ディスクの不正な取り出しです

理由がわからないが、今朝からパソコン(Mac Book)のトラブルが多発している。
先月から使い始めた外付けのSSDが、勝手に接続を切っているようだ。
「ディスクの不正な取り出しです」と通知され、一瞬だけファイル操作ができなくなる。しかし、すぐに再接続される。Finderのウインドウが閉じるようなこともない。

このSSDは、とりあえずUSBハブの適当に空いていたポートに差してある。
特に外部から電力供給などはしていないハブだから、電力が足りないのかもしれない。

となると、USB周りの配線を整理し直すことが解決策として挙げられる。
しかし、MacBookの2つのポートからモニターやSSDやキーボードなど、様々なデバイスが繋がっていて、基本はデスクに固定してある。これを動かすというのは、なかなかに面倒なのだった。

というわけで、週末までは、「ディスクの不正な取り出し」は無視することに決めた。
大昔のWindowsとは違い、最近のファイルシステムならば、いきなり接続が切れても大きな問題にはならない(らしい)。
このSSDは仕事用データのバックアップ用だから、週末まで無視してもかまわないはずだ。

 

 

ところでこれは今日の昼に食べた排骨麺。
知人の手助けをしたら、バーミヤンの商品券(?)をいただいたのだ。ちょうど排骨麺とドリンクバーの支払いにぴったりの額面だったので、今日の昼に使ってみた。

排骨麺は、一時期とてもはまっていた。
台湾旅行中にも食べたし、近所でもメニューにあれば必ず注文していた。いつの間にか興味が薄れ、ここ5年くらいは食べた記憶がない。

 

バーミヤンのそれは、肉の下味が甘く、スパイスは程々で、台湾のそれとは違うようだ。でも、とてもおいしい。
そして驚いたのがラーメンの部分。ファミレスのラーメンなんて久しぶりに食べる気がするが、これがきちんとおいしかった。このラーメンだけで有名店になれそうな味で、大手の底力を見た気がする。
でも、こういうものは場所も重要なのだ。僕はなぜか「うおっ凄い」と驚いたけれど、一般的には「普通に食べやすい醤油ラーメンだね」くらいにしか思わないはずだ。僕だって、普段ならばそう感じていただろう。ファミレスというのは、そういう場所である。

 

でも、なぜ気付いたのかは*1わからないけれど、とにかくこれは良い醤油ラーメンだと断言できる。上に乗っている肉(排骨)の印象よりも、ラーメン部分のほうが印象に残っている。

 

 

そんな月曜日。
なにしろ雨がひどくて、久しぶりに靴が濡れてしまった。
念の為、レインブーツを車に用意しておいて助かった。靴下の準備を忘れたので、帰宅前には裸足にレインブーツを履くことになったのは痛恨の極みではあったが。

 

お題「わたしの仕事場」

 

*1:あるいは錯覚したのかは

t_ka:diaryは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。