ぐだっと無印

半日だけお仕事。
なにしろ小さな会社だから、少しパソコンが使えるというだけで社内LANやプリンタの設定まで担うことになる。「低レベル小規模システム責任者」みたいな資格と手当が欲しいところ。
でも休日だから電話もかかってこないし、オフィスには人も少ないし*1こういう時でないとネットワークの設定なんて進まない。
想定よりも捗らなかった(進捗7割程度)けれども、まあ有意義な休日出勤と言えるのではないか。

 しかしサーバー(といってもNAS)も設定が簡単になったものだ。しかも安い。えっこれでいいの、と思ってしまう部分がたくさんある。自宅用にも買おうかしらん。

 

午後はまず「まぜめん」なるものを食べた。
これは友人から教えてもらったお店「池めん」の名物(?)。名古屋の台湾ラーメンからスープを無くたようなこってりした食べ物。名前の通り、混ぜてから食べる。

美味しいのだけれど、味が濃くて脂も強くて、それだけを食べ続けるとやや飽きる。友人のアドバイスに従い葱をオプションで加えても、まだ味が強い。
これをおかずにご飯が食べられそうだな、と考えつつ周囲を見ると、みんなごはんをお茶碗に用意していた。
お店の片隅に、ご飯と漬物(辛子高菜漬け、紅生姜、たくあん、キムチ)そしてスープのセルフコーナーがあり、ビュッフェ形式で自由に食べることができる。そしてカウンター上の「食べ方*2」にも、ごはんを最後に投入せよ、とある。

とはいえ僕はもう麺だけでお腹いっぱいで、ごはんまで食べる余力がお腹に無かった。麺は太く、量もたっぷりあった。

全然関係無いのだけれど、この店ではその「台湾まぜめん」に卵黄を写真の如く載せるわけだが、それでは卵白はどこで使われているのかと考えると夜も眠れなくなってしまう(比喩)。食券機形式ということで席に座るとメニューが無いので、気になっても推測に限りがある。シフォンケーキでも売ればいいのに。 

 

お腹はいっぱいだけれど、おやつはきちんと食べる。鍛錬により別腹を備えることは甘党紳士の基本である。
今日は焼津市の「あおば」で蓬入りの鯛焼きを購入した。ヨモギが入ると色合いがなんだか変な感じだけれど、香りはとびきり良い。同じ餡なのに、ちょっと高級な感じがするのはなぜだろう。

 

ポケットに静岡百景

ポケットに静岡百景

 

 

 

夜には無印良品へ行った。
というか、前職での同僚が買い物のアドバイスを求めて連絡をしてきたので、一緒に家電や収納を選んだのだった。
さきほどそれらの設置まで済ませて帰宅した。

連休の初日。なんだか疲れていて、全体にぐだっと無計画に過ごしている。書店には行った。というか、昼に街の本屋に行き、夜には無印良品の入っているショッピングモールの書店に行った。そしてどちらでも本を買った。
無印良品では自分の買い物もしたので、ちょっとした散財となってしまった。しかしうん、サーキュレーター(卓上)は必需品なので無駄遣いではない。今はセール中で1割引、それに展示品で少し安くしてくれた。

 

よつばと!(14) (電撃コミックス)

よつばと!(14) (電撃コミックス)

 

 

では寝ます。
昼寝をしたせいでいくらでも夜更かしできそうだが、でも寝る。
睡眠こそが明日からの活力に繋がる。休日は特に大事。
長く生きていると、それくらいの事はわかってくる。それほどゴールデンではないものの、いちおう連休なのだから精一杯活用したい。

お題「ひとりの時間の過ごし方」

お題「今日の出来事」

 

*1:他社のオフィスに間借り中で、その他社は通常営業。休みをとる人も多いが、何人かは出勤していた。

*2:この種の、揃いの黒Tシャツと頭にタオル系のラーメン屋さんは、どう食べるかの殴り書き筆文字による説明が必ず貼られている。筆文字ではない場合は、いかにも素人がパソコンで作りました、って感じの紙となる。内容としては「にんにくを心ゆくまで追加するべし!」みたいなものが多い。幸い、この店はそこまで“酔って”いない。