴らしい世界が待っているわけではなくて、単に延々とサヤエンドウ味が続くだけだった。
塩と胡麻も、うんまあいいんじゃない、くらいの組み合わせだった。間違いの無い味付けだが、世界を拡張するまでには至らない。

しかし洗い物は少なく、たぶんそれほど身体に悪いわけでもなく、食事のあとにシャワーを浴びたらとりあえず今日はもうおしまい。

仕事中に気になりしかし業務時間に行うわけにはいかない諸々を自宅に持ち帰ってきた。
でも今日はやらない。明日、のんびり手を動かしたい。

 

もう眠い。だってもうすぐ10:30だ。だから寝ます。おやすみなさい。

 

真上から見た 狭くて素敵な部屋カタログ

真上から見た 狭くて素敵な部屋カタログ

 

 そういえばこの本が届いた。
衝動買いが正解でした。真上から見た合成写真でおしゃれな家の間取りやインテリアがわかる。
もちろん人を選ぶが、プレゼントにも向く気がする。
内容に関係無いが、発行日が2018年5月31日となっているのが謎。今まで興味が無かったが、書籍の発行日はそういうものなのか。

 

 

お題「今日の出来事」

エクセル問題

職場の先輩氏にExcelの操作方法を教えた。
いわゆる「神エクセル」の使い手で、自己流のエクセルで文書からポスターまで作ってしまう人だった。マニュアル本でも買って、Wordの基本操作を学ぶのが近道です、Excelも「表計算」という観点で基本から勉強すると楽ですよ、とアドバイスをしたのだが、30代で自己流を変えようとしない人だから、たぶん僕の言っている意味もわからなかったと思う。

この「Excelで何でも作っちゃう問題」は、Excelの使い勝手の良さが原因のひとつだと考えている。
そして我が国はと国民は、紙で出力した、活字と枠線を使った文書が大好きなのだ。履歴書などを見てみるとわかるが、枠線の頻用は意味や実用性を通り越した美意識みたいなものになっている。どうしてパソコンで作る書類で、横書きノートみたいな罫線が必要なのだ。「明大昭平」のどれかをオートシェイプのマルで囲わなければならないのだ。
この妙なこだわりと、昭和の時代の“レイアウト用紙と糊と鋏”みたいなプリミティヴな作業性が、Excelにフィットしているのだろう。だからこその「Excel方眼紙」。

ならばその方眼紙的な使い勝手だけを抜き出した、印刷文書のエディタをMicrosoftが作ればいい、と以前は考えていた。
Microsoft HOGAN」と、名前まで提案できてしまう。実は「ほうがんし」を元にした命名である、とMicrosoft JapanがTwitterで発表すれば、「やっぱり日本って凄い国ですね!」と喜ぶ人も多くて一石二鳥ではないか。

 

 

「日本スゴイ」のディストピア: 戦時下自画自賛の系譜

「日本スゴイ」のディストピア: 戦時下自画自賛の系譜

 

 

しかし少し考えて、これは悪手だと判明した。
方眼紙アプリで作った文書を、他のOfficeファミリーで使う時に、とんでもない事になる。なにしろMicrosoft Officeだから、連携は大切。自分と身内だけで使うわけではない。

まずWordへ「別の形式で保存」すると、レイアウトが崩れるだろう。当たり前だ、だってMicrosoftだから。

そしてPDF形式へのエクスポート、これも駄目っぽい。なぜならば、Microsoftだから。何か不具合が生じる。やたらと容量が大きいとか。

そして、今現在、Excelで(何の疑問もなく)文書やポスターを作っている人達に、「皆が読める形式で下さい」と伝えたらどうなるか。
6割がそのまま「方眼紙形式(.hgnx)」でメールに添付するだろう。
2割が大好きなExcel形式そのまま。もちろん彼らの作る複雑なこだわりのレイアウトと文字飾りは、崩壊する。
残りはJpeg画像に変換して送信。世の中とは、そういうものなのだ。

 

ネ申Excel まとめて撃退! 7つの改善術

ネ申Excel まとめて撃退! 7つの改善術

 

 

 

 

ここでひとつの提案がある。
ExcelでもWordでもPowerPointでも、Microsoft Officeは、作業者のスキルに応じて徐々に機能を解放していけば良いのではないか。
きちんとMicrosoftの提案する(エンジニアとデザイナーが考えた)操作を行い、求めたかたちが出来た段階で、次の「もう少し高度な機能」が公開される。
Wordならば、最初はメモ帳アプリ程度の操作しかできず、「こういう事がやりたい」とヘルプを参照し、あるいは「やりたい事」だけが書かれたリボン・インターフェイスのボタンを押してきちんと習った後に、操作を自分で行えるようになる。
文字飾りを例にすると、フォントを選べるようになった後に、「太字」や「斜体」が解放される。

