夜のチャイムと公団住宅の老人達。

僕の住むアパートに隣接して、公営の団地がある。
そこそこの面積と棟数が集まる、古びた鉄筋コンクリート製の集合住宅。公園と集会場も備わる、昭和に栄えた感じの団地だ。
階段や通路に手すりと非常呼び出しボタンが増設されているのは、現在はお年寄り専門の団地だからだと推測する。いや、そういう公団住宅の使い方があるのかは知らないが、でも本当に高齢者ばかりで、朝はデイサービスのワンボックスカーがたくさん並ぶ。

勤め人ならば自家用車必須ともいえる土地なのに駐車場の空きが多いのも、住人の多くが高齢者で占められているからだと思う。停めてある車も地味な軽自動車が多い。ごく少数、ヤンキー仕様の自動車が周囲から浮いた感じで停まっている。
建物自体はいかにも低所得者向けの暗さと古さがあるけれど、花壇とゴミ捨て場は徹底的に手入れされている。その風景は、慣れるまではちょっと不思議な感じだった。
まあ、そんなうら寂しい団地が、アパートのフェンスを隔てた隣にあるのだ。

 

滝山コミューン一九七四 (講談社文庫)

滝山コミューン一九七四 (講談社文庫)

 

 

この団地の「管理体制」がとにかく厳しい。
来客用駐車場に停める時は、訪問先の部屋番号と名前、車の持ち主の電話番号を記した紙をダッシュボードに置かねばならない。
なぜ住人でもない自分がそんなことを知っているのかというと、ルール違反があるとその旨を敷地内に放送するからだ。
小中学校のグラウンドにあるような大きなスピーカーで、ルール違反者がやって来るまで数分毎に放送がある。ナンバープレートも読み上げられる。
敷地内に響き渡る、ということはつまり、隣接する我々のアパートにも大音量でその警告が聞こえてくるわけで、正直なところかなりうるさい。スピーカーのいくつかは自分の部屋のベランダ側に向いているので、なかなかの音圧である。

しかもこの警告は、朝でも夜でもおかまいなしだ。
いちばん遅くて、夜の10:30だった。何か非常事態が発生したのかと緊張したので覚えているのだ。
窓を開けたら、呼び出された人達と、管理する側が口論する声が聞こえてきた。自分に関係無いとはいえ、気が滅入る状況である。

 

ここ数日、平日の昼間に自室で過ごしたのだが、やはりこの放送は頻繁にある。今日は「自治会の各棟代表者は指定の時刻に談話室に集合せよ」という呼び出しが3回もあった。たぶん、初回の呼び出しで全員が揃わなかったのだろう。3回目は放送前のチャイムを2回、繰り返していた。

 

(118)どこまでやるか、町内会 (ポプラ新書)
 

 

 

お年寄り中心の団地とはいえ、さすがに近所迷惑が過ぎる。
最近その放送が増えている気がする。だからなのか、先ほど、近隣住民の代表者とアパートの大家さんがやってきた。

  • 全棟放送について、近隣住民から苦情が出ている
  • 特に夜間は緊急放送のみに限定して欲しい
  • 違法駐車に関しては車止めや警察への通報なども検討願いたい*1
  • 日々の連絡についても電話の活用など配慮をお願いする
  • 団地の自治を否定するものではない
  • 団地住人が行う毎日の掃除、花壇の手入れは地域の誇りである
  • 他の公団住宅での運用事例を添付するので参考にして欲しい
  • この書類はコピーを行政にもお渡しする

上記の内容が大きな文字で書かれた「お願い」について、署名を依頼された。そして、この残念な状況は1年前から発生していること、全量でそこそこ元気な老夫婦が団地自治に関わってから続いていること、今まで行政を介さず話し合いで解決しようと試みたが無理だったことを教えてもらった。
この「お願い」についても原文はアパート運営会社が作ってくれたそうだ。「この市の公団住宅は独特なんです」とのこと。

 

これでいきなり団地内の放送が止まるとも思えない。
しかしなにしろ知り合いのいない独り暮らし、今までこの状況を「この土地の当たり前」だと思い込んでいたので、そうではないと知ってほっとしている。きちんと違和感を持つ人達がいたのだ。
古くて大きな公共住宅群、閉鎖的な高齢者集団、夜に響くチャイムの音、そういうものには妙な怖さがある。静かで平和な四国だからこそ、地味なホラー映画(本当に怖いやつ)に似た何かが起こりそうなのだ。

 

 

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド(上)新装版 (新潮文庫)

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド(上)新装版 (新潮文庫)

 
世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド(下)新装版 (新潮文庫)

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド(下)新装版 (新潮文庫)

 

 

 

 

 

 

*1:そもそも近隣に店や公共施設があるわけでもなく、空きだらけの駐車場において、「うっかり」ルールを守らなかった車に対して放送での呼び出しは、過剰な対応だろう。夜中なら車止めでもして朝に対応すればいい。

上咽頭炎と、うどんと体重と。

熱がようやく下がった。
咳はまだまだ続く。
今回は内科で処方されたのは概ねスタンダードな風邪薬だったが、「もしかしたら上咽頭炎かもしれないね」ということだった。
だから咳が続くのも仕方がないし、しばらくは微熱もあるし、頭痛だってそう簡単には止まらない。
風邪になる前日の状況を色々と鑑みるに、ネットで調べた「上咽頭炎になる原因」がぴったり当てはまるのだ。もちろん症状も。

しかしこういう話で自己診断は危険である。
医者が言うように「心配なら、あるいは再発するのなら耳鼻咽喉科に行け」というのが最適かつほぼ唯一の対応だろう。

新しい病気でも無いのだろうが、上咽頭炎について詳しくない耳鼻科の先生も多いと言っていた*1。だから「以前、別の病院で上咽頭炎の診断を受けたのですが…」と相談するのが良いだろう、ともアドバイスをいただいた。

 

【第2類医薬品】「クラシエ」漢方半夏厚朴湯エキス顆粒 24包

【第2類医薬品】「クラシエ」漢方半夏厚朴湯エキス顆粒 24包

 

 

ともあれ咳こそ止まらぬがこれで一応の復活となる。
病に伏せる日々、本当に辛かった。
咳ばかりしているので肋骨が痛い。
4日間寝込み、体重が4.5kg減った。食べやすいものばかり食べていたから炭水化物過多な食生活な筈、でもどういうわけか体重が減ってしまった。今も身体がふわふわと変な感じ。「消耗している」と感じる。

 

瀬戸内国際芸術祭2019 公式ガイドブック

瀬戸内国際芸術祭2019 公式ガイドブック

 

 

そんな状況だが今日は自宅勤務の合間に買い物に行ってきた。
ドラッグストアで「肉体疲労時・病中病後に」と書かれたドリンク剤や風邪用の漢方薬などを買う。それから(家で作るのが面倒で)うどん屋さんで「かすうどん」を食べた。

病み上がりに「かすうどん」は、ちょっと合わない。
葱やワカメを入れても、脂かすの臭みが気になってしまった。

お題「今日の出来事」

*1:病気の診断や治療法にもトレンドがあるのだ。たぶん以前なら“治りにくい風邪”という扱いだったのだろう。

米とティッシュとトイレットペーパー

予告通り本日は休み、風邪の治療に努めた。

 

いつの間にか気温が上がり、室内はむわっと暑い。
薄暗い部屋で寝ているのも気分が滅入る。
鬱々として心身ともに参ってしまいそうなので、咳止めを飲んでからスーパーマーケットに出かけた。米やティッシュペーパー*1そしてトイレットペーパーといった大きな品を買いこみ、気分転換とする。

https://www.instagram.com/p/Bwj2SJQAMdS/

 

帰りにティールームに寄る。
お気に入りの「スリール」でポットに入った紅茶と、柑橘のタルトを楽しんできた。

帰宅してからまた風邪がぶり返してきたものの、それでも外に出て良かったと思っている。
明日はまあ、なんとか仕事には出られるだろう。
仕事を整理して自宅勤務してもいい。
とにかく、ただ部屋で寝込んでいるのは駄目だ。心と身体に良くない。

 

良くない、といえば土曜日に帰宅してから部屋がどんどん散らかっている。漫画にあるだらしない家の描写「脱いだ順に床に服が散らばり、置くべきでないところに本やかばんが積んである」状態である。
これについては明日の朝にがんばる。
咳がまた出てきた。熱は下がった。
今日はもう、薬を飲んで、寝る。

 

 

*1:箱無しを愛用。

風邪なのでお雑煮を。

やはり風邪だった。
午前中の時点で健康状態に見切り(?)をつけて職場に連絡。明日は休むことにした。

想定より酷い状態で、悪夢と頭痛に悩まされながら延々と寝込んでしまった。
加齢のせいだろう、最近は長く眠ることができない。肩こり腰痛のような「身体への無理」で目が覚めてしまう。

ところで今日の悪夢は、埼玉の川越が舞台だった。
大学時代にしか訪れていない街で、特にこれといった思い出も無いのだけれど、どうして川越なのだ。何度も目覚め、寝直しても、また川越。

悪夢といえば、昼に台所で小さな悪夢が発生したのだった。
カット済みのブナシメジ(洗わなくても使えます)を鍋に入れたら、かなりの量の「菌床」が混じっていたのだ。
無駄になったのはキャベツとニンジン、そしてこのブナシメジだけだったが、風邪かつ直近のゴミ収集日が数日後という状況で不意の生ゴミ発生は辛い。独り暮らしでは生ゴミのマネジメントがちょっと面倒なのだ。

 

お雑煮マニアックス (dancyu特別編集 プレジデントムック)

お雑煮マニアックス (dancyu特別編集 プレジデントムック)

 

 

夕食にはお雑煮を作った。
関東風とか実家の流儀とは関係無い、もちろん正月とも関係のない日常食としての雑煮。和風のスープに炭水化物源として餅を使った、手抜き料理だ。
とはいえ、全てを鍋に放り込んで煮込んでしまうと雑煮とはいえない。「ごった煮」にならないように、すっきりと仕上げることを心がけた。

まだ咳が止まらない。そして全然眠くない。
暖かくして映画を1本観たら寝るつもりだ。Amazon便利。

お題「ひとりの時間の過ごし方」

風邪かもしれないので緑豆汁粉を作った。

風邪をひいたかもしれない。

喉はちょっと痛い。
声もたぶん変だ。
なんとなく寒気がするけれど、布団から出た後だからそういうものかもしれない。部屋は十分に暖かいけれど、パジャマは春秋用に換えたばかりなのだ。
頭がぼうっとして微熱がある感じは続いている。でも、体温計を出して測るのも面倒。

元より今日は、外出もせず家で過ごすつもりでいた。
しかもかなり雑に過ごして身体を休める予定だった。

だから、寝込んで昼間を過ごしても、あまり家事や趣味に影響は無い。イベントがある休日における体調不良はとても“もったいない”感じがするけれど、今日は大丈夫。

こういう時、趣味の「読書」は便利だ。
体調のせいかあるいは眠気のせいか、難しい話はいまいち脳に留まらないけれども、布団の中でも読書はできる。レザークラフトなら、こうはいかない。

今日やるつもりで、放置あるいは中止したこと。

  • 椅子(ポエング)のカバー作り
  • 洗濯物たたむ
  • 作り置きお惣菜の用意(1週間分)
  • 牛すじ肉を煮る
  • 車のリコール対応
  • 気になっているパン屋さんに行く
  • 靴を染める
  • 髪を切る

まあ、明日でも来週でもなんとでもなる。

風邪対応、ということでは先ほどお汁粉を作ってみた。
水に浸けたままの緑豆を15分ほど煮て、砂糖を入れてさらに加熱。
甘みはかなり薄くして、生姜を入れてみた。
ココナツミルクの緑豆汁粉も好きだが、このさっぱりした生姜版も良い感じ。

 

 

また再び寝込みます。しかしこれ、風邪なのかなあ。

 

【第2類医薬品】イトーの葛根湯エキス顆粒 21包

【第2類医薬品】イトーの葛根湯エキス顆粒 21包

 

お題「今日のおやつ」

 

 

 

 

 

 

ひとり夜ごはんパーティー

今日のお弁当。

https://www.instagram.com/p/BwbMO_dAEZu/

  • 雑穀と緑豆ごはん
  • ソーセージと酢漬けのキャベツ
  • 鶏ハム
  • 小松菜のお浸し
  • カボチャの塩煮

色味がわるい。味はまあまあ。

一昨日に仕事で強いストレスに晒され、今日はなんとなく不調のまま、でも何とか乗り切った。
仕事帰りにスーパーマーケットに立ち寄り、「自分を甘やかすため」の夕食を買いこむ。つまり、食べたいものを脈絡無く購入した*1。今日はもりもり買って食べちゃうぞ、健康なんてどうでもいい、心の栄養だ!とテンションも高まる。独り暮らし万歳。

しかし、帰宅して並べてみると「こんなに食べたくない」「どうして肉団子と茶碗蒸しとメロン?」「このチーズは明日の朝食に取っておこう」といった所帯じみた発想が生じる。こういう買い物で良くある状況に今日もまた陥ってしまった。

で、賞味期限が近いものだけをもそもそと食べて、お茶を飲んで、今に至る。


猛烈に眠い。でもまだお風呂に入っていない。洗い物も残っている。最後の力を振り絞り、皿洗いと風呂と、それから米の浸水(炊くのは明日)をしよう。明日は休日。身体も心も休める日だ。

 

孤独のグルメ2

孤独のグルメ2

 
孤独のグルメ【新装版】 (SPA!コミックス)

孤独のグルメ【新装版】 (SPA!コミックス)

 

 

 

お題「これって私だけ?」

*1:主に値引き品のお惣菜や出来合いの品。

選挙と疲労と

出勤前に、選挙の期日前投票に行ってきた。
選挙は可能な限り参加することにしている。今回は馴染みのない土地でどんな政治的問題があるのか全然把握できていないのだけれど、それでも考えて票を入れる。
それはともかく、今夜も候補者の名前を連呼する車がうるさい。
名前を叫び、「温かいご支援」と「清き一票」を連呼するだけの候補者に投票はしない。あれは一般市民をなめたやり方だと思う。車の上からでも、いちばん訴えたいことをきちんと伝えることはできると思うし、それが無理なら車で走りながら選挙活動なんてするべきではない。今どき投票所に行くのは、政治に興味がある人間と、地縁血縁を珍重する年寄りだけだ。
前者を馬鹿にする連中に票を入れるわけにはいかない。

ところで、高松市選挙カーの声がことさら大きい気がする。道ですれ違うとびっくりするくらい大音量なのだ。変なの。

 

ところで今、ずいぶんと疲れている。
今日は仕事で激しいストレスに晒された。
というわけで、今からもう寝る体制に入る。頭を使わない本を読みながら寝てしまおうと思う。こういう日に夜更かしをするのは心身ともに良くないのだ。

 

全然関係無いが今日のお弁当はこんな感じ。

https://www.instagram.com/p/BwZYL0ngLT1/

きつねごはん、新生姜甘酢漬、鶏ハム、アスパラガス、インカのめざめ(蒸しただけ)、小松菜のお浸し。

 

 

瀬戸内国際芸術祭2019 公式ガイドブック

瀬戸内国際芸術祭2019 公式ガイドブック