「白い背景でフォントも白くしたから文字が消えた!」とか、「スペースキーとエンターキーを連打して、レイアウトを微調整!」みたいな自己流でカジュアルな操作を続けても駄目で、もっと言うとAIの分析でアシスタント(イルカか女教師かゼムクリップが選択できる)が登場してサポートされてしまう。「もしかして、計算結果を手打ちしていませんか?」とか。

最初は混乱するだろうし、不便だろう。
でも、そろそろAIの解析も実用的になってきたし、操作や結果を監視して判定するのはMOSの試験などでもできているわけで、しかもユーザーのアカウントと熟練度を紐付けすれば毎回レベル1からスタートする必要もない。作業を通じてレベルを示すのが面倒な人は、テストやチュートリアルを受けてもいいし、公認試験(MOSとか)の番号入力で最初から高レベルスタートも可能にすればいい。

最初の混乱さえ収まれば、後は楽だと思う。
少なくとも、ちょっとそれどうやって作ったんですか、みたいなExcelの「帳票」は撲滅できるだろう。
なんだか実力主義の行きすぎにも思えるけれども、仕事の話でもあるわけで、「レベルに応じた機能解放」はある種の実用性を持っている、と僕は考えている。
切り捨てるのは、学ぶ気は無いが欲求は叶えたい、という考え方の人達だけ。といっても、例えばExcelならば表計算が“本業”なのだから、適切なテンプレートさえ示せば8割以上の非熟練者はそれで満足するし(根拠はありません)、残りは他の、適切なアプリケーションやサービスに誘導すればいい。こういうのはAppleのほうが上手いかもしれないし、Appleユーザーのほうが順応しそうだ。iMacブームの頃にやっていればさらに良かった。

 

四半世紀くらいかければ、オフィススイートに対しても「仕事の道具は、きちんとした使い方をする」意識が定着するのではないだろうか。

というような、低レベルな教育が組み込まれる方向も、今後はあるのかもしれない。「便利機能てんこ盛り」で利便性を増すだけでは、きちんとデザインされた道具とはいえない。そんな事を考えたので、ここにこうしてメモしておく。

 

 

迷惑をかけないExcel

迷惑をかけないExcel

 

 Excelの本でいちばん役に立ったのはMOS教則本。次はこの「迷惑をかけないExcel」という本。
一通りの計算と、簡単な関数ができる、くらいの人なら何かしらの役に立つと思う。誰かに迷惑をかけない工夫は、結局のところ自分の生産性を上げる。人間が作ったものなのだから、操作や作業は標準化されて然るべきなのだ。

 

お題「今日の出来事」

お題「どうしても言いたい!」

アーモンドを服用

 

ドラッグストアで「エビオス錠」の試供品を貰った。
いま体調を崩したくないので(仕事と私生活どちらも忙しい)、おまじないとして飲んでみる。ついでに手元にあるビタミン剤も飲むことにした。カルシウムの錠剤と、なぜかビオフェルミンも。

 

エビオス錠 2000錠【指定医薬部外品】

エビオス錠 2000錠【指定医薬部外品】

 

 

 

かなりの量になる。
漫画「AKIRA」で言うところの鉄雄君がこんな感じだった。暴走族の人達がとても困っていたのを覚えている。

 

AKIRA(1) (KCデラックス ヤングマガジン)

AKIRA(1) (KCデラックス ヤングマガジン)

 

 

 

それはともかく薬を飲む時には個人的なルールがある。小皿か何かに全て出してから飲むルール。
風邪でも何でも、その時に飲むものはぜんぶまとめてから服用する。これは確か、扁桃腺の手術の時に身についた習慣。一時期、多数かつそれなりの量の薬を飲んでいた時期があって、順番にパッケージから出して順番に飲んでいくと、手間もかかるしミスが怖かったのだ。

 

素焼きアーモンド 1kg 無添加 バリュー品

素焼きアーモンド 1kg 無添加 バリュー品

 

 

そして今日は職場で「アーモンド(無塩)」を貰ったのだった。1日に食べると良いとされる数粒を小分けしたもの。これも別の小皿に並べてあった。パソコンでもしながらぽりぽり食べようと考えていた。手も汚れないし身体にも良い。素晴らしい。

で、何を考えていたのだろうか僕は。
アーモンドを3粒くらい口に含んで、水で飲み込んでしまった。

錠剤に比べたら大きい。
たぶん人によっては喉に詰まらせるだろう。僕は幸運だったと思う。喉を通る感覚で、そう思えた。もっと酷いことになってもおかしくない感触がした。

僕は理性あるヒトなので、それ以上のミスはしない。
エビオス錠やビタミン剤はぽりぽり囓らなかったし、残りのアーモンドは噛み砕いて食べた。

 

これで、明日の日記が途絶えたら、僕はアーモンドによる腸閉塞か何かで入院したと考えて欲しい。人生であと何度、こういうつまらないミスを犯すのだろう。いずれそのつまらない理由で、本当に病院や救急車のお世話になってしまいそうで怖い。

ともあれアーモンドを服用した以外は、平穏無事な1日だった。
出張先では美味しいお煎餅をいただいた。思わず美味しいですねと伝えたら、先方の社長が趣味で焼いているとのこと*1。煎餅を焼く、という趣味があるのか。世界は広い。

 

 

お題「これって私だけ?」

お題「今日の出来事」

 

*1:あとは醤油を付けて焼くだけ、という状態の餅を有志で共同購入しているとのこと。世の中には様々なサークルがある。

家事都合につき

私用で3時間ほどの早退をして、その私用を片付けてきた。
たいてい、夕方の3時間は忙しいので、同僚には申し訳なく思う。まあいいや、お互い様である。みんな「家事都合」を遠慮しない世界になればいいと思う。
ちなみに「休日に3時間だけ出社したので、そのぶん3時間を早退」という、なかなか豪快な相殺が行われた(割増分は貰えるとのこと)。そういう規定があったのか把握していないけれど、小さな会社だから役員が決めれば何とでもなってしまう。
勤め先は給料計算を外部委託している。委託先にその旨を伝えればきちんと辻褄を合わせてくれるし、労働法から社内規定までぜんぶクリアしているのかもチェックしてくれる。正直言って、ここまで融通が効くとは思っていなかった*1。便利な時代になったものだ。

 

 

 

1518! イチゴーイチハチ! 5 (ビッグコミックス)

1518! イチゴーイチハチ! 5 (ビッグコミックス)

 

 

 

 

 

週末に前の職場の人達と会う。
一緒に日帰りサイクリングをするくらいに仲が良かった。そのグループの1人が転勤するとのこと。というわけで記念品のレザークラフトを作成している。今からだとキーホルダーくらいしか作れない。

https://www.instagram.com/p/BizBFxVhm2Q/

とりあえずレーザー彫刻機の練習だけはしておく。
その辺にある革ベルトを試しに使ってみたけれど、これきちんとした革だった。テスト用にはもったいない。

さて今からシャワーを浴びる。暑くなってきたのでお風呂からシャワーに切り替わった我が家。職場で話したら驚かれた。「季節や気候風呂orシャワーを切り替えるのですか!」って。家の文化、というやつだと思う。

 

 

お題「今日の出来事」

*1:知識も技術も仕組みも整った専門の会社が、素人の自分がゼロから組み上げている自社の経理・総務部門よりも柔軟性があるのは当然なのだが、でも驚く。

祖母のような何かからの言葉

夢に誰かが登場した。
無条件に優しくて年上で、そして僕を子供のように扱う誰か。目が覚めたら忘れてしまった。おそらくは母方の祖母だろう。ぼんやりした印象だけが残る。祖母と仮定して日記を書く。


祖母はずいぶん前に世を去ったが、僕のほうは、今回の夢の中では今の年齢だった。

そして、どういう話の流れかも忘れてしまったのだけれど、とにかくひとつの忠告めいた言葉だけを残してくれた。

「旅先の朝食は、準備もせずにたくさんの“種類”が出てくることが嬉しい。旅館の朝ごはんも、ホテルのビュッフェもそうだろう。
だけどつい食べ過ぎる。
最初の感動、喜び、何が素敵だったのかを覚えていなさい。朝から満腹になりたかったのか?お腹いっぱいになる予感で嬉しかったのかを、おかわりをする前に思い出しなさい」
この辺りでニュース番組のCGみたいな説明図が登場した。祖母の言葉がプレゼンテーション風に整理されていた。
「満腹になる事も悪くはない。でも、今回は“種類”を楽しむべきだった。
そうでしょう?だって旅はまだ続くし、昼も夜も、その間の休憩でも何かしら食べる。
朝から食べ過ぎたら、昼を十分に楽しめなくなる。それに見合う“量”だったのか?」

 

世界のホテルで朝食を

世界のホテルで朝食を

 

 

こうやって書き出すと、どうにも祖母の言葉とは思えない。
まるで自分の言葉だ。だって仕方がない。脳にあるのは僕の記憶なのだから。

https://www.instagram.com/p/Bit6t2KBKm3/

 

そもそもなんで今のタイミングでこんな夢なのだ。
僕自身は、旅の朝は基本的に控えめ。特に理由が無くとも、安いホテルのビュッフェならば野菜だけで済ませておく事もある。
きちんとした旅館の朝ごはんは別だが。でも、おかずを食べるためにごはんのお代わりまではしない。
ある種の貧乏性で、「旅先ではその土地のものだけを食べる」と決めているので。ペットボトルの緑茶ですら、その制限は免れない*1。ならば朝食の制限など、それほど苦ではない。

夢の話はつまらない。とりとめも無いし、オチも無い。
教訓すら無い。なにしろ頭の中のぼんやりが形を成しただけだから。

 

そういう日記もある。夢もまたその日の出来事。

 

クラフトビール LUCKY CAT 350ml

クラフトビール LUCKY CAT 350ml

 

 

 

*1:探せば見つかるものだ。OEMだろうが、地元スーパーマーケット・チェーンのオリジナル品はどの土地にもある。

静岡ホビーショー2018

昨日も、そして今日も静岡市のツインメッセで開催中の「静岡ホビーショー」へ行った。昨日は友人達を案内しつつ、そして今日は改めて1人で。1人といっても、知り合いがメーカーブースの売り子に駆り出されていて、挨拶と近況報告のための訪問だったので、結果として2日間とも誰かと会っていたわけだ。自分としては珍しいホビーショーへの参加形態(?)だった。

 

静岡百景

静岡百景

 

 

 

ぼんやりとした印象として、今年は年配の女性が多い。
クラフトフェアにいるナチュラル系手芸おばさんみたいな人が目立つ。ちょっと変わった服装の中年以上の人達。そんな印象を今年は抱いたが、考えてみれば「年配の女性」というか、僕と同年代の女性達が僕と同様に高齢化しつつあるだけだった。前からある程度の女性模型愛好家はいたのだ。

田宮模型などは、女性向け・女児向けに模型趣味を浸透させるべく、樹脂で作るスイーツなどの商材を揃えている。プロ作家さんだろうか、専用のテーブルで黙々とマカロンやクッキー(の模型?樹脂や粘土製)を仕上げているのを、小さな子供達が熱心に見ていた。

展示会場の半分は有志の模型サークルが集まって居る。
全国から“腕きき”が集まっていて、和やかに自分達の作品を並べている。ドイツから、あるいはオセアニアから来たという人達もいた。僕は駅と会場の間でブルガリアから来たというカップルに道を聞かれた。なかなかに国際的なイベントなのだ。たぶん「ある狭い世界では有名人」がいるのではないか。普通の老人がめちゃくちゃに握手を求められていて、その理由がさっぱりわからないのだけれど、作品を見るとその実力が素人にもわかる、なんて状況もあった。

会場の残り半分はメーカーブース。
バンダイ田宮模型、青島模型などは広い面積を占めている。ラジコンやドローンの類も面白い。模型というのは様々なマテリアルとデバイスと仕事に絡んでいて、模型を並べるためのキャビネット、各種接着剤、書籍、工具それにデジタル機器のブースがびっしりと詰まっている。正直なところよくわからないものも多いけれど、でも見応えがある。

完全に素人である、とわかっていても工具の体験をさせてくれるし、説明も(素人向けに)丁寧にしてくれる。どうだこれ凄いでしょう、と楽しそう。こういうところは、専門業者だけのの展示会とはちょっと違う、お祭りみたいな雰囲気。
この、紙で作った門や植物、ちょっと欲しい。

プラモデルが中心だからどうしても老人が多くなる。
絵に描いたようなオタクな人もたくさん。前述のクラフトおばさん、ミリタリーマニアもみんな一緒に楽しんでいる。間にちびっ子達がいる。こういう雑多な人達が、大人の本気な趣味を鑑賞する“お祭り”はとても素晴らしい。小学生ならば、うっかり人生が変わってしまうかもしれない。

自衛隊の大きな車両も展示をしていた。
これも毎年恒例。普通のトラックでもなんだかごついのです。

写真のほとんどは昨日のもの。
今日は雨だったせいか、昨日より空いていた。県外から来た人達は、田宮模型バンダイの工場見学ツアーに行くと良いでしょう。会場から無料バスが出ている。
帰り道、例の「さわやか」が冗談みたいに混雑していた。タクシーの列もできていたので、「ホビーショー→さわやか」を考えていた人達が集中したのかもしれない。

 

 

しかし全体に落ち着かない2日間だった。
どうにも仕事の懸案が頭から抜けない。明け方に目が覚めて、ぼんやりと仕事のことを考えていた時は、さすがに怖くなった。入社して半年で慣れない仕事をひとりで切り盛りしているのだから疲れるのはわかるが、それにしても抱え込み過ぎだ。適当なこと、嘘でもいいから何か理由を仕立て上げて、6月には休暇をとって、2日くらいは遠出したいところ。それまでは少し無理をしなければ